施設

平成30年7月

公開日:2018年08月01日

印刷する

夏休み小学生宿泊体験

7月30日(月)・31(火)

 本事業は、子どもたちが家族から離れ、ルールを守った集団生活を送ることで、児童の自主性・協調性を育みます。

 また、実際の行動を重視する催しに参加・体験することで、児童が日々の暮らしを見つめ直す契機とするものです。

 加治小学校46年生の14名が参加してくれました。

 合宿期間中のお手伝いに、駿河台大学の学生サポーター2名を迎え、12日の宿泊体験合宿がスタートしました。

 開講式・オリエンテーションを終えると、さっそく銭湯へ入浴に向かいました。

 さっぱりして公民館に戻ると、加治西食生活改善推進協議会のみなさんに手伝ってもらいながら、夕食の準備です。

 メニューはキーマカレー、カボチャとゆで卵のサラダ、デザートにクリームソーダをいただきました。

 食器を片づけた後は、青少年相談員のみなさんによるレクリエーションの時間です。

 子ども達の笑い声は絶えず、みんなゲームを楽しんでいるようでした。

 就寝の時間を過ぎても興奮が冷めやらぬといった様子で、なかなか寝付けない子が多かったようです。

 翌日、朝食を終えた子どもたちは、応援にきてくれた元学校の先生と学生サポーターに教えてもらいながら、それぞれ持ってきた宿題に取り組みました。

 本合宿最後の催しは「朗読型紙芝居グループ ジャンプ・ザ・ケンジ」による朗読型紙芝居鑑賞です。

 1人で行う昔ながらの紙芝居とは別世界のリアルな演出に、食い入るように見入っていました。

 協力者の皆さんのおかげで怪我やトラブルは一切なく、閉講式を終え解散となりました。

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

英会話デビューをしてみよう!

7月24日(火)・25(水)

 飯能市国際交流協会との新規共催事業として企画しました。

 各日前半は1~3年生の部と、後半は46年生の部にわかれて開催しました。

 のべ53人の子ども達が英会話デビューを飾りました。

 普段は会議室として使っている会場ですが椅子と机を取り払い、小道具を並べてBGMが流れると、英会話教室に早変わりです。

 先生から教わった簡単な単語や会話をゲームを交えて実践してみると、少し恥ずかしがりながらも自分から参加したくなる楽しい教室になりました。

  •  

  •  

  •  

のびのび親子広場

7月5日(木)

 飯能市母子愛育会加治支部との共催事業「のびのび親子広場」です。

 この時期恒例の七夕飾りを作りました。

 保護者の方含めて14名が参加しました。

 少しおぼつかない手つきですが、笹に思い思いの飾りつけをして楽しんでいました。

 飾り付けが終わった笹は、皆さんそれぞれお持ち帰りいただきました。

 お願い事が叶いますように・・・☆

  •  

  •  

  •  

この記事に関するお問い合わせ 加治地区行政センター・公民館
電話番号:042-972-2313 ファクス番号:042-972-9805

お問い合わせ