暮らし・生活

飯能市地震ハザードマップ

公開日:2018年08月17日

印刷する
 飯能市地震ハザードマップは、「平成24・25年度埼玉県地震被害想定調査」によって想定した5つの地震のうちで、飯能市に最も影響のある「立川断層帯地震(破壊開始点:北)」が発生した場合の震度を250mメッシュ(網目)ごとに予測し、地図に色分けして表示したものです。

飯能市地震ハザードマップ(被害予測地図)とは

 飯能市では、市内で大地震が発生する可能性のある場所と、実際に発生した場合に予想される震度をあらかじめお示しすることにより、市民の皆様の日頃からの危険性の認識と、そのときに対する備えを心がけていただきますよう、また実際に災害が発生した場合や発生が予測される場合においては、いち早く安全な場所へ避難することなど、被害を最小限に抑えることを目的として、「地震ハザードマップ」を作成しました。

 まさかの地震災害に備え、このハザードマップを活用し、自宅における地震対策、避難する場所や避難時の心得などにつき、日頃からご家族や地域の皆様で話し合いをしたり、実際の取り組みをしましょう。

飯能市地震ハザードマップダウンロード

地震災害ハザードマップ【地図面】(ファイル名:11496124fd773.pdf サイズ:20207.7KB)
地震災害ハザードマップ【情報面】(ファイル名:11497774ca58a.pdf サイズ:927.42KB)

 【注意】

 本マップは、想定した地震が発生した場合における震度を予測し、マップ上に表示したものです。

 なお、実際に地震が発生した場合に、必ずこのマップのとおりの現象が発生するというものではありませんので、ご注意ください。

対象とする地震

 国の中央防災会議の「首都直下地震対策専門調査会」や地震調査研究推進本部による地震の評価結果を考慮し、飯能市に最も大きな影響を及ぼす地震として「立川断層による地震(破壊開始点:北)」を想定しています。


《地震調査研究推進本部による評価(一部抜粋)》

 立川断層帯では、将来マグニチュード7.4程度の地震が発生すると推定され、その際に北東側が相対的に2-3m程度高まる撓(たわ)みや段差が生じる可能性があります。本断層帯は、今後30年の間に地震が発生する可能性が0.5%~2.0%と、我が国の活断層の中ではやや高いグループに属します。

 詳細については、地震調査研究推進本部ホームページをご覧ください。

  ・立川断層帯

  ・立川断層帯における重点的な調査観測



関連資料

 平成24・25年度埼玉県地震被害想定調査報告書

この記事に関するお問い合わせ 危機管理室
電話番号:042-973-2723 ファクス番号:042-972-8455

お問い合わせ