市政情報

飯能市公共施設等マネジメント

公開日:2016年12月28日

印刷する

公共施設等マネジメントに取り組んでいます

本庁舎
   本市では、昭和40年代からの急激な人口増加を背景に、市民ニーズ等に対応するため多くの公共施設等を整備してきました。しかしながら、現在、これらの施設の多くは建築から30年以上が経過し老朽化が進行する中、修繕等維持管理費が右肩上がりで増大しており、近い将来には、更新や大規模改修が一斉に訪れる時期を迎えます。
 一方、人口減少等による税収の伸び悩み、少子高齢化の進行による民生費の増加など、財政運営は大変厳しい状況にあることから、固定費とも言える公共施設等の維持・更新に係る費用をいかにして適正な水準に抑えていくかが課題となっています。
 こうしたことから、本市においても、次世代に最適な公共施設等を引き継ぎため、公共施設等マネジメントを喫緊の課題として集中的に取り組んでいます。

※「公共施設等」とは・・庁舎、学校、行政センター、保育所などの建築物(いわゆる「ハコモノ」)と、道路・橋、上下水道などの「インフラ」を含む施設全般。

※「公共施設等マネジメント」とは・・地方公共団体等が保有する全公共施設等を、自治体経営の視点から総合的かつ統括的に企画、管理及び利活用する仕組みのこと。
〇これまでの取組状況

この記事に関するお問い合わせ 財務部 管財課
電話番号:042-973-2111(代表) ファクス番号:042-974-6770

お問い合わせ