施設

平成30年度【東吾野さんぽ】

公開日:2019年04月11日

印刷する

3月24日(日) 官公様像お清めの集いが開催されました。

官公様を顕彰する有志の会が中心となり、東吾野地区行政センター敷地内に設置されている官公様像をお清めしました。
長谷川塊記の代表作であるこの像は、昭和15年に東吾野小学校卒業生有志により建てられました。官公様が旅立たれた日(旧暦2月25日※現在の3月下旬)に因み、毎年この時期にお清めの集いを開催しています。
敷地内の除草作業などを行い、官公様像を丁寧に拭きあげ、1年分の汚れがきれいに落ちました。


菅公

3月22日(金) 東吾野小学校の卒業式が開催されました。

卒業式
たくさんの来賓や保護者が見守る中、134年の歴史を持つ東吾野小学校の最後の卒業式が行われました。
卒業生9名に校長先生から卒業証書が手渡され、一人ひとりから中学校生活の抱負と将来の夢が述べられました。最後に、卒業生と在校生が合唱を交えながら別れのことばを交わし、閉式となりました。

3月15日(金) 吾野中学校の卒業式が開催されました。

吾中卒業式

たくさんの来賓や保護者が見守る中、平成30年度第42回卒業証書授与式が吾野中学校体育館で行われ、吾野中学校として最後の卒業式になりました。
校長先生から卒業生17名に卒業証書が手渡され、卒業生一人ひとりから中学校生活の思い出や今後の抱負などについて述べられました。
在校生の送辞に、卒業生が答辞を返し、最後に全員合唱と卒業生の歌が披露され、閉式となりました。


3月9日(土) 施設隣接型小中一貫校推進連絡協議会及び開校準備委員会が開催されました。

小中一貫

2年間に渡り、吾野・東吾野地区の3小学校の統合に関する協議や、小中一貫校の開設に向け準備を進めてきた施設隣接型小中一貫校推進連絡協議会及び開校準備委員会が開催されました。
始めに、会長、委員長、市長から挨拶が述べられ、終了後、出席された方全員で写真を撮りました。会議では、奥武蔵創造学園の開校に向けた取組等について報告があり、これを持って、協議会及び委員会は解散となりました。
来月には、いよいよ奥武蔵創造学園 奥武蔵小学校・奥武蔵中学校が開校します。


3月3日(日) 「東吾野小学校閉校記念式典・感謝の会」が開催されました。

今年度いっぱいで閉校となる東吾野小学校の閉校記念式典及び感謝の会が開催されました。明治17年に「甲東学校」の名の下に産声を上げて以来、134年の永い歴史に幕を下ろすことになります。
式典では多くの参列者が見守る中、学校旗が生徒代表から校長先生に手渡され、校長先生から教育長に返納されました。式典終了後は、記念碑の除幕式や感謝の会が開催されました。児童の歌やダンスが披露され、軽食などを食べながら、多くの参加者が東吾野小学校の思い出などを語り合っていました。
4月からは両吾野の3小学校が統合され、「飯能市立奥武蔵小学校」として新たな歴史が始まります。


閉校式

2月19日(火)から3月10日(日)まで「飯能ひな飾り展」に参加しています。

地域の方々にお借りした昭和40年代と平成24年のお雛さまと吊るし雛を展示しています。

開催期間:2月19日(月)から3月10(日) 土曜日、日曜日はお休みです。

開催期間:8時30分から17時15分(閉館時間内)

※スタンプラリーも同時開催します。みなさまのご来館をお待ちしています。

雛

2月2日(土) 「吾野中学校・西川小学校合同閉校式典」が開催されました。

今年度いっぱいで閉校となる吾野中学校と西川小学校の合同の閉校式典が開催されました。吾野中学校の42年間と西川小学校の55年間の歴史に幕を下ろすことになります。
式典では多くの参列者が見守る中、両校の校長先生から、それぞれの学校旗が教育長に返納されました。
4月からは「奥武蔵創造学園 飯能市立奥武蔵小学校・奥武蔵中学校」として新たな歴史が始まります。
閉校

