暮らし・生活

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度について

公開日:2018年01月15日

印刷する

 森林法では、無秩序な森林の伐採・開発による荒廃や災害を防ぎ、森林の有する多面的機能を発揮させるための適正な森林施業を確保する観点から、森林の立木を伐採するときには、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出することが義務付けられています。

 また、平成28年5月の森林法改正により、伐採後の造林が完了したときには「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要になりました。


伐採届出制度概要(ファイル名:6715.pdf サイズ:244.71KB)

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度(林野庁HP)

伐採前に必要な手続き

伐採及び伐採後の造林の届出(伐採前の届出)について

対象森林:埼玉地域森林計画対象森林(保安林を除く)

 対象・対象外森林の確認は、農林課にお問合せください。

届出対象者:森林所有者や立木を買い受けた方など

 伐採実施者と造林実施者が異なる場合は、連名で提出してください。

届出時期:伐採を開始する90日から30日前まで

届出先:飯能市長


※無届伐採等の違反行為があった場合、伐採の中止や造林を命じることがあります。


※保安林の立木を伐採する場合や1haを超える森林の開発(林地開発)を行う場合は、

 埼玉県(川越農林振興センター林業部)にお問合せください。

 

 保安林制度(埼玉県HP)

 林地開発許可制度(埼玉県HP)


 川越農林振興センター林業部

 〒357-0021 飯能市大字双柳353

 TEL:042-973-5620

   FAX:042-974-1980


【伐採及び伐採後の造林の届出様式】

届出様式(ファイル名:6800.docx サイズ:23.5KB)
届出書記入例(ファイル名:6718.pdf サイズ:268.37KB)

伐採後に必要な手続き

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告(伐採後の報告)について

対象森林:平成29年4月1日以降に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出した伐採箇所のうち、

 主伐(皆伐・択伐)で伐採した箇所

報告対象者:森林所有者などの造林実施者

報告時期:造林を完了した日から30日以内

報告先:飯能市長


【伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書様式】

報告様式(ファイル名:6716.doc サイズ:33.5KB)
報告書記入例(ファイル名:6717.pdf サイズ:229.01KB)

この記事に関するお問い合わせ 産業環境部 森林づくり推進課
電話番号:042-978-5061 ファクス番号:042-974-6737

お問い合わせ