施設

【東吾野公民館】<平成30年度事業報告>を掲載します。

公開日:2019年02月05日

印刷する

防災講座 土砂災害の現状「土砂災害に備える」

1月31日(木)

土砂

<東吾野公民館・危機管理室共催>

参加者:17名

対象:一般


危機管理室の職員を講師に招き、土砂災害の現状「土砂災害に備える」と題して講座を開催しました。

全国で発生している土砂災害について、パワーポイントの写真を見ながら講話を聞き、参加者は熱心に耳を傾けていました。
災害はいつどこで発生するか予測できないため、普段の心構えが重要であることが理解できました。

イワシの料理教室

平成31年1月21日(月)

<東吾野公民館主催>

参加者:20名

対象:一般


飯能銀座商店街で鮮魚店を営む滝長店主、滝澤夫妻を講師にお招きし、イワシの料理教室を開催しました。
最初に講師が実演し、参加者は慣れた手つきでイワシを捌く姿に感心していました。次に、1人に付き蒲焼用とつみれ汁用の2匹のイワシが宛がわれ、イワシを捌く実習を行いました。講師にアドバイスをいただきながら、全員上手に捌くことができ、美味しい蒲焼とつみれ汁が完成しました。

イワシ

書き初め教室 

12月26日(水)

<東吾野公民館主催>

参加者:16名
対象:小学校3年生~中学生


冬休みの宿題の書き初めは家で書くのは大変です。公民館では毎年、書き初め教室を開催し、お手伝いをしています。今年は小学生14名、中学生2名、合計16名の児童、生徒が参加しました。
当センターの書道サークルの講師をされている宮川瑶流先生にお願いして、筆の持ち方、姿勢、書き方や字のバランスなどを丁寧にご指導いただきました。最後には3枚仕上げて、冬休みの宿題とセンター展示用が完成しました。


書初め

餅つきをしよう!

12月16日(日)

<東吾野公民館、ふくしの森・東吾野共催>

参加者:35名

対象:一般


臼と杵を使って餅つきをしました。蒸かしたもち米が臼の中に入れられると、ペッタン、ペッタンと餅をつく音が響きます。地元の消防団員さんにも参加いただき、あっという間に美味しそうなお餅のでき上がりです。できたてのお餅は真空袋に入れられ麺棒で平に伸されて、お持ち帰り用になりました。また、つきたてのお餅であんこを包んだあんこ餅、黄な粉をまぶした黄な粉餅、大根おろしを絡めたからみ餅を作り、みんなで食べました。

餅つき

文化遺産講座 武蔵一宮と三蔵法師の霊骨をたずねて

12月14日(金)

<東吾野公民館、ふくしの森・東吾野共催>
参加者:18名
対象:一般


さいたま市内の5箇所をバスを使用して視察しました。
参加者は講師や学芸員の説明に熱心に耳を傾け、先人たちの偉大さや作品のすばらしさに改めて驚嘆していました。

東吾野地区行政センター → 武蔵一宮大宮氷川神社 → 大宮盆栽美術館 → 慈恩寺 → 十三重霊骨堂 → 岩槻郷土資料館 

文化遺産巡り

森を歩こう! ~名栗川沿いの森林を歩く~

12月12日(水)

〈東吾野・双柳・加治公民館共催〉

参加者:17名
対象:一般


朝からどんよりとした曇り空で、寒い日ではありましたが、市内第二区方面から名栗川沿いを歩いて飯能駅に向かう約8kmのウオーキングを行いました。出発直前まで雨が降っていたため、滑りやすくなっていましたが、皆さん元気に歩いていました。このコースの一番の難所である吾妻峡では、デコボコの石や岩の上を歩いたり、鎖を掴んで歩いたりと少しハードな場面もありました。名栗川を眼下に眺め、森を感じながらのウオーキングになりました。

コース:国際興業バス『尾長入口』バス停~弁天橋(つり橋)~第二区地区行政センター(W.C)~千歳橋~名栗川右岸道路~八耳堂(W.C)~吾妻峡~中平河原(W.C)~飯能河原(W.C)~割岩橋~飯能駅南口

森を歩こう

3公民館合同ハイキング 「棒の嶺 水源のみちをゆく~」

12月11日(火)

