事業者

放流先がない場合の合併処理浄化槽の設置について

公開日:2018年04月01日

印刷する

高度処理型合併処理浄化槽の放流水をトレンチで地下浸透できます!

現況において、合併処理浄化槽は放流先が確保されていない場合、設置が認められて おりませんが、「飯能市高度処理型合併処理浄化槽放流水地下浸透関係技術基準  ※図面」に基づき事前協議を行い、要件を満たせば高度処理型合併処理浄化槽を 設置することができます。  

【合併処理浄化槽の設置において放流先がない場合のフロー】
1.水路等の放流先がない 
2.地下浸透方式の検討
 ※図面 に基づき環境緑水課で事前協議を行います。
   事前協議関係書類を環境緑水課へ提出。


   提出の前にこちらのチェックリストをご覧いただき、内容に不備がないか確認してください。
3.地下浸透装置(浸透トレンチ)の設置  → 不可 → 貯留方式        
       ↓ 可
4.環境緑水課から「高度処理型合併処理浄化槽放流水地下浸透事前協議確認書」を交付。

5.転換:「高度処理型合併処理浄化槽放流水地下浸透事前協議確認書」を添付し、
     浄化槽設置届出書を環境緑水課へ提出する。
   新築:「高度処理型合併処理浄化槽放流水地下浸透事前協議確認書」を添付し、
     建築確認申請を行う。

地下浸透装置設置補助金について

地下浸透装置(浸透トレンチ)の設置補助金が要件を満たせば交付されます!

この記事に関するお問い合わせ 産業環境部 環境緑水課
電話番号:042-973-2125 ファクス番号:042-971-2393

お問い合わせ