健康・福祉・医療

後期高齢者医療制度

公開日:2020年05月07日

印刷する

後期高齢者医療制度について

運営のしくみ

 この制度は、埼玉県内の全市町村で構成する『埼玉県後期高齢者医療広域連合』が運営の主体となり、保険料の決定、保険証の交付、医療を受けたときの給付などを行います。
 市役所では、保険料の徴収、各種申請・届出の受付、保険証の引渡し等、被保険者のみなさんにとって身近な窓口業務を行います。

埼玉県後期高齢者医療広域連合について

この制度の運営主体である『埼玉県後期高齢者医療広域連合』については、こちらのホームページをご覧ください。

対象者

1. 75歳以上の方(加入している国民健康保険、健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合等を脱退していただき、すべて後期高齢者医療制度に移行します)
2. 一定の障がいがある方で埼玉県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた65歳以上75歳未満の方(加入は任意ですが、加入する場合は申請が必要となります)

対象となる日

・75歳の誕生日から
・75歳以上の方が転入、又は、資格を取得された日から
・65歳以上75歳未満の一定の障がいのある方が申請して、埼玉県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた日から

被保険者証(保険証)の交付

後期高齢者医療制度の被保険者には、1人につき1枚です。
これから75歳になられる方については、誕生日までに送付いたします。

医療機関にかかるとき

保険証を病院に提示し、かかった医療費の一部(1割。ただし、現役並み所得者は3割)を負担していただきます。

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 保険年金課
電話番号:042-973-2117 ファクス番号:042-973-2120

お問い合わせ