健康・福祉・医療

埼玉県内のインフルエンザ患者報告数が過去最高値になりました

公開日:2019年01月30日

印刷する
インフルエンザ

インフルエンザの流行警報

 埼玉県内の今シーズンのインフルエンザについては、1月16日に流行警報が発令され注意喚起されてきました。

 1月27日までの1医療機関(定点)当たりの報告数が84.09人となり、平成11年の調査開始以来、過去最高値となっています。
 埼玉県では今回の事態を受け、改めて、より一層の対応を強化していただくよう感染防止の特別警戒を呼び掛けています。
 なお本日までに飯能市内小中学校では、インフルエンザによる学級閉鎖が29学級出ています。

 インフルエンザの感染を予防するためには、「咳エチケット、手洗いの励行、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取」がポイントです。
 ご家庭、職場でインフルエンザの感染予防に取り組みましょう。


<参考情報>

埼玉県感染症情報センターホームページ「インフルエンザ流行情報」

埼玉県保健医療政策課ホームページ「インフルエンザ」

厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 健康づくり支援課
電話番号:042-974-3488 ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