健康・福祉・医療

おいしく野菜を食べるまち 飯能!

公開日:2016年12月27日

印刷する

野菜を3倍食べて、延ばそう健康寿命! ~野菜摂取量1日380gを目指そう!~

 市では、市民の皆さんの野菜の摂取量を増やすため、関係機関や団体との連携・協働により「野菜プロジェクト」を総合的に推進し、「野菜摂取量日本一のまち」を目指しています。

 皆さんも野菜をたくさん食べて、健康寿命を延ばしましょう!
yasai
新鮮野菜

野菜の摂取量の目安

 国では、1日に必要な野菜の摂取量を350gと定めています。
 片手1杯に載る量が100g程度であり、1日あたり小鉢5~6皿分を摂取すれば350g相当となります。

市民の野菜摂取量

 市民の皆さんの野菜摂取量の平均は、一人あたり182gです(平成23年9月実施「健康づくり市民アンケート調査」より)。
 また、1日に必要とする野菜摂取量350gに満たない市民の方の割合は82.3%にのぼります。この方たちが現在よりも野菜を3倍摂取することで、一人あたり平均380gとなり、野菜摂取量日本一のまちとなります!

野菜プロジェクト

 市民の皆さんの野菜摂取量の増加を図り、野菜摂取量日本一のまちを目指すため、「野菜プロジェクト」を推進し、健康な地域環境づくりを進めます。

自産自消の推進、耕作放棄地の活用

市民の皆さんに野菜に親しんでいただくため、農業先生や農業指導者の指導のもと、耕作放棄地等を有効活用するなど家庭菜園での野菜づくりを推進します。
aonasyuukaku
自産自消を体験しよう「青菜の収穫」

野菜3倍レストランの普及

野菜をたっぷり使用したメニューを設定しているレストラン・飲食店等を募集、登録します。また、登録したレストラン・飲食店等を周知するため、フラッグ等を設置し、レストランマップを作成します。

野菜3倍レストランが決定しました! ※追加募集を行っています。詳しくは産業振興課(電話986-5083)まで。

飯能野菜ドレッシングづくり

飯能市食生活改善推進員協議会との協働により開発した「飯能ピーナッツみそドレッシング」の普及を進めます。

「飯能ピーナッツみそドレッシング」の詳細はこちら

20130701_122447
飯能市食生活改善推進員によるドレッシング開発の様子

地域野菜グルメづくり

地域で栽培された野菜を生かした創作メニューを募集し、地域の代表メニューを選定するための地域野菜グルメコンテストが開催されました。

各地区の代表グルメをご紹介します。

飯能中央地区野菜グルメづくりコンテスト
飯能中央地区(ファイル名:246.pdf サイズ:353.72KB
第二地区地域野菜グルメコンテスト
第二地区(ファイル名:247.pdf サイズ:322.65KB)
精明地区野菜グルメコンテスト
精明地区(ファイル名:248.pdf サイズ:299.2KB)
双柳地区地域グルメコンテスト

双柳地区(ファイル名:249.pdf サイズ:274.58KB)
加治地区地域グルメコンテスト

加治地区(ファイル名:250.pdf サイズ:347.18KB)
南高麗地区地域グルメコンテスト
南高麗地区(ファイル名:251.pdf サイズ:192.22KB)
吾野地区地域グルメコンテスト
吾野地区(ファイル名:252.pdf サイズ:480.4KB)
東吾野地区地域グルメコンテスト
東吾野地区(ファイル名:253.pdf サイズ:371.51KB)
原市場地区地域グルメコンテスト
原市場地区(ファイル名:256.pdf サイズ:300.06KB)
名栗地区地域グルメコンテスト

名栗地区(ファイル名:257.pdf サイズ:175.59KB)

身近な野菜作り(プランター栽培)

各地区行政センター等で行っている野菜のプランター栽培を紹介しています。
手軽で安全な野菜作りに皆さんもチャレンジして、収穫の楽しさを味わってみて下さい。


(平成28年度は終了しました)

野菜キャンペーンの開催

野菜たっぷり「飯能はんじょう鍋」
野菜たっぷり「冷やしはんじょう鍋」
yasaimu-ma
飯能市けんこう大使 夢馬(むーま)

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)
電話番号:042-974-3488 ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