2月2日(土) 「西川小学校閉校記念行事」が開催されました。

吾野中学校体育館で行われた「吾野中学校・西川小学校合同閉校式典」終了後に、場所を西川小学校の体育館に移して「西川小学校閉校記念行事」が開催されました。
1・2年生による遊戯の発表と3~6年生が授業の中で地域の方から指導いただいたお囃子の発表がありました。また、先生方が撮りためた四季折々の学校での児童の様子がスライドで流されました。児童代表の言葉の後、参列者を含めた全員で「ふるさと」を合唱し、閉会となりました。
4月からは飯能市立奥武蔵小学校として新たな歴史が始まります。
西川

1月27日(日)「第17回奥むさし駅伝競走大会」【東吾野地区】接待所が開設されました。

奥むさし駅伝第1・5中継所(東吾野駅入口)及び第4中継所(吾野中学校下)で飯能市自治会連合会東吾野支部主催の接待所が開設されました。
コーヒー、紅茶、レモネード、麦茶などの暖かい飲物を振る舞い、寒い中応援に駆けつけていただいた方や選手・大会関係者などの体を温めました。
駅伝

1月17日(木)「第17回 奥むさし駅伝壮行会」が開催されました。

東吾野体協・医療センターチームの奥むさし駅伝壮行会が東吾野地区行政センターで開催されました。

壇上に選手が整列し、一人ひとりが駅伝に向けた抱負を語り、会場に集まった地域の方からたくさんの激励を受けました。

壮行会

1月13日(日) 「平成31年 東吾野地区新春の集い」が開催されました。

自治会連合会東吾野支部主催の「平成31年  東吾野地区新春の集い」が川波(飯能市白子)で開催されました。
地域の皆様にお集まりいただき、新年の挨拶を交わしたり、新しい年に向けた抱負などを語り合ったりと楽しいひと時を過ごしました。
新春集い

平成31年1月13日(日)、14日(月) 「白子地区書初めと趣味の作品展」が開催されました。

下白子自治会館で、白子地区住民による「書初めと趣味の作品展」が開催されました。
子どもたちの書初めをはじめ、住民による盆栽、写真、押し花、俳句、書道、絵画など、見事な作品が展示されました。
白子

12月22日(土) 「東吾野地区青少年健全育成の会主催 クリスマス会」が開催されました。

東吾野地区青少年健全育成の会では、毎年、地区内の小学生と保護者を対象にクリスマス会を開催しています。今年は地区内の子ども達が25人集まりました。
飯能市青少年相談員さんをお招きして、レクリエーションゲームなどを楽しく指導いただき、景品がもらえるビンゴゲームは大いに盛り上がりました。たくさん遊んでお腹を空かした子ども達は、昼食会で出されたお弁当やロールケーキを口いっぱいにほおばっていました。とても楽しいクリスマス会になったようです。
クリスマス会

12月20日(木) 「地方の時代映像祭2018 受賞報告会」が開催されました。 

日本放送協会等が主催する「第38回地方の時代映像祭2018」において、飯能・日高テレビが制作した東吾野地域の移動販売をテーマとした「報道特番2017」が、選奨に選ばれました。これを祝して飯能ケーブルテレビ㈱とふくしの森・東吾野が地域の皆様やご支援いただいた皆様をお招きし、受賞報告会を開催しました。
報告会式場では、大きなテレビで受賞作品が流されたり、ふくしの森・東吾野の会員手作りの煮物、味噌ポテト、から揚げなどが振る舞われたりと、終始和やかな会となりました。
2018

12月9日(日) 「井上・山の子会 新そばまつり」が開催されました。

井上・山の子会では東神社ひろばを会場にして、「第12回 新そばまつり」を開催しました。
井上・山の子会は結成して12年が経過し、地域活性化のために遊休農地を活用して、じゃがいもやそばを栽培しています。
この日は、会場でそばを打ち、たっぷりのお湯が入った釜で茹で、すぐに冷たい水でしめた新そばが提供されました。このお蕎麦を食べるために長蛇の列ができていました。
そば祭り

