暮らし・生活

飯能市の土地区画整理事業

公開日:2017年01月19日

印刷する
昭和初期から前田、樽ヶ谷戸の耕地整理事業(組合施行)が進められ、現在の市街地を形成する基盤となりました。その後、市街地の整備として、昭和31年に久下土地区画整理事業(組合施行)に着手して以来、中山地区(市施行)、双柳地区(市施行)など370.4ヘクタールの面的整備を進め、完了しています。  
  飯能市が現在施行している土地区画整理事業は、笠縫地区、双柳南部地区、岩沢北部地区及び岩沢南部地区の計4地区179.4ヘクタールです。  なお、岩沢両地区は事業の長期化を解消するため見直しを行い区域を縮小しました。(事業計画変更の告示 平成21年7月3日)

現在飯能市が施行中の土地区画整理事業一覧

各土地区画整理事業一覧
事業地区名面積(ヘクタール) 施行主体
笠縫(かさぬい)地区 ※176.6飯能市
双柳南部(なみやなぎなんぶ)地区 ※248.5飯能市
岩沢北部(いわさわほくぶ)地区 ※317.8飯能市
岩沢南部(いわさわなんぶ)地区 ※436.5飯能市
各事業地区を以下のリンクをクリックすると事業概要等をご覧いただけます。

各土地区画整理事業位置図

各土地区画整理事業位置図

この記事に関するお問い合わせ 建設部 区画整理課
電話番号:042-973-8682 ファクス番号:042-972-1242

お問い合わせ