施設

【第二区地区】29年度の事業報告<ご参加くださり、ありがとうございました>

公開日:2018年04月04日

印刷する

3月

第1回 第二区みんなの写真展

☆3月13日(火)~28日(水)開催 参加者28名☆
<第二区公民館主催>


毎年、雛飾り展終了後は当センターの玄関ロビーはガランとして寂しい雰囲気になるので、賑わいを演出したいという思いから新規事業として写真展を開催しました。
テーマは自由とし、日々の生活の一コマ、四季折々の風景、旅先の思い出の写真など、14名の方が応募くださり、21点の写真を展示しました。展示した写真は、どれも温もりが感じられ、見る人を楽しませてくれたり、癒してくれたりするもので、当センターでサークル活動をしている方など、多くの方に見ていただくことができました。


第1回 第二区みんなの写真展

春休み子ども映画会(小学生向け)

☆3月28日(水)開催 参加者28名☆
<第二区公民館主催>


3本の映画の上映と、リサイクル工作「牛乳パックでキュービックパズルを作ろう!」を作りました。

1本目の映画は「ディズニー アリとキリギリス」
子ども達になじみのある話で、とても楽しそうに見ていました。
2本目は「眠れる夜の小さなお話」
「ネコクンと星クンのお話」と「空とぶお布団のお話」という、夜空の星が大好きなネコクンと星クンの話。優しい声のナレーターと心温まる話です。
3本目は「忍たま乱太郎パートⅡ」
「風林火山の段」「ジュンコとジュンイチの段」の2本です。
子ども達に人気の乱太郎だけあって、とても楽しそうに大きな笑い声が聞こえました。

映画のあとは子ども達が大好きな工作をしました。
牛乳パックを同じ幅に3本に切り、それを組み合わせてキュービックパズルを作りました。
それぞれ好きな絵を描き、作り終わったあとは一生懸命キューブをまわし、絵が合ったときはとても嬉しそうな顔をしていました。

春休み子ども映画会(小学生向け)

三館交流進事業『名栗街道3きょうだい』⑥ ~春の竹寺 五感で学ぶ写経と精進料理~

☆3月24日(土)開催、参加者11名☆
<第二区公民館、原市場公民館、名栗公民館>


当日は天気に恵まれ、竹寺の清々しい空気の中、参加者は写経に取り組みました。
始めは集中して一文字一文字経を書いていると、いつの間にか心が穏やかになっていて、
気持ちよく写経をすることが出来たという感想を聞くことができました。
早く描き終えた方は、外に出て敷地内を散策し、竹寺の春を楽しんでいました。
その後、皆さんの書いた力作の写経は、お寺へ奉経させていただき、お昼は精進料理を
いただきました。竹寺の静謐な空間で住職の講話を聞きながら、一品ずつ有難い意味を噛みしめていただく精進料理はとても優しい味がして、身体に沁み渡っていくようでした。
事業終了後は、皆さんとても良い笑顔で帰宅されていきました。

三館交流進事業『名栗街道3きょうだい』⑥ ~春の竹寺 五感で学ぶ写経と精進料理~

家庭教育学級「スマホを使ったトラブルから子どもたちを守るために~うちの子は大丈夫だと思っていませんか?」

☆3月24日(土)開催 参加者9名☆
<西飯能地区青少年健全育成の会・飯能中央公民館・第二区公民館共催>


埼玉県警察サイバー犯罪対策課職員を講師にお招きし、スマホの利用による危険性とその対策を紹介いただきました。何のために必要なのか、どのように使うのか、また緊急連絡、所在確認、防犯、学習のための調べ物等の利用目的を、子供と話し合って決めておくことが危険回避に有効とのことでした。また、子供自身にスマホや携帯電話を持つ必要性と責任を自覚させるため、インターネットの特徴や有害情報の危険性、個人情報を守る必要性などを説明し、本人に危機意識を持たせることも大切とのことでした。
 最初は携帯電話の利用を保護者が見守り、インターネットを利用する際のマナーと安全に利用するための知識を身に付けられるようにしてあげることが重要との説明に、参加者らも大きく頷いていました。

家庭教育学級「スマホを使ったトラブルから子どもたちを守るために~うちの子は大丈夫だと思って

春休み子ども映画会(幼児向け)

☆3月22日(木)開催 参加者54名☆

<第二区公民館主催>


幼児向けの映画会を開催しました。
2冊の大型絵本の読み聞かせと映画を3本上映しました。
大型絵本1冊目は「たまごねえちゃん」。前回読んだ「たまごにいちゃん」の続編。殻から出たくないたまごねえちゃんが殻から出た理由は??

