暮らし・生活

犬に関するご案内

公開日:2017年01月31日

印刷する

犬を飼い始める前に

最後まで責任をもって!

 動物の習性・生理・生態等を理解し、最後まで愛情をもって飼いましょう。 
  
 犬の寿命は概ね10~15年程度です。毎日の食事や運動などの世話を続けることができるか、年をとっても飼えるか等、犬を飼える環境を維持できるか考えましょう。

犬の飼い主の方へ

犬の登録は生涯1回、狂犬病予防注射は毎年1回行うことが義務付けられています。 
登録されていない犬を新たに飼い始めた場合は(子犬は生後91日になったら)、30日以内に登録しなければなりません。 

狂犬病予防注射は動物病院で行うか、毎年春に実施している集合注射会場で受けてください。 
 鑑札と注射済票は必ず首輪等に付けてください。
手数料
犬の登録手数料3,000円
注射済票交付手数料550円
犬の鑑札再交付手数料1,600円
注射済票再交付手数料340円

狂犬病予防注射

犬の飼い主には、飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること、犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着することが法律により義務付けられています。

集合注射

毎年4月に市内の各会場で集合注射を行っています。 
犬の登録がお済みの方には、3月末頃案内ハガキを送付しています。
ハガキを持参の上、お近くの集合注射会場で予防注射を受けてください。 

※登録をしていない犬も会場で登録と予防注射ができますが、集合注射の会場は混雑しますので事前に環境緑水課窓口で登録を済ませていただくことをお勧めします。 
 ※集合注射の日程は広報「はんのう」(毎年3月1日号の予定)でもご案内します。

動物病院

動物病院でも狂犬病予防注射を受けることができます。 
その場合、獣医師が発行する狂犬病予防注射済証(紙の証明書)と交付手数料(550円)を環境緑水課にお持ちの上、狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。 

 また集合注射の案内ハガキがございましたらお持ちください。スムーズにお手続きいただけます。

体調不良等により狂犬病予防注射が受けられないときは

集合注射は1年に1回、春だけ実施しています。体調が安定したら、早めにかかりつけの動物病院で個別接種を受けてください。
 また、体調不良による注射の見合わせは、獣医師の判断によります。必ず獣医師に相談してください。  

犬を飼っていて市外から転入された方へ

環境緑水課に前所在地の鑑札を持参の上、手続きをしてください。前所在地の鑑札と飯能市の鑑札を無料で交換いたします。 

鑑札を紛失した場合には、集合注射の通知など旧住所地で登録していたことがわかるものがあれば持参してください。この場合は再交付手数料(1,600円)がかかります。 

 飯能市から市外へ転出された場合は、転出先の市町村窓口でお手続きください。飯能市への届出は必要ありません。

ペットが亡くなったとき

飼い犬が亡くなった場合には届出が必要です。環境緑水課窓口または電子申請にてお手続きください。 埼玉県では動物用火葬炉を併設している公営火葬場があります。下記ページ内をご覧ください。

様式


犬の登録等申請書(ファイル名:8299.doc サイズ:19.14KB)
犬の死亡届(ファイル名:8344.docx サイズ:14.54KB)

この記事に関するお問い合わせ 産業環境部 環境緑水課
電話番号:042-973-2125 ファクス番号:042-971-2393

お問い合わせ