暮らし・生活

水道水が濁ったら

公開日:2017年08月30日

印刷する

水道水が濁ったら

  水道管の布設や漏水などにより工事を行った際、水道水が一時的に濁ることがあります。工事箇所については工事終了後に洗管作業(水道管内を洗い流す作業)を行っておりますが、付近の水流が変わったことにより、現場から離れた場所でも水道水が濁ることがあります。その場合には、次のような対応をお願いいたします。

 

【茶色の水が出る】

水道管内部に付着していた鉄錆が剥がれたものと思われます。健康に影響はありませんので、水が澄むまで水道水を流して様子を見てください。

 

【白い水が出る】

水道水に混じっている空気が攪拌されて白く見えます。健康に影響はありません。汲み置きをしておくと澄んできます。

 

【蛇口から勢いよく空気が出る】

水道管に入った空気が圧縮されて勢いよく出るため起きます。健康に影響はありませんので、落ち着くまで水道水を流して様子を見てください。

 

【黒い粉が混じる】

工事の有無にかかわらず、給水装置の老朽化によりゴムパッキンのかけらが混じることがあります。健康に影響はありませんが、蛇口や給湯器などの器具のパッキン交換を行わないと改善しませんので、飯能市指定給水装置工事事業者にご相談ください。

※飯能市指定給水装置工事事業者の一覧はこちらからご覧いただけます。なお、上下水道部による事業者のあっせんは行っておりませんのでご了承ください。

 

お問合せ先…水道工務課 給水・未給水地域担当 内線222

この記事に関するお問い合わせ 上下水道部 水道工務課
電話番号:042-973-3697 ファクス番号:042-971-3929

お問い合わせ