2冊目は「だいこんにんじんごぼう」お風呂が大好きなだいこんは真っ白。熱いお風呂が好きなにんじんは真っ赤。ごぼうはどうして真っ黒??絵本大好きな子ども達はとても集中して見てくれました。
映画1本目は「アンパンマンとまじょのくに」魔法をかけられ小さくなったアンパンマンが同じ魔法をかけられたトラと協力して魔女を退治するお話。2本目は「まけるなチッチ」好き嫌いの多く体力のない渡り鳥のチッチがなんでも、バランスよく食べ運動し早寝早起きをして無事に南の島に渡るお話でした。
毎回、映画会を楽しみにしてくれる子ども達。今回も「たのしかったよ。」「また来るね。」と笑顔で話してました。

春休み子ども映画会(幼児向け)

飯能第二小学校児童華道体験教室(3年生)

☆2月21日・3月7日(水)開催 参加者延べ人数19名☆
<飯能第二小学校・第二区公民館共催>


飯能第二小学校の3年生児童が総合的な学習の時間を使い、第二区地区行政センターで華道を体験しました。今年度で3年目となる事業で、講師は当センターで活動されている華道クラブの皆さんが担当しています。
初めての華道に最初は戸惑っている様子の児童でしたが、華道クラブの皆さんから優しくご指導いただき、各人の個性が光る作品に仕上がりました。
講師が見本に生けた作品はセンターの玄関に飾らせていただき、来館される方々にも楽しんでいただいています。

飯能第二小学校児童華道体験教室(3年生)

健康づくり推進事業・スゴ足イベント「第9回陽だまり・ふれあいウオーク 東光寺七観音と無量寺弁才天を巡る(昼食付)」

☆3月3日(土)開催、参加者109名
<第二地区体育協会主催>


 晴天の空の下、第9回陽だまりふれあいウオークが開催されました。
今回は、久須美・小瀬戸・小岩井と中藤方面へ、お寺や仏像お雛様、里山の風景を訪ねながら歩きました。
当日は春の陽気で場所によっては梅の花が咲き、暖かい日差しの中、参加者のみなさんはとても気持ちよさそうに歩いていました。昼食は、とん汁・おむすび・おしるこ・きなこもち・ゆで卵をふるまい、参加者のみなさんが、口いっぱいに頬張っておいしそうに食べる姿がとても印象的でした。

第9回陽だまり・ふれあいウオーク 東光寺七観音と無量寺弁才天を巡る(昼食付)

2月

【高齢者交通安全・防犯講座】身の回りの危険を学ぶ

☆2月14日水曜日開催 参加者19名☆
〈飯能市生活安全課・第二区公民館共催〉


市の交通安全指導員と埼玉県警察防犯指導班「ひまわり」をお招きし、高齢者を対象に交通安全・防犯講座を開催しました。
交通安全講座では舞台セットが用意され、衣装に着替えて寸劇を披露いただきました。高齢の夫婦が夫の運転する車に乗って出かけた際に、ブレーキとアクセルを踏み間違えて、危うく事故を起こしかけるという内容で、能力と体力の衰えを自覚し、場合によっては免許の返納も視野に入れてはどうかというメッセージ性のあるものでした。
防犯講座も同様に、キャッシュカード詐欺の寸劇をご披露いただきました。昨今、巧妙化している詐欺の手口を知って、騙されないように注意を喚起するものでした。
本日の講座が、大切な命とお金を守るための一助になれば幸いです。

【高齢者交通安全・防犯講座】身の回りの危険を学ぶ

1月

【人権教育講座】 人権を楽しく学ぼう ~参加体験型人権学習~

☆1月17日 水曜日開催 参加者16名☆
〈第二区公民館主催〉


昨年度に引き続き、講師に飯能市立富士見小学校の平野校長先生をお招きし、人権セミナーを開催しました。
男女混合のグループを3班つくり、参加者には何に関する人権かを伏せたままセミナーが始まりました。先ずは講師のルールに従い、トランプゲームの「大貧民」を行い、慣れてきたところで本番に入りました。「ゲームは無言で行う。パスなどの行為はジェスチャーで伝える。」という共通の約束の下、講師は参加者には内緒で、班毎に異なるルールを記載した紙を配布し、読み終えたら回収し、ゲームが始まりました。
1回目は、班のルールに従い、無言でジェスチャーを交えながら終了しました。次に、各班で1番になった人が別の班に移動し、2回目のゲームが開始されると、移動した人は、ルールが異なることを知らないため、出したカードがジェスチャーで拒絶されたり、ルールに反する人に間違いというジェスチャーをしても受け入れてもらえなかったりと、困惑している様子が伺えました。3回目も班を移動した人は同じように困惑した様子でした。
ゲーム終了後、班を移動した人からは「除け者にされた気分であった。」「いじめられた。」「寂しかった。」などの意見が出ました。ずっと同じ班にいた人からは「許容することが大事」という意見が出ました。今回のセミナーは言葉や習慣を異にする外国人が置かれている立場を理解していただくことが目的でした。自分たちと異なる人たちを排除するのではなく、許容する気持ちを持つことが大切であることを学ぶ良い機会になりました。

【人権教育講座】 人権を楽しく学ぼう ~参加体験型人権学習~

12月

冬休み子ども映画会(小学生向け)

☆12月27日水曜日開催 参加者35名☆
〈第二区公民館主催〉


冬休み子ども映画会を開催しました。
映画は「きまりのないくに」「忍たま乱太郎(映画)」の2本です。
1本目の「きまりのないくに」は、きまりなんてどうでもいいと、周りに迷惑ばかりかけていた女の子が、不思議な「きまりのないくに」で、ひとりぼっちの寂しさやいろいろな体験をし、きまりを守ることの大切さに気付くという話でした。低学年の子にも分かりやすく子ども達もとても真剣に見ていました。
2本目の「忍たま乱太郎」は45分の長編ですが、ハラハラする場面や大笑いする場面が沢山あり、どの子も飽きることなくとても楽しそうに集中して見ていました。
映画のあとは、第二区公民館プレゼンツの「ムッシュ西村のマジックショー」を開催しました。
トランプやサイコロ、コインを使った手品を子ども達は楽しそうに見ていました。