<東吾野・加治、原市場公民館共催>

参加者:18名

対象者:一般


厳しい冷え込みのなか、棒ノ嶺を目指しました。沢沿いのコースはスリル満点で、岩と沢とが創り出す景観美を楽しむことができました。

棒の嶺山頂からは飯能市街や遠くの雪化粧をしたアルプスの山々を眺めることができました。

コース:河又名栗湖入口バス停 → 有間ダム(名栗湖)→ 白谷沢登山口 → 藤懸の滝 → 天狗の滝 → 白孔雀の滝 → 岩茸石 → ゴンジリ峠 → 棒ノ嶺(昼食)→ ゴ ンジリ峠 → 岩茸石 →滝ノ平尾根 → さわらびの湯バス停

棒の嶺

師走の社会科見学「ANA機体工場で空の安全について学ぶ」

12月6日(木)

<東吾野・吾野公民館共催>

参加者:23名

対象者:一般


羽田空港にあるANAの機体工場見学を開催しました。
小雨が降るあいにくの天候で、羽田空港国際線ターミナルの展望デッキから見る眺めは少し視界が悪く残念でした。
機体工場の見学会では、ANAの紹介VTRの視聴し、格納庫の見学では建物の広さ、その中に入っている整備を受ける飛行機の大きさに参加者全員は驚いていました。

コ-ス:飯能駅 → 池袋駅 → 浜松町駅(東京モノレール) → 羽田空港国際線ビル駅  →  羽田空港国際線ターミナル内自由行動(昼食)→ 羽田空港国際線ビル駅 (東京モノレール) → 新整備場駅  ~ 徒 歩 ~  ANA機体工場 見学会(13:00~14:30)  → ANA機体工場 ~ 徒 歩 ~ 新整備場駅 → 浜松町駅 → 池袋駅



【文化遺産講座】飯能の天文暦学者と和算家 ~虎秀出身の千葉歳胤と原市場の石井弥四郎~

11月27日(火)

天文学

<東吾野公民館 ふくしの森・東吾野共催>

参加者:36名

対象者:一般


江戸中期に生きた飯能市虎秀出身の天文暦学者 千葉歳胤(ちばとしたね)と江戸末期に生きた飯能市原市場出身の和算家 石井弥四郎について学びました。両者とも一般的には知られていませんが、当時の一流の伝系に属しており、歳胤は天文方に協力すると共に沢山の書物を遺し、弥四郎は円理など難しい数学に挑戦していました。参加者は飯能出身の二人の足跡に熱心に耳を傾けていました。

平成30年度東吾野地区文化祭・第5回ほっこり祭り

11月17日(土) ・18日(日)

<東吾野公民館、ふくしの森・東吾野共催>

観覧者:525名



東吾野地区行政センターを会場にして、地区文化祭とほっこり祭りを2日間に渡り、開催しました。
当地区行政センター利用団体や地域の皆様による作品展示、ステージ発表、体験コーナー、模擬店など、楽しい催しが満載のお祭りとなりました。
作品展示では絵画、書道、生花、水墨画、絵手紙、児童生徒の作品、団体の活動報告など力作が並びました。ステージ発表ではコーラス、フラダンス、民謡、太鼓、琴、オカリナ、吹奏楽、よさこいなど1年間の成果を遺憾なく発揮していました。茶道体験では美味しいお茶とお菓子でお点前を楽しみました。模擬店では焼きそば、焼き芋、団子、みそポテト、豚汁、焼き鳥、餅、みそ田楽、麦とろ飯などが販売され、どの店も、とても賑わっていました。
たくさんの方にご来場いただき、笑顔溢れる2日間となりました。

ほっこり祭り
文化祭

地域交流グラウンドゴルフ大会

11月4日(日)

<東吾野公民館・東吾野体育協会共催>

参加者:40名

対象者:一般


毎年恒例の地域交流グラウンドゴルフ大会が東吾野小学校を会場に開催されました。40名の参加者がグラウンドゴルフを通じて交流を深めていました。初心者の方はベテラン参加者から打ち方のコツを教わるなど、手軽にできるグラウンドゴルフの魅力を感じている様子でした。

GG

健康な身体をつくる「栄養・運動講座」 

10月30日(火)

<東吾野公民館、ふくしの森・東吾野、永寿会連合会共催>

参加者:24名

対象:一般


健康な身体を作るために日常生活の中で無理なく実践できる食事と運動について学ぶ講座を開催しました。
最初に参加者全員が一堂に会して講師から認知症を予防するための食生活のポイントと頭と体を使う課題を同時に行うコグニサイズの効果などについて学びました。次に、栄養グループと健康グループの2つに分かれ、講師の指導の下、調理実習とコグニサイズを実践しました。栄養グループは炊き込みご飯、豚汁、豆腐と小松菜のチャンプルー、さつまいもの甘煮の4品を参加者全員分作り、運動グループは5・6人のグループに分かれ、足踏みなどの運動をしながら数を数えたり、しりとりをしたりとコグニサイズを体験しました。栄養グループが作った野菜を豊富に使った昼食ができると全員でいただき、話も弾んでいました。