12月9日(日) 「奥武蔵らくらく交通」出発式が行われました。

NPO法人奥武蔵グリーンリゾートでは、地域活性化のために取り組んできた公共交通空白地有償運送「奥武蔵らくらく交通」が埼玉県から認可を受け、吾野・東吾野地区で立ち上げました。
開業を記念し、吾野地区行政センターを会場に出発式が行われました。式典終了後、郵送運送車両のステッカーが車に貼り付けられ、第1号となるお客様を乗せて、出発していきました。


らくらく交通

11月14日(水) 福徳寺の阿弥陀三尊立像御開帳

福徳寺の阿弥陀堂は国指定重要文化財となっており、その中に県指定文化財の阿弥陀三尊立像が安置されています。この日は今年最後の御開帳日に当たるため、多くの方が訪れていました。住職があげるお経に合わせて訪れた方も一緒に唱えていました。また、御茶席が用意され、お菓子と抹茶のおもてなしに皆さんにっこりされていました。
福徳寺

11月3日(土) 吾那神社秋季例大祭が開催されました。

澄んで晴れわたった空の下、吾那神社秋季例大祭が賑やかに開催されました。
正門階段には大旗と奉納旗が飾られ、祭典執行後、東吾野太鼓がオープニングを飾り、TEAM白獅子が華やかに舞い踊りました。境内には屋台が立ち並び、うかの鍋(豚汁)、お神酒、コーヒーが振る舞われました。うかの踊りではお多福とひょっとこが愛嬌たっぷりに踊り、神殿から幸運を呼び込む紅白団子がまかれると、たくさんの手が伸びていました。多彩な出し物や演芸に拍手喝采でした。
神社

11月は児童虐待防止推進月間です。

厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、家庭や学校、地域等の社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるよう期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動などの種々な取組を集中的に実施します。
東吾野地区行政センターでも横断幕を掲示し、児童虐待防止を推進しています。
虐待

10月25日(木) 東吾野永寿会連合会が東吾野地区行政センターの清掃作業を実施しました。

11月17日(土)・18日(日)に文化祭・ほっこり祭りが開催される東吾野地区行政センターを東吾野永寿会連合会の皆さんが清掃作業を実施しました。主に敷地内の除草作業と樹木の剪定作業を行い、あっという間に草や枝葉で軽トラックの荷台がいっぱいになりました。
きれいになったセンターで文化祭・ほっこり祭りが気持ち良く開催できます。ありがとうございました。
清掃活動

10月17日(水) 「奥武蔵創造学園 奥武蔵小学校・奥武蔵中学校設置に係る学校説明会」が開催されました。

来春開校予定の奥武蔵創造学園 奥武蔵小学校・奥武蔵中学校の学校説明会が保護者や地域の住民を対象に東吾野地区行政センターで開催され、40名以上の方が参加されました。
東吾野小学校・西川小学校・吾野小学校の3校統合後の小中一貫校の基本方針及びそれを実現するための4つの柱や奥武蔵創造学園のビジョンなどの説明に参加者は熱心に耳を傾けていました。
奥武蔵創造学園

10月14日(日) 東吾野医療介護センタ-秋祭りが開催されました。

飯能市東吾野医療介護センターでは、日頃からお世話になっている関係者や地域の方をお招きして、交流を深めるために秋祭りを開催しました。
敷地内では、ニラ飯、焼きそば、焼き鳥などの模擬店が出店されたり、太鼓やよさこいが披露されたりと、とても賑やかな秋祭りとなりました。
介護センター秋祭り