冬休み子ども映画会(小学生向け)

冬休み子どもランド【書き初めの巻】

☆12月27日水曜日開催 参加者13名☆
〈第二区公民館主催〉


埼玉県家庭教育アドバイザーの山川安代氏に指導を依頼し、今年度で5回目となる小学生を対象とした書き初め教室を開催しました。参加者13名の内6名が今年から書き初めの宿題が出た3年生でしたが、講師に教わりながら一生懸命書いていました。途中、ゲーム休憩をはさみながら、全員が宿題の書き初め2枚と公民館に展示する書き初め1枚を書きあげました。昼食は講師のご厚意で地元の野菜を使い、前日ついたお餅と鶏ガラでだしを取ったお雑煮が振る舞われました。児童は自分で食べるお餅は自分で焼き、網の上でプーと膨れると嬉しそうにお椀に入れました。お雑煮のあまりの美味しさに、ほとんどの児童がおかわりをしていました。
児童の書き初めは当センターに展示されますので、どうぞご覧ください。

冬休み子どもランド【書き初めの巻】

【高齢者学級】いつまでも健康で自分らしく暮らしていくために~今からできる健康づくり、目指そう生涯現役を!~

第4回 健康セミナー ~体内年齢を知って、健康寿命を伸ばそう!~

☆12月15日水曜日開催 参加者18名☆
〈健康づくり支援課・第二区公民館 共催〉


第二区公民館では「今からできる健康づくり」をテーマに全4回で高齢者学級を開催しています。
最終回に当たる今回は市健康づくり支援課と共催し、体組成を測定し、参加者に自身の体内年齢を知ってもらいました。年齢相応な人や年齢よりも相当若い人など、結果は人それぞれでしたが、いつまでも体内年齢を若く保つ秘訣を、講義と実技で学びました。
講師の川村保健師から体組成結果の説明と健康長寿サポーターについて講義をいただき、講義終了後は簡単な確認テストを実施し、全員が合格しました。
実技では小島健康運動指導士から椅子に座ったままでできる体操をご指導いただきました。運動はストレッチ、筋トレ、有酸素運動をまんべんなく行うことが効果的とのことでした。

健康セミナー ~体内年齢を知って、健康寿命を伸ばそう!~

冬休み子ども映画会(幼児向け)

☆12月8日金曜日開催 参加者51名☆
〈第二区公民館主催〉


幼児向けの映画会を開催しました。
2冊の本の読み聞かせと映画を3本上映しました。
子供たちは絵本が大好きで毎回楽しみにしてくれています。1冊目は「おかしなかくれんぼ」おなかのすいたクマさんには隠れているお友達が食べ物に見えてきます。みんなでかくれている動物を探しながら読んでいきました。
2冊目は「たまごにいちゃん」たまごの殻から出たくないひよこのおにいちゃん。とうとうそのたまごにヒビが・・かわいい内容に2冊とも集中して見てくれていました。
映画1本目は「ミッキーのたのしい冬」。寒~い冬にもたのしい遊びがたくさんあるよと教えてくれるお話、二本目は「すもうおばけ」日本の昔話でお坊さんと殿様に化けたおばけと相撲で勝負します。三本目は「おじゃる丸」ちっちゃいものクラブの仲間たちと小さいからこそできるお手伝いをするお話。最後は職員によるお楽しみ手品。トランプやお金を使った手品に子ども達も興味深々。タネを知っている子もいて盛りだくさんの楽しい映画会になりました。

冬休み子ども映画会(幼児向け)

健康づくり推進事業「ちょっとそこまでふるさと見聞~心休まる翡翠色の湖面 名栗湖を歩く~」

☆12月6日(水)開催 参加者30名☆
<第二区歩こう会・第二区地区行政センター・公民館共催>


当日は曇1つない青空となり、歩くには丁度良い暖かさで、ダム堤体では名栗湖や下流の景色を眺めて楽しみました。カヌー工房の下ではカヌーに乗ってワカサギ釣りをしている人たちがいて、山や湖の景色の中で楽しむ姿は一枚の絵ハガキを見ているようでした。またシーズンは過ぎたものの、場所によっては紅葉も見られ、また獺橋の手前では参加者の一人が湖中を泳ぐ白蛇を見つけ、盛り上がる場面もありました。大ヨケの滝では水量は少ないものの、白糸のような滝の流れに参加者はしばし見入っていました。しばらく進むと左手に龍神淵が現れました。この淵は昔、越生の龍穏寺に住む龍が高山の不動様に尾を切られ、有間川奥のこの大淵に住み着き恵みの雨を降らせる龍神となったという伝説が残ります。この後昼食をとりましたが、山の奥は陰るのが早く寒くなってきたため予定より早く下山し帰路につきました。今回のウオーキングは全体的にのんびりと景色を楽しむことができました。