栄養

第26回 東吾野・地域を歩こう! ~ 阿寺諏訪神社例大祭を訪ねて ~

10月7日(日)

<東吾野公民館・東吾野体育協会共催>

参加者:97名

対象:一般

歩行距離:12km


季節外れの真夏日の中、12kmのコースを歩きました。

コース途中の橋本山からは秩父の山々の景色を眺めることができました。諏訪神社では地域福祉団体により豚汁が振る舞われ、参加者の疲れを癒してくれました。昼食後は神楽を見学し、ひょっとこ役の演者が繰り広げるユーモア溢れる踊りに境内は笑い声に包まれていました。

コース:東吾野地区行政センター → 吾那神社 → 橋本山 → ユガテ → 阿寺諏訪神社(獅子舞・神楽見学、昼食)→ 阿寺の岩場 → 福徳寺  → 東吾野地区行政センター




阿寺諏訪神社

あのまち・このまち探訪「水辺と歴史の街・千住を歩く」

9月26日(水)

<東吾野・吾野・原市場公民館共催>

参加者:25名

対象:一般

歩行距離:5.5km


南千住駅を出発し、隅田川沿いを歩きながら足立市場、北千住へ。松尾芭蕉ゆかりの地を訪ねました。

千住を歩くと随所に昔の名残が感じられ、隅田川沿いからはスカイツリーを望むことができました。また、芭蕉ゆかりの地ということで、所々に石碑が建っていました。

参加者はウオーキングを通して親睦が深められ、満足げな表情が伺えました。

コース:回向院 → 延命 → 小塚原刑場跡 → ドナウ通り → リバーハープ公園 → 瑞光橋公園 → 都立汐入公園 → 素盞雄神社 → 千住大橋 → 足立市場 → 北千住駅(解散)




千住

夏休み親子社会科見学会「コーラの工場に行ってみよう!」

8月10日(金)

<東吾野公民館・吾野公民館共催>

参加者:15名

対象者:小学生と保護者


飯能駅に集合し、西武線と西武バスを利用して東久留米市にある「コカ・コーラボトラーズジャパン多摩工場」に行って来ました。

10時からの見学会では自社ブランドの飲み物の試飲をしながらコーラにまつわるDVDの視聴やお話を聞きました。また、ペットボトルをリサイクルして作った従業員さんのユニフォームの試着や、飲み物の製造工程を見学しました。

猛暑日でしたが楽しい夏休みの一日を過ごしました。

コーラ

【夏休み子どもチャレンジ講座】 お寺で過ごそう!

7月25日(水)

〈東吾野公民館・東吾野地区青少年健全育成の会共催〉

参加者:13名
対 象:小学生


 夏休み中の小学生を対象に、普段、学校や家庭では体験できないような活動を長念寺の住職さんや地域の皆さんにご協力をいただきながら、地元のお寺「長念寺」で1日を過ごしました。
 朝9時30分に集合し、夏休みの宿題をしたり、紙芝居を見たりして午前中を過ごし、昼食後は住職さんの指導の下、座禅や本堂の雑巾がけをしました。
座禅体験では足の組み方を4通り教えていただき、各人が自分にあった組み方で座禅を15分程度行い、警策(きょうさく)と呼ばれる木製棒で肩を叩かれる人もいました。雑巾がけは膝をつかずに固く絞った雑巾で畳の目に沿って「イッチ、二、イッチ、二」と掛け声をあげながら、全員が順番に50枚の畳を拭きました。
最後に本堂で正座をして手を合わせて拝み、お寺での体験学習は終了となりました。

お寺

夏休み親子木工教室

7月22日(日)

<東吾野公民館・飯能市児童センター共催>

参加者:33名

対象:小学生の親子15組


地区在住の大工さんを講師に迎え、収納ラックを作りました。

釘を打つ際の金づちの面の使い分けなど、講師から貴重なお話を聞くことができました。釘を真っすぐに打ち込むことに苦労していた人もいましたが、西川材を使った収納ラックの出来栄えに参加者の皆さんは満足している様子でした。

木工

活き活きの達人 もの忘れ予防スクール 

7月5日(木)・12日(木)

<東吾野公民館・飯能市地域包括支援センターはちまん町主催>

参加者:延べ16名
対象:60歳以上


 60歳以上の方を対象に、認知症予防を目的として講座を開催しました。
 認知症を予防するためには脳の血流を良くする生活習慣が重要になります。そのためには適度な運動、バランスのとれた食事、社会参加など日頃から積極的に取り組むことが必要です。今回の講座は、保健師による認知症講話、管理栄養士による栄養の話、作業療法士による運動の仕方など、バラエティに富んだ内容になりました。
最後に参加者から本講座で学んだことを基に、認知症予防のための取組を宣言いただき、講座は終了となりました。

もの忘れ

【わくわく施設見学】 生まれ変わったクリーンセンターと博物館に行ってみよう!