9月23日(日) 東吾野小学校で運動会が開催されました。

来春4月に両吾野3小学校が統合されるため、創立134年の歴史に幕を閉じ、今年が最後の運動会になりますが、全校生徒27人が紅組と白組に分かれて、熱戦が繰り広げられました。
スローガンに「きずなを見せ 心を一つに 優勝だ」を掲げ、徒競走、玉入れ、綱引き、障害物競争など児童一人ひとりが一生懸命取り組み、保護者や地域の方々は大きな声援を送っていました。
東小

9月22日(土) 西川小学校で運動会が開催されました。

全校生徒20人の飯能市内で一番小さい小学校ですが、紅組と白組に分かれ、熱戦が繰り広げられました。
スローガンに「不断の努力 くじけぬ心 今こそ輝け」を掲げ、徒競走やリレーは全力で走り、玉入れは籠を目がけて投げ入れ、パン食い競争は児童だけでなくPTAや地域の方々も参加しパンをくわえたままゴールを目指し、応援合戦では団長を中心に大きな声を出し合い、会場からは大きな拍手と声援が投げかけられました。
来春4月に両吾野3小学校が統合されるため最後の運動会になりますが、一人ひとりが活躍した思い出に残る運動会になりました。
西川

9月16日(日) 吾野中学校で「第42回体育祭」が開催されました。

9月16日(日)に吾野中学校で体育祭が開催され、全校生徒が桃団と緑団に分かれ、熱戦が繰り広げられました。

リレーは全力で走り抜き、むかで競争や大縄跳びは互いに声を出し合い、息を合わせました。保護者や地域の方が見守る中、汗を流しながら一生懸命競技に取り組んでいました。吾野中学校は来春から小中一貫校として生まれ変わるため、最後の体育祭となりました。

吾野中

9月9日(日) 東吾野地区敬老感謝の集いが開催されました。

自治会連合会東吾野支部主催、ふくしの森・東吾野、母子愛育会東吾野支部後援で、東吾野地区内の65歳以上の高齢者を対象として「東吾野地区敬老感謝の集い」が開催されました。

72名の方が参加し、昼食会では折詰弁当と手作りの豚汁が振る舞われました。

ステージ発表では普段から当センターで活動されているサークルの皆さんに太鼓やオカリナの演奏、紙芝居やコーラスをご披露いただきました。最後に、参加者全員で合唱し、楽しい時間が終わりました。

来年もまた元気に参加いただきたいと思います。

敬老感謝の集い

8月30日(木)・31日(金) 東吾野小学校で「夏休み作品展」が開催されました。

東吾野小学校では8月27日(月)から2学期が始まりました。長い夏休みが終わり、児童達の元気な声が学校に響いています。児童が夏休みに家庭で取り組んだ工作、手芸、ポスター、書道、自由研究などの作品が2日間に渡り、小学校の児童昇降口に展示されました。力作揃いで、実際に使えそうなものもたくさん作品として発表されていました。

東小作品展

7月17日(火) お花をいただきました。

東吾野小学校では教育活動「人権の花運動」に取り組んでいます。
昨日、当センターに1・2年生の児童のみなさんが育てたベコニアの花、プランター4基を届けてくれました。
このお花は、東吾野地区内の各所にも届けられています。
大切に育てます。ありがとうございました。
プランター

7月6日(金) 「ふくしの森・東吾野」では、移動販売を実施しています。

「ふくしの森・東吾野」では、毎月第1金曜日に買物に困っている地区内の住民のために移動販売を実施しています。また、今年7月からは1回増便し、第1・第3金曜日の月2回の販売となります。
東吾野地区行政センターを起点に音楽を流しながら巡回し、販売場所で楽曲が鳴り響くとご近所の方々が集まってきます。第1金曜日にあたる7月6日は小雨が降っていましたが、移動販売車の到着を知らせる楽曲が鳴ると、ご近所の方々が傘を差しながら買物に来てくださいました。移動販売の協力員の方々は雨に濡れながら、販売場所に到着する度に販売車の幌の開け閉めをしたり、高齢の買物客の荷物を家まで届けたりと働いておりました。
お出かけの機会が少ない高齢者が自ら買物をする様子は、とても楽しそうでした。