ちょっとそこまでふるさと見聞~心休まる翡翠色の湖面 名栗湖を歩く

11月

親子ふれあい塾『自由の森学園体験ツアー』

☆11月23日(木)開催 参加者31名☆
<二小地区青少年育成会・第二区公民館共催>


当日は朝から雨だったため、体育館玄関前の屋根の下にてやきいもを作りました。
午前中は染色体験と太鼓・火おこし体験に分かれ、体験教室を実施しました。染色体験では先生の説明の後、作品の模様をどのようにするかを決め、染料を染まらせない箇所は糸できつく縛り、染料に浸けた後に水で濯ぎました。その後、糸を切って広げると綺麗な円や線が現れ、参加者からは「おー」という声とともに笑顔となり、とても喜んでいました。
太鼓体験では先生が太鼓の説明と構え、打ち方の実演を行い、その後一緒にリズム良く太鼓を叩くと「ドン!」というお腹に響く音が響きました。それがとても面白かったらしく、その後も手を休めずに楽しみながら太鼓を叩いていました。次に火おこし体験が始まり、こちらも先生から道具の使い方を教わり、実際に先生が実演すると煙が出てきて、子ども達からは「おー!」という声が聞こえ、さらに火が付くと、興味深く火のついた大鋸屑を眺めていました。実際に子ども達が道具を使うと上手く使えず悪戦苦闘し、火おこしの難しさを感じていたようです。
お昼はやきいもとすいーとんを美味しく食べ、最後に宝探しを行い、当たった景品を嬉しそうに持って帰りました。

親子ふれあい塾『自由の森学園体験ツアー』

第二地区文化祭 第24回芸能まつり

☆11月18日(土)開催 参加者60人、見学者16人☆
〈第二区公民館主催〉


日頃から公民館で活動されている利用者団体5組(奥陽会翠会、健康体操クラブ、健康歌声クラブ、ホラ・吹き矢サークル、との山気功太極拳クラブ)とSK愛好会の6団体に出演いただきました。
大正琴のアコースティックな音色、元気はつらつ健康体操、みんなが一つになって歌う合唱、見事に的を射抜く吹き矢、中国武術の太極拳、美声が響くカラオケなど、どの団体も趣向を凝らした立派な舞台発表となり、拍手喝采でした。

第二地区文化祭 第24回芸能まつり

第43回 第二地区文化祭(展示部門)

☆11月11日(土)・12日(日)開催 参加者延べ211人、出品点数393点、見学者延べ215人☆
〈第二区公民館主催〉


11月11日(土)に作品展、お茶会、復興支援の野菜バザー、12日(日)に作品展、健康コーナーを開催しました。作品展では日頃から公民館で活動されているサークルの皆様の力作が所狭しと並びました。お茶会では、公民館で活動されている茶道部の皆様のお点前を披露いただきました。復興支援の野菜バザーでは、地域の皆様から野菜を提供いただき、その収益金20,850円は日本赤十字社を通して東日本大震災及び熊本地震義援金とさせていただきます。健康コーナーでは保健師が健康相談や体組成・血圧測定を行いました。
10日(金)の前日準備、12日(日)の片づけにご協力くださり、大変ありがとうございました。お陰様で今年も盛大に開催することができました。

第43回 第二地区文化祭(展示部門)

【高齢者学級】いつまでも健康で自分らしく暮らしていくために~今からできる健康づくり、目指そう生涯現役を!~

第3回 ゆったりヨガ ~肩こり・腰痛・転倒予防 体力アップに効果大!!~

☆11月8日水曜日開催 参加者19名☆
〈第二区公民館 主催〉


第二区公民館では「今からできる健康づくり」をテーマに全4回で高齢者学級を開催しています。
3回目の今回は、講師にヨガインストラクターの櫻木亜沙美氏をお招きし、腰痛、肩こり、転倒予防などに効果が期待される、ゆったりとした動きと呼吸法を中心としたヨガを学びました。参加者のほとんどがヨガ初体験でしたが、講師の指導の下、無理なく楽しく実践することができました。
ヨガ終了後は、飯能市地域包括支援センターいなり町職員による「交通安全~ご長寿クイズ」を行いました。高齢者が関わる事故の要因や注意すべき点などをクイズを交えて楽しく学びました。

高齢者学級第3回 ゆったりヨガ

10月

三館交流進事業 『名栗街道3きょうだい』⑤ 墨田区まち歩き~すみだの職人技を体験しよう~

 ☆10月30日(月)開催、参加者13名☆
<第二区公民館、原市場公民館、名栗公民館共催>


当日は天気に恵まれ、スカイツリーも青空に映えて良く見えました。
午前中はガイドツアーで向島方面を歩きました。このガイドツアーではイヤホンを全員配布し、少し離れてもガイドさんの声が良く聞ける配慮がなされ、三囲神社、牛島神社等で分かりやすい説明を聞くことが出来ました。午後はアトリエ創藝館にて江戸文字体験教室が開かれ、提灯に好きな一文字を書き、余白にスカイツリーや桜、星や雲などを入れて仕上げました。中には一文字以外の部分を赤く塗ったものも見受けられ、皆さんそれぞれ良い作品が出来上がり、公民館の文化祭に出品したいとの声が聞かれました。
最後に終了証として名前の入った木札をいただき、出来上がった提灯と一緒に大事に持って帰りました。

