市政情報

在外選挙人名簿への登録の申請が出国時にもできるようになりました

公開日:2018年06月01日

印刷する

在外選挙制度とは

 国外に居住する日本人が、在外選挙人名簿に登録されることにより、国政選挙の投票を国外でも行えるようにする制度です。

 在外選挙人名簿への登録の申請については、これまで出国先の在外公館等において行う方法に限られていましたが(在外公館申請)、平成30年6月1日から、国外に転出する前に国外への転出届を提出する際に市区町村の窓口でも申請を行えるようになりました(出国時申請)。

出国時申請の方法等について

申請できる者

年齢満18 歳以上の日本国民で、 国外への転出届を提出した者のうち、 選挙人名簿に登録されている方になります。

申請できる期間

国外転出届を提出した日から、国外転出届に記載された転出予定日当日までの間です 。

申請場所

飯能市選挙管理委員会

※飯能市選挙管理委員会へ登録の申請ができるのは、飯能市の選挙人名簿に登録されている方に限られます。

申請の際に必要なもの

【本人の場合】

 ・本人確認書類(旅券、マイナンバーカード、運転免許証、官公庁の身分証など)

 ※国外の住所を確認する際、旅券番号を用いることにより速やかな確認が可能となるため、可能な限り旅券(パスポート)をお持ちください。


【申請者から委任を受けた方の申請の場合】

 ・申請者の本人確認書類

 ・申請者の申出書

 ・申請に来ている方の本人確認書類


 ※申請は、申請者本人か、申請者から委任を受けた方ができます。

出国後に必要なお手続き

在留届で国外の住所を確認して名簿に登録しますので、国外に居住後、在留届を忘れずに提出してください。

在留届は、最寄りの在外公館やインターネット(オンライン在留届)で提出できます。

チラシ「在外選挙出国時登録申請始まる」(ファイル名:10661dbd1e47f.pdf サイズ:2974.11KB)

この記事に関するお問い合わせ 選挙管理委員会
電話番号:042-973-2111(代表) ファクス番号:042-974-0044

お問い合わせ