移動販売

7月1日(日) 第28回埼玉県消協会埼玉西部支部消防操法大会が開催されました。

飯能日高消防署屋外練習場で、飯能・日高支部大会が開催されました。
当地区の飯能消防団第9分団がポンプ車の部及び第9分団2部が小型ポンプの部に出場しました。また、開会式では、第9分団の加藤英治部長が選手宣誓を務めました。各分団の熱のこもった操法が披露され、熱い声援も飛び交いました。
第9分団はポンプ車の部で見事3位に入り、加藤英治部長は指揮者の最優秀選手賞に選ばれました。団員の皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
 
操法大会

6月28日(金) 長念寺(飯能市白子)のアジサイが見頃です。

奥武蔵のあじさい寺として親しまれている長念寺では、今年も参道を埋め尽くすかのように白やピンク、薄紫色のアジサイが咲き誇っています。
また、聖観音菩薩立像を本尊とする武蔵野三十三観音霊場の29番札所でもあります。是非、一度お立ち寄りください。
あじさい

6月23(土) 東吾野小学校で「学校公開」が行われました。

東吾野小学校では、地域の皆様に教育活動を知っていただくため、「学校公開」を行い、4校時から5校時までの間を公開しました。

東吾野小学校は複式学級を取り入れており、1・2年生、3・4年生、5・6年生の3クラスに教室が分かれています。

4校時は全クラスで道徳の授業を行い、どのクラスでも児童は、はっきりと自分の意見を述べていました。4校時終了後、お弁当の給食を食べ、清掃、昼休みを経て、5校時になりました。

学校

6月19日(火)・20日(水) 東吾野小学校で「第25回ホタル観賞会」が開催されました。

東吾野小学校では35年前から荻野昭さんの指導の下、ホタルの飼育をしています。

今年もホタルの孵化に成功し、「第25回ホタル観賞会」が開催されました。来年度から両吾野3校の小学校が統合されるため、東吾野で開催されるホタル観賞会は今年が最後になります。20日(水)には飼育舎公開前に荻野さんの講演会が開催され、ホタルの飼育を始めた当初の様子などについてお話いただきました。講演終了後に安田校長先生から感謝状、児童から御礼の文章が贈呈されました。

小雨の降る中、参加者は真っ暗な外の飼育舎に移動し、ホタルを観賞しました。飼育舎の屋根のない天井を、光を放ちながらスーと飛び交うホタルの様子に見入っていました。

ほたる

6月17日(日)「第31回飯能消防団消防操法大会」が開催されました。   

9分団

上記大会にて、飯能消防団第9分団(東吾野)が優勝、準優勝をしました。

忙しい日々の中、練習を重ねた団員のみなさんの成果です。

9分団1部がポンプ車の部で優勝、

9分団2部が小型ポンプ車の部で準優勝を獲得しました。

また、7月1日(日)は同会場、飯能日高消防署屋外訓練場で開催される「飯能・日高支部大会」に出場します!

6月3日(日) 土砂災害・全国防災訓練が実施されました。

市は「土砂災害警戒区域」に指定されている自治会を対象として土砂災害・全国防災訓練を実施しました。

東吾野地区は全域が土砂災害警戒区域に指定されています。

市は防災行政無線を使って避難情報を3回流し、各自主防災組織は地域の実情に合わせて避難訓練を実施しました。

東吾野地区では、18の自治会が訓練を実施し、併せて454名の方にご参加いただきました。

土砂災害から命を守るためには、発生する前の「早めの避難」が何よりも大切になります。「土砂災害警戒情報」が発表され、その後も激しい降雨が予想される場合は、早めの行動をお願いします。

土砂災害2
土砂災害1

この記事に関するお問い合わせ 東吾野地区行政センター・公民館
電話番号:042-978-1212 ファクス番号:042-978-0574

お問い合わせ