暮らし・生活

地籍調査について

公開日:2017年01月24日

印刷する

地籍調査って何?

 人に関する記録として「戸籍」があるように、土地に関する記録を「地籍」といいます。  
地籍調査とは、国土調査法に基づいて行われる大切な調査で正確な測量によって皆さんの土地一つ一つの位置や形、地目、面積などを明確にするものです。  
  現在の公図や登記簿は、明治初期に作られたものを基にしており、当時の測量技術の低さや長い年月の経過などにより現況の土地とその記載事項が合わなくなっている土地が多く見受けられます。  
  このような不完全な資料では皆さんの大切な土地を守ることができないばかりか紛争の原因にもなってしまいます。  
  そこで、最新の測量技術による地籍調査を行い、正確な地図を作る必要があります。  
  飯能市では、国・県の補助金を受け平成3年度より地籍調査を実施しています。
  尚、調査時には個々に地主の方に立会っていただきますが費用の負担はありません。境界を示す永久杭の設置をお願いします。(境界をはっきりさせる事はご自分の財産を守ることです。)

地籍調査の効果と利活用

地籍調査には次のような効果があり、その成果の利活用ができます。 
・土地の権利関係が明らかになります。 
・現地に沿った地図と資料ができます。 
・公租公課等の負担が公平になります。 
・災害時の復旧作業が迅速にできます。 
・各種公共事業の効率化が図れます。

地籍調査事業が実施済みの区域について

土地改良事業地・土地区画整理事業地及び予定地は調査を除外しています。 
•H3 下川崎 
•H4 川崎・芦苅場 
•H5 平松・双柳 
•H6 小久保・双柳 
•H7 下加治・中居 
•H8 宮沢 
H9 阿須・笠縫 
•H10 阿須・落合 
•H11 落合第一 
•H12 落合第二
•H13 岩渕第一 
•H14 岩渕第二 
•H15 岩渕第三 
•H16 岩渕第四
•H17 前ケ貫第一・矢颪 
•H19 前ケ貫第二(1)(団地内の一部) 
•H20 前ケ貫第二(2)(3)(団地内の一部)
•H21 双柳第一 
•H22 双柳第二 
•H23 未実施(震災のため)
•H24 双柳第三 
•H25 双柳第四 
•H26 双柳第五   調査完了区域(H3 下川崎地区 ~ H25 双柳第四地区)の結果は市で管理しています。  皆さんのご要望に応じて、成果の証明を有料(1枚200円)で提供しています。

地籍調査予定地域

•H29 双柳第八 
•H30 双柳第九 
•H31 双柳第十
地積2

この記事に関するお問い合わせ 建設部 道路公園課 管理担当
電話番号:042-986-5082 ファクス番号:042-974-0051

お問い合わせ