『名栗街道3きょうだい』⑤ 墨田区まち歩き~すみだの職人技を体験しよう~

【高齢者学級】いつまでも健康で自分らしくくらしていくために~今からできる健康づくり、目指そう生涯現役を!~

第2回 笑いヨガ~笑いは生きる「力」の笑薬~

☆10月11日水曜日開催 参加者30名☆
〈第二区公民館 主催〉


第二区公民館では「今からできる健康づくり」をテーマに全4回で高齢者学級を開催しています。
2回目の今回は、講師に“飯能笑いヨガ”代表の真野浩芳氏をお招きし、笑いヨガを学びました。笑いには身体的効果として血液循環の促進や免疫効果、心理的効果としてストレス解消やリラクゼーションが期待されています。
最初のうちは少し恥ずかしそうに笑っていた参加者も、だんだんと講師の巧みな話術に引き込まれ、自然に大声でゲラゲラ笑っていました。作り笑いでも本物の笑いと同じ効果が得られるという笑いヨガ。日常生活で笑う機会が少ない人は、笑いヨガを取り入れてみてはいかがでしょうか。
笑いヨガの後は、飯能市地域包括支援センターいなり町職員の指導で、「ごきげん体操」を行いました。ごきんじょどうしでげんきよく、ごきげんな毎日を送ろう!という意味を込めて考案した「飯能市ごきげん体操」。ストレッチと筋トレを組み合わせた、立って行う体操が中心となっており、参加者は熱心に取り組んでいました。

【高齢者学級】第2回笑いヨガ~笑いは生きる「力」の笑薬~

健康づくり推進事業【行ってみようあの場所へⅢ~都会の水郷水元公園と柴又周辺を歩きます~】

☆10月4日(水)開催 参加者20名☆
<第二区歩こう会・第二区地区行政センター・公民館共催>


当日は曇り空でしたが、歩くには丁度よく、江戸川を眺めながらのんびりと河川敷を歩きました。水元公園で準備運動を行い、園内の池にいた釣り人に参加者が「何が釣れますか」などと楽しげに話す場面もありました。
香取神社でお参りした後、南蔵院しばられ地蔵を見ました。ここのお地蔵様は縄でお地蔵様を縛って祈願するという面白い風習があり、幾重にも縄で縛られた姿は、なんだか可哀そうでした。
柴又では自由行動となり、皆それぞれ柴又帝釈天の見学や昼食をとって楽しみました。
今回はアップダウンもなく歩くことが出来、参加者からは「景色を楽しみながら歩くことが出来た」という声が聞かれました。

行ってみようあの場所へⅢ~都会の水郷水元公園と柴又周辺を歩きます~

9月

【高齢者学級】いつまでも健康で自分らしくくらしていくために~今からできる健康づくり、目指そう生涯現役を!~

第1回ちょっと待って!その薬正しく飲めていますか?~安全に効果が得られる薬の飲み方~

☆9月21日木曜日開催 参加者33名☆
〈第二区公民館 主催〉


第二区公民館では「今からできる健康づくり」をテーマに全4回で高齢者学級を開催します。
1回目の今回は講師にふれあい薬局管理者の池田里江子薬剤師をお招きし、薬の正しい飲み方について学びました。薬の副作用や相互作用、薬の飲み合わせやジェネリック医薬品などについてお話いただきました。
病気やけがを治すための薬が、間違った飲み方により、効果が弱くなったり、逆に症状を悪化させる危険があったりすることを理解いただきました。
座学の後は、重りを使った「むーまワクワク体操」を実践し、皆さん真剣に取り組んでいました。

【高齢者学級】第一回 ちょっと待って!その薬正しく飲めていますか?

小瀬戸地区防災訓練 

☆9月17日 日曜日開催 参加者101名☆

<小瀬戸自主防災会・第二区地区行政センター・第二区公民館共催>


小瀬戸地区の住民を対象に避難訓練、災害時要援護者の安否確認、避難者名簿作成訓練、避難誘導訓練、防災講話などを盛り込んだ防災訓練を実施しました。
台風の影響で小雨が降る中、班毎に本部を設置した当センターに集合し、班長が避難者数を報告しました。総勢101人の方に参加いただきました。
その後、危機管理室職員及び郷土館職員による防災講話「土砂災害の現状と日頃の備え」を開催しました。講話の中では小瀬戸地区の過去の災害についても触れ、過去の災害を知ることで今後の災害に備えることが大切であることが分かりました。
災害は、いつ起きてもおかしくないという事を常に意識し、日頃から様々なイメージを膨らませ、いざという時に備えましょう!

小瀬戸地区防災訓練

【防災講座】炊き出し訓練 ~ポリ袋1枚で温かいご飯ができる~

☆9月13日 水曜日開催 参加者41名☆

<飯能市赤十字奉仕団・第二区地区行政センター・第二区公民館共催>


大きな災害の発生により、多数の被災者に食事を提供する必要が生じた場合に備え、飯能市赤十字奉仕団団員33名、一般参加者8名で炊き出し訓練を実施しました。
今回は、ポリ袋を使って、ご飯、カレー、ポテトサラダを作りました。耐熱性の半透明のポリ袋に食材を入れ、空気を抜いてポリ袋の口を輪ゴムで縛り、水を沸騰させたお鍋にいれて所定の時間ゆでるだけで作れるというものです。
出来上がった非常食はポリ袋に入れたまま器に移し、器を汚さないように上手に開いて食べることで、食器を洗う必要がありません。
災害発生時に備え、定期的に訓練を行うことはとても大切だと思います。

【防災講座】炊き出し訓練 ~ポリ袋1枚で温かいご飯ができる~

地域ふれあい講座 

☆ 9月6日水曜日開催 参加者66名☆

〈第二区保育所・第二区公民館共催〉


第二区保育所から、園児が地域の方と交流する機会を作っていただきたいとの申し出を受けて始まった事業で、今年度で3回目の実施となりました。第二区公民館で活動されている健康歌声クラブさんにご協力をいただき、歌やリトミックなどを通して園児達と交流していただきました。
今回は歌だけでなく、おやつタイムを取り入れ、大人も子どもも笑顔あふれる楽しいひと時を過ごしました。

