暮らし・生活

不法投棄を未然に防ぐために

公開日:2020年04月02日

印刷する

不法投棄を未然に防ぐために

飯能市は、市域の約76%が森林であり恵まれた自然環境の中で発展してきました。しかし、一部の心ない人による廃棄物の不法投棄は依然としてなくならず、飯能市の財産である美しい緑と清流への影響が懸念されております。
不法投棄される廃棄物の種類は、テレビや洗濯機などの家電製品をはじめ、家具類や自転車あるいはタイヤ類などさまざまです。 飯能市の自然環境や生活環境の保全のため、資源循環推進課では、不法投棄防止対策を実施しています。
市民の皆さんには地域の目となっていただき、不法投棄を発生させない環境づくりにご協力をお願いします。

不法投棄に対する罰則

廃棄物の不法投棄は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されており、罰則規定が設けられています。違反すると不法投棄をした者は投棄した廃棄物の撤去を求められるとともに、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科せられます。また、法人の業務に関して不法投棄をした場合は、3億円以下の罰金が科せられます。

不法投棄されない環境づくり

所有する土地の雑草をこまめに刈ったり、樹木のせん定をしたり、土地に柵を設けたりすることも不法投棄を防ぐ方法の一つです。市民の皆さんひとりひとりのご協力をお願いします。

不法投棄を発見したら

不法投棄の現場を発見した場合は、資源循環推進課(飯能市クリーンセンター内)または飯能警察署生活安全課へ連絡をお願いします。

私有地に不法投棄された場合

私道や私有地に廃棄物を不法投棄された場合、基本的に、投棄物は所有者(管理者)が処理をすることになります。投棄物を処理するための費用は所有者の負担になりますので、不法投棄未然防止のため私有地を管理されている方は、土地の適正な管理にご協力いただき、不法投棄されない環境づくりが大切となります。

不法投棄に対する市の取り組み

不法投棄監視パトロール

不法投棄防止パトロール員により、不法投棄されやすい地域を中心に市内のパトロールを実施しています。不法投棄を発見した場合は、飯能警察署と連携しています。

監視カメラ・不法投棄防止看板の設置

不法投棄防止看板の設置
特に不法投棄が多くみられる場所には、不法投棄防止看板を設置するほか、移動式不法投棄監視カメラシステムの運用をしています。
※不法投棄防止看板の設置・配布をご希望の場合は、資源循環推進課(飯能市クリーンセンター内)へご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ 産業環境部 資源循環推進課
電話番号:042-973-1010 ファクス番号:042-973-1002

お問い合わせ