暮らし・生活

国外に居住する親族を扶養されている方へ

公開日:2018年12月25日

印刷する

国外に居住する親族について扶養控除等の適用を受けるための必要書類

 国外に居住する親族に係る扶養控除、配偶者控除、障害者控除、または配偶者特別控除の適用を受ける方は、申告する際に親族関係証明書・送金関係書類の提出又は提示が必要です。ただし、「給与所得者の扶養控除等申告書」、または「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を提出時、親族関係証明書・送金関係書類の提出を済ませている場合のみ、書類の提出又は提示は必要ありません。送金関係書類については、被扶養者と送金先名義人が同じであることが分かる書類の添付が必要となります。
   書類の提出または提示がない場合には、扶養控除等の適用はできません。また、国外に居住する親族(被扶養者)複数人分の扶養控除等の適用を受けたい場合には、対象人数分の書類を提出又は提示する必要がありますので、ご注意ください。


※「親族関係書類」「送金関係書類」いずれも日本語での翻訳文も必要です。

この記事に関するお問い合わせ 財務部 市民税課
電話番号:042-973-2115 ファクス番号:042-986-5084

お問い合わせ