地域ふれあい講座

8月

夏休み子ども映画会(小学生向け)

☆8月23日(水)開催 参加者28名☆
<第二区公民館主催>

2本の映画の上映と、ちょこっと工作「キラキラ光る紙のステンドグラス」を作りました。


1本目の映画は「小さなバイキングビッケ~大きな木馬のおくりもの~」
中に敵がいっぱい潜んでいる大きな木馬を敵から贈られたビッケ達が、知恵を出し合い敵を生け捕りにするが、最後は敵を許し、仲間に誘う優しさのある話で、子ども達はとても楽しんで見ていました。
2本目は「ミミちゃんのてとてとて」
ウサギのミミちゃんが、病気になったお父さんに鶴を折ってプレゼントし喜んでもらおうと、お母さんとよく来るショッピングセンターでポケットの中にこっそり折り紙を入れてしまう・・・
という話ですが、かわいい絵と歌に合わせた指遊びなどで、やってはいけないことを分かりやすく描いているので、低学年の子ども達も集中して映画を見ていました。

映画のあとは子ども達が大好きなちょこっと工作をしました。
丸く切った紙を折りたたみ、好きな形に切り込みを入れ、色とりどりの紙を貼り個性豊かなステンドグラスができました。
完成した子は、太陽の光を受けてキラキラ光って見えるステンドグラスを窓にあてて、嬉しそうにしていました。

夏休みこども映画会(小学生向け)

夏休み子ども工作教室

☆8月2日(水)・3日(木)開催 参加者14名☆
<第二区公民館主催>


夏休み恒例の子ども工作教室に、今年も大勢の子ども達が参加してくれました。

今年は「道具箱」と「あそべるハウス」の2作品の中から好きな方を選んで作りました。
教室が始まると、皆、真剣に工作に取りかかり、材料をのこぎりで切ってパーツを作り、パーツを釘で打ち付け、形を仕上げました。
2日目は色塗りや飾り付けがメインでしたが、力作揃いの作品が出来上がりました。最後は自分の作品を持って先生と写真に納まりました。
帰りは皆、自分の作品に満足した様子で、笑顔で大事に持ち帰りました。

夏休み子ども工作教室1日目
夏休み子ども工作教室2日目

7月

夏休み子どもランド【宿題の巻】

☆7月31日(月)開催 参加者10名☆
<第二区公民館主催>


夏休み子どもランドでは、宿題のポスターを描きました。
今年は中学生も1人参加し、賑やかで楽しい教室となりました。
自由の森学園高等学校の生徒2人が講師を務め、子ども達の絵を見ながら適切なアドバイスをしていました。影の付け方や色の混ぜ方、こうするともっと良くなるなど講師と子ども達のやり取りが、とても楽しそうでした。
おかげで、皆、満足のいく上手な絵に仕上がりました。
ポスター描きが終わった後は、皆でアイスを食べながらお話をし、和気あいあいの中、教室は終了しました。

夏休み子どもランド【宿題の巻】

盆踊り練習会

☆7月13日(木)・26日(水)開催 参加者延べ23名☆
<第二地区体育協会・第二区地区行政センター・第二区公民館共催>


今年も恒例の地区盆踊り大会が8月5日(土)に開催されます。盆踊りをより楽しむために小瀬戸在住で“みんようの会”所属の石井英子氏を講師に招き、練習会を開催しました。
地域縁の「飯能音頭」と「飯能殿山音頭」。定番の「炭鉱節」と「東京音頭」。東北にエールを送る「相馬盆唄」の5曲を練習しました。講師が見本となって参加者の前で踊り、参加者は講師を真似て踊りました。盆踊りに馴染みのある参加者が多かったせいか数回の練習で習得され、曲がかかると皆さん楽しそうに踊っていました。
また、踊りの習得だけでなく、各演目の成り立ちや背景などについても学びました。
盆踊り大会では、練習の成果を披露いただけると幸いです。

盆踊り練習会

夏休み子ども映画会(幼児向け)

☆7月19日(水)開催 参加者52名☆
<第二区公民館主催>


幼児向けの映画会を開催しました。
3本の映画と、映画会初の試みの、布に絵を貼って話を展開させていく「パネルシアター」をしました。
1本目の映画の「ドナルドダックの朝ごはん」は、ドナルドダックにいたずらするチップとデールのドタバタな話で、子ども達は大きな笑い声をあげて楽しんでいました。
2本目の「10ぴきのかえる」は、少し長めで20分の話でしたが、歌あり冒険ありで飽きることなく集中して見ていました。
3本目は「忍たま乱太郎」を上映しました。さすが子ども達に大人気な映画だけあり、とても楽しそうに見ていました。

パネルシアターは「オレさまはカジノモト」という、象の一家が夕飯の支度中に、火の不始末から火事になり、「火を消すためには?」「煙を吸わないためには?」と火事になった時の対処法を交えた話です。
楽しみながら、話の内容もちゃんと理解していたようで、最後にクイズを3問出すとすべて大正解!でした。

夏休み子ども映画会(幼児向け)

