賑わい・観光交流・スポーツ

飯能ふるさとアスリートの記録

公開日:2017年08月29日

印刷する

平成28年度飯能ふるさとアスリートの記録

かけっこ教室

日時 平成28年10月22日(土) 午前10時~12時
会場 富士見小学校校庭
講師 寺田 克也(テラダシュかけっこ教室代表)
司会進行 宇野けんたろう      
参加者 26人(1年生8人、2年生7人、3年生3人、4年生5人、5年生2人、6年生1人)
スタッフ よしもと現場担当1名 市職員3名


[当日の状況]
 当日は、曇りの肌寒い日であった。講師控室は、子育て支援課の相談室を借りて、飲み物を用意した。

 校庭の中央部を使って、始めに足を使ったジャンケンで、買った方と負けた方別々に、目標物まで走って帰ってくるゲームをして、ウオーミングアップをし体を温めた。体に串を刺すたとえで、走るときに、体の中心にまっすぐな軸を意識することが大切と説明した。また、走るための体はのけぞらない、又反対に前かがみにならないことなどを、意識して短い距離を走る練習をした。次に、早く走るためには、腕をしっかり振ること、ひざを上げて、前に踏み出すことが大切であることを説明し、それを意識した走りを練習した。


[感想]

 無駄なく速く走るための、走り方の基本を学ぶ内容であったと思う。低学年が多かったこともあり、十分理解できていない子もいたようにおもう。見守る親の中には、ビデオで記録を取っている人もいた。基本的な内容であるが、身につけるには、繰り返し練習することが必要と思った。小学校の先生などを対象に、走り方教室を行うことは、走る技術の向上という意味では効果があるかもしれない。しかし、子どもが直に習った体験の価値は、貴重であるとも感じた。


かけっこ教室

バスケットボール教室

日時 平成28年10月23日(土) 午前10時~12時
会場 加治中学校体育館
講師 石橋 貴俊 (元バスケットボール日本代表)
司会進行 山田(山田カントリー)
参加者 都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会埼玉県選抜候補選手 (2年生 男子15名・女子15名 / 1年生 男子10名・女子10名)
スタッフ よしもと 浅井 (山田カントリー)、ジェラードかみいち、市職員 1名


[当日の状況]
 会場の加治中学校の会場準備は、加治中学校の神沼先生とバスケットボール部生徒が行ってくれた。会場入り口には、市で用意した看板を付けた。講師控室は、校長室をカーテンで仕切って用意していただいた。練習は、1・2年生全員50名で行った。初めは、ボールを使ったゲームのような、遊びの要素の入ったコーディネーション・トレーニングを行った。次に、シュート練習を課題を設定しそれを高めながら行った。最後に3対3のミニゲームを、講師・よしもと芸人チームと中学生が行った。終わりに、講師から参加者に対して激励の言葉があった。


[感想]
 参加した生徒は、選抜されたメンバーであり、講師の与えた課題をすぐに理解し、対応できていた。人数が多くても、まとまり良く練習が進められた理由もそこにあると思う。全体的に、楽しい雰囲気で練習ができて良かったと思う。

バスケットボール教室

この記事に関するお問い合わせ 市民生活部 賑わい創出課
電話番号:042-978-5093 ファクス番号:042-974-6737

お問い合わせ