健康・福祉・医療

在宅医療・介護連携

公開日:2017年02月10日

印刷する

在宅医療・介護の連携

 飯能市内における75歳以上人口の増加に伴い、医療・介護ニーズを併せ持つ慢性疾患や認知症等の高齢者の増加が見込まれています。

 飯能市では、今後も高齢者が可能な限り住み慣れた地域で暮らし続けることができる地域を構築するため、飯能地区医師会をはじめとする四師会や関係機関・団体との連携を強化しながら、在宅医療・介護連携を推進していきます。

多職種連携座談会「飯能・日高地区ワールドカフェ」

在宅医療・介護に携わる専門職が、多職種による意見交換や合同勉強会を通して顔の見える関係となり、市民と行政とともに飯能・日高地区における課題を考え、住み慣れた地域で生活していくための情報提供や資源開発などを目的として活動しています。

実施事業の紹介

1.市民フォーラムの実施
平成28年度市民フォーラムチラシ(ファイル名:4140.pdf サイズ:470.77KB)平成27年度市民フォーラムチラシ(ファイル名:4139.pdf サイズ:652.67KB)
平成27年度市民フォーラムの様子

平成27年度に開催した市民フォーラムの様子

2.合同研修会・勉強会(ワールドカフェ)

・平成28年度…内容検討中

・平成27年度…平成28年3月2日実施(内容:症例検討 講師:飯能地区薬剤師会 池田里江子氏(薬剤師))


平成27年度に開催したワールドカフェの様子

平成27年度開催のワールドカフェ

3.地域住民への普及啓発

高齢者等が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けるとともに、医療・介護の関係者等における情報の共有を支援するため、飯能・日高地区緩和ケアパス(緩和ケアノート)を作成しました。

「わたしと家族の希望する療養生活」~地域連携・緩和ケアノート~(ファイル名:4143.pdf サイズ:975.61KB)

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 介護福祉課
電話番号:042-973-2118 ファクス番号:042-986-5073

お問い合わせ

在宅医療・介護連携