7月10日(火)

<東吾野公民館主催>

参加者:9名
対象:一般


 平成25年3月から平成29年12月まで工期4年9カ月をかけて完成したクリーンセンターと、今年4月にリニューアルオープンした博物館に見学に行きました。
 クリーンセンターでは最初にDVDを視聴して施設の概要について説明いただき、次に施設内を見学して、可燃ごみや不燃ごみ、飲料缶やびんなどが処理されていく過程を学びました。ゴミを燃やしてできた灰、飲料缶やびんなどはリサイクルされるとのことです。また、太陽光発電も活用しているなど環境に配慮された施設に参加者は大変感心していました。
 博物館は飯能と西川材、身近な自然、歴史展示室などのブースに分かれており、博物館職員の説明を聞きながら見学しました。歴史展示室では飯能市を町、里、山の3地区に区分して展示しており、東吾野は山に属しています。親しみのある地域の歴史に触れて皆さん楽しそうでした。

施設見学

バランスボールで体イキイキ。~らくらく筋トレ、笑って脳トレ、とっさの一歩を出すために~

6月5日(火)・19日(火)

<東吾野公民館主催>

参加者:延べ34名

対象:一般


当センター利用団体「リズム体操」の講師でもある宮崎理枝氏にご指導いただき、バランスボールを使った運動を行いました。

使用するボールは直径60㎝以上もある大きなゴム製のもので、ボールの持つ「弾む」「転がる」「支える」といった3つの特性をを生かして、筋力トレやストレッチを行いました。始めはボールから落ちないよう動作がぎこちなかった参加者も、慣れてくると楽しそうに弾んでいました。時折、ボールに乗ったまま先生が出す脳トレ問題に大爆笑でした。

ボールに乗ってバランスを取るためには、大小様々な筋が適切な強度に収縮し、筋を支配する神経が効率よく機能する必要があります。

バランスボールを使った運動には筋と神経の関係がより効果的になることが期待できるとのことです。


バランス2

【教育講演会(家庭教育学級)】子どもの学びと学校のこれから ~市内で一番小さい学校から~

6月17日(日)

育成会総会

<東吾野公民館・東吾野地区青少年健全育成の会共催>

参加者:33名

対象:一般


平成30年度東吾野地区青少年健全育成の会総会終了後、教育講演会を開催しました。

講師に西川小学校校長の岩崎先生をお招きし、西川小学校で取り組んでいる”深い学び”について、ご講演いただきました。

算数で学ぶ足し算や引き算には矛盾が生じることがあり、見方や考え方が求められること、国語の要約には大事なキーワードをつなげて一番大事なキーワードを最後にもってきて体言止めにするとよいなど、大人でも”なるほど”と感心してしまうものでした。見方や考え方を変えて、答えを導き出す楽しさが伝わってきました。



第22回 両吾野地区グラウンドゴルフ大会

6月2日(土)

<東吾野・吾野公民館、東吾野永寿会連合会・吾野地区老友クラブ連合会共催>

参加者:82名

対象:高齢者

会場:西川小学校校庭


初夏を感じる暑さのもと、両吾野地区グラウンドゴルフ大会が開催されました。

初心者の方から大ベテランの方まで、両吾野地区のみなさんが交流を深めました。

試合の前後には地域包括支援センターはちまん町による体力測定コーナーも賑わいました。


gg

【高齢者学級】お口から考える健康 ~お口体操で心も体も活き活きと!~

5月17日(木)

お口の健康講座

<東吾野公民館・東吾野永寿会連合会共催>

参加者:44名

対象:高齢者


”飯能市地域包括支援センターはちまん町”から藏満保健師と池田保健師を講師にお招きして、「お口から考える健康講座」を開催しました。口の機能を高めることが体全体の健康につながるということでした。

参加者は講師の指導の下、口の機能を高める体操を実習しました。

この記事に関するお問い合わせ 東吾野地区行政センター・公民館
電話番号:042-978-1212 ファクス番号:042-978-0574

お問い合わせ