暮らし・生活

自転車の安全利用をお願いします

公開日:2017年08月21日

印刷する

自転車の安全利用をお願いします

 自転車は、便利で環境にもやさしい乗り物です。しかし、交通ルールやマナーを無視した乱暴な運転をしていると、重大な交通事故につながることもあります。

 信号無視、スピードの出し過ぎ、車道の右側通行、車の間のすり抜け、歩道走行時の危険走行、乗車中の携帯電話使用、傘差し運転などといった危険な走行はやめましょう。

 重大な交通事故の加害者として相手に大きな障害を負わせたり、命を奪うなど悲惨な事故につながります。また、刑罰だけでなく、高額な損害賠償を請求された事例もあり、被害者のみならず、加害者本人やその周囲の方にも大きな影響を及ぼします。

 自転車は車両です。車両の運転者としての責任を自覚し、交通ルールをしっかり守って、安全に利用しましょう。

《自転車安全利用五則》

次の五則を守り、大人は子どもの良い手本になりましょう。


1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は軽車両です。


2 車道は左側を通行

車道の左端を通りましょう。右後方から来る車にも注意。


3 歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行

歩道を通るときは、歩行者の通行を妨げないようにしましょう。


4 安全ルールを守る

飲酒運転、2人乗り、並進は禁止です。夜間はライトを点灯しましょう。

交差点での信号遵守と一時停止、安全確認をしましょう。


5 子供はヘルメットの着用

安全確保のため、保護者の皆さんは、積極的にヘルメットを着用させましょう。


※自転車乗用中の事故の被害を軽減するために子どもから高齢者まで自転車用ヘルメットを着用しましょう。ヘルメットは、頭のサイズに合ったものを選び、あごひもをしっかりしめて正しく着用しましょう。


埼玉県警察ホームページもあわせてご覧ください。


この記事に関するお問い合わせ 市民生活部 生活安全課
電話番号:042-973-2126 ファクス番号:042-972-8455

お問い合わせ