育成会サマーキャンプ

☆7月16日(日)~17日(祝)開催 参加者30名☆
<二小地区青少年育成会・第二区公民館共催>


当日は天気も良く、浦山ダムを見学し、遠くの景色を見たり、ダムの下を覗いたりしましたが、ダムの下の景色に子ども達は足が竦んでいました。
堤体内にはエレベーターがあり、通路内は涼しく、放流の水圧を目で見られる仕掛けもあり、タイミング良くピストンが持ち上がる様子が見られました。
大滝げんきプラザでは、入所式、カレー作りでは薪への火付けから飯盒炊飯を行いました。上手に炊けた班や焦がしてしまった班もありましたが、出来上がったカレーを皆、美味しそうに食べていました。
夜はキャンプファイヤー、翌日はうどん作りに挑戦し、二日間、育成会の役員さんが色々と面倒を見てくれたおかげで、とても楽しく充実したサマーキャンプとなりました。

育成会サマーキャンプ

わくわく工場見学「明治なるほどファクトリー坂戸」へ行ってみよう!

☆7月14日(金)開催 参加者数22名☆
<第二区公民館主催>


飯能第二小学校の開校記念日に合わせて実施し、参加者22名の内、6組14名の親子に参加いただくことができました。

「明治なるほどファクトリー坂戸」は、1979年に開設され、10万平方メートル、東京ドーム2個分の広さで、約1,000人が働いており、(株)明治は2016年10月に菓子事業開始から創業100周年を迎えました。
工場見学の前に、展示パネルや工場紹介のDVD鑑賞後、最初にチョコレートの製造ラインを見学。ミルクチョコレート、ツインクルなどが作られているチョコレートラインは甘い香りいっぱいで、成型から包装の工程が見学できました。途中、チョコレートの歴史や原料のカカオについても学び、カカオの香りを嗅ぐこともできました。

次に、カールおじさんが住んでいる「おらが村」をイメージしたカールの製造ラインではチーズ味のカールが作られており、生地が機会の穴から次々と押し出され、1秒で25個のくるんとしたカールの形になる様子に一同釘づけ。その後、乾燥させ、味付し、袋詰めされたカールが次々とコンベアを流れていく様子に見入っていると、施設の方がコンベアを流れている、できたてほやほやのカールをその場で開けてくれて、ふわふわで温かいカールが試食できました。

見学通路にはボタンが設置してあり、そのボタンを押すと、できたて詰めたてのカール1袋がコンベアからストンと落ちてきて、一同、お土産のカールにニッコリ。実際の製造工程を見ながら、“安全・安心のモノ作り”を学ぶことができました。

わくわく工場見学「明示なるほどファクトリー坂戸」

健康づくり推進事業【行ってみようあの場所へⅡ~さきたま古墳と古代蓮の里を歩く~】

☆7月12日(火)開催 参加者30名☆
<第二区歩こう会・第二区地区行政センター・公民館共催>


日差しが強く暑い日となりましたが、参加された皆さんは元気に古墳を登り、青々とした稲穂が光る田んぼのコースを回り、景色を楽しんでいました。
県内に三基のみとなる、成就院三重塔を見学し、お参りも兼ねて休憩。
古代蓮の里では、見頃を迎えた蓮の花や、うっすらと姿を現してきた田んぼアートの「イナダヒメノミコトとスサノオノミコト」を見ました。
また、さきたま古墳では博物館を見学したり、移築古民家に入ってみたりと皆それぞれ楽しんでいました。猛暑でしたが、皆さんとても元気でした。

行ってみようあの場所へⅡ~さきたま古墳と古代蓮の里を歩く~

【七夕キャンドルナイト】

☆7月7日(金)開催 参加者350名☆
<西飯能地区青少年健全育成の会主催>
<飯能中央公民館・第二区公民館共催>


飯能第一小学校校庭で西飯能地区青少年健全育成の会主催、飯能中央公民館・第二区公民館共催で、七夕キャンドルナイトを開催しました。
当日は午後から準備を行い、願い事が書かれた沢山の短冊を笹に結んで飾り付け、校庭に笹飾りを4本立てました。
また市内の高校生が校庭にキャンドルが入ったグラスやカラーカップを並べ、夕方からは参加者も様々な模様に並べていました。
次第に辺りが暗くなり、キャンドルが灯されると星や天の川、メッセージなどが現れ、参加者は幻想的な光景に見入っていました。また、子ども達にはかき氷が振舞われ、元気に口にかき込んでいました。
最後に、一小の伊藤校長先生のご厚意で3階の教室から校庭のキャンドルを見させていただき、参加者からは感嘆の声があがっていました。


七夕キャンドルナイト

6月

【鳥獣被害対策講座】鳥獣に嫌われる勇気 ~鳥獣被害対策とまちづくり~ 

☆6月23日(金)開催 参加者24名☆
<第二区自主防犯会・第二区地区行政センター・第二区公民館共催>


第二区地区内でも野生動物による農作物の被害が増加しており、市の鳥獣被害の実態や対策方法について学ぶため、第二区自主防犯会と共催し、鳥獣被害対策講座を開催しました。講師に市農林課職員を招き、市の農業被害の現状や被害対策の方法などについてお話いただきました。対策の効果を高めるためには、①野生鳥獣を寄せ付けない環境整備②被害を防ぐ防除③個体数を減少させる捕獲の3つの取組みをバランスよく、地域ぐるみで取り組むことが重要とのことでした。

【鳥獣被害対策講座】鳥獣に嫌われる勇気 ~鳥獣被害対策とまちづくり~

飯能第二小学校児童茶道体験教室(5年生)

☆6月16日・6月23日(金)開催 参加者延べ人数15名☆
<飯能第二小学校・第二区公民館共催>


飯能第二小学校の5年生と6年生は、総合的な学習の時間を使って茶道を学習します。当センターで活動している茶道部の皆さんが講師となり、日本の伝統文化と作法をご指導いただきます。
5年生は、ほとんどの児童が初めての茶道体験でした。まずは、講師に習って茶室への入り方を学び、飾られている掛け軸、花、花器などについて学習したり、学校から公民館に来るまでの間に摘んだ山野草をご指導いただきながら花瓶に活けたりしました。
次に3班に分かれて、お茶をたてる人、お茶やお菓子を運ぶ人、いただく人の役を順番に習いました。長時間の正座に足がしびれて辛そうでしたが、手作りの和菓子や抹茶をいただく時は、みんな笑顔でした。
この教室を通じて、児童が地域や公民館を身近に感じていただけたら嬉しいです。

飯能第二小学校児童茶道体験教室(5年生)

飯能第二小学校児童茶道体験教室(6年生)

☆6月2日・6月9日(金)開催 参加者延べ人数26名☆
<飯能第二小学校・第二区公民館共催>


飯能第二小学校の5年生と6年生は、総合的な学習の時間を使って茶道を学習します。当センターで活動している茶道部の皆さんが講師となって指導され、全5回の学習を通じて、日本の伝統文化と作法を学びます。
今回は6年生の茶道体験教室でした。6年生は5年生の時に学習していますが、作法を忘れてしまった児童も多かったため、茶室への入り方や飾られている掛け軸、花、花器などについて再度、学習しました。
次に3班に分かれて、お茶をたてる人、お茶やお菓子を運ぶ人、いただく人の役を順番に習いました。長時間の正座に足がしびれて辛そうでしたが、抹茶と一緒に季節のお菓子をいただく時は、みんな笑顔でした。
この教室を通じて、児童が地域や公民館を身近に感じていただけたら嬉しいです。

飯能第二小学校児童茶道体験教室(6年生)

飯能第二小学校児童華道体験教室(4年生)

☆5月17日・6月7日(水)開催 参加者延べ人数20名☆
<飯能第二小学校・第二区公民館共催>


飯能第二小学校の3年生と4年生は、総合的な学習の時間を使って華道を学習します。当センターで活動している華道クラブの皆さんが講師となって指導され、全4回の学習を通じて、日本の伝統文化と作法を学びます。
今回は4年生の華道体験教室でした。4年生は3年生の時に学習しているので、鋏などの使い方も上手です。講師の指示に従い、お手本を参考に華道クラブの皆さんのサポートを受けながら思い思いに工夫を凝らし生けていました。作品完成後は担任が写真に収め、花は紙に包んで持ち帰ります。花器や机の片づけ、和室のそうじなども児童が行います。この教室を通じて、児童が地域や公民館を身近に感じていただけたら嬉しいです。

飯能第二小学校児童華道体験教室(4年生)

5月

正しい知識と少しのコツを身に付けて軽快にウオーキングしよう ~ウオーキング道場~

☆4月19日・5月10日(水)開催 参加者延べ人数31名☆
<健康づくり支援課・第二区行政センター・第二区公民館共催>


ウオーキングの初心者や初級者などを対象として、ウオーキングの基礎知識の習得を目指し2回に渡り、ウオーキング道場を開催しました。健康づくり支援課専門指導員からウオーキングと散歩の違いやウオーキングがもたらす効果、ウオーキングのポイントなどについて説明を受け、各自がきつすぎず・ゆるすぎない心拍数の目安を確認しました。次にウオーミングアップやウオーキングのポイントを押さえた歩き方を習った後、外に出て歩きました。1回目は、10分間ウオーキング(約1000m)と1000歩ウオーキングを行い、2回目は5000歩ウオーキングを行いました。きつすぎず、ゆるすぎない歩き方を習得するため、ウオーキング後には心拍数を図り、目安の心拍数になっているかを各自が確認しました。
ウオーキングは靴さえあれば手軽にできるスポーツです。今回の講座で身に付けた知識とコツを生かして軽快にウオーキングを続けていたただけると嬉しいです。

ウオーキング道場1日目
ウオーキング道場2日目

4月

健康づくり推進事業【行ってみようあの場所へⅠ~新緑の浅間嶺(せんげんれい)を歩く(東京都槍原村)~】

☆4月25日(火)開催 参加者31名☆

<第二区歩こう会・第二区地区行政センター・公民館共催>


東京都檜原村の浅間嶺へ行ってきました。
天気予報は曇り晴マ-クでしたが、当日は朝から良い天気で無事開催することができました。
コース途中には苔むした岩や倒木があり、まるで物語に出てくるような景色の中を登っているようでした。

浅間嶺では雄大な富士山、大岳山、御前山を望むことができ、新緑の清々しい空気の中、爽やかな気持ちで歩くことができました。ウグイスのさえずりとともに皆さんの明るく楽しい笑い声が森に響いていました。

行ってみようあの場所へⅠ~新緑の浅間嶺を歩く(東京都槍原村)~

この記事に関するお問い合わせ 第二区地区行政センター・公民館
電話番号:042-972-6784 ファクス番号:042-972-9802

お問い合わせ