暮らし・生活

警戒レベルを用いた避難情報等の発令について

公開日:2019年07月01日

印刷する
 西日本における平成30年7月豪雨では、避難情報や警報、土砂災害警戒情報などの防災気象情報が発信されましたが、その危険性が十分に理解されず、多くの人が情報を活用できない状況でした。
 国ではこの教訓を踏まえ、住民が情報の意味を直感的に理解できるよう、避難情報や防災気象情報を5段階に分けて、住民の避難行動を強く促す「警戒レベル」の運用を始めました。今後、警戒レベルに基づく避難情報などを市が発令した場合は、下の表に基づく行動を取ってください。
<避難情報等><防災気象情報>
警戒レベル市民に行動を促す情報、避難情報など発令者取るべき行動警戒レベル相当情報
(例)
発令者
5災害発生情報
※可能な範囲で発令
市が発令すでに災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動を取りましょう。
警戒レベル5相当情報
・大雨特別警報 等
国土交通省

気象庁

埼玉県
4
(全員避難)
「避難指示(緊急)」
※緊急的または避難勧告発令後に避難情報を促す場合などに発令
「避難勧告」
速やかに避難先に避難しましょう。
公的な避難所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所に避難しましょう。
警戒レベル4相当情報
・土砂災害警戒情報 等
3
(高齢者などは避難)
「避難準備・高齢者等避難開始」避難に時間がかかる高齢者の方や障害のある方、乳幼児などとその支援者は避難をはじめましょう。
その他の方は避難の準備をしましょう。
警戒レベル3相当情報
・大雨警報(土砂災害) 等
2大雨注意報 等気象庁が発表避難に備え、ハザードマップなどで自分の避難行動を確認しましょう。※これらは、住民の皆さんが自主的に避難行動を取るために参考とする情報です。
1早期注意情報災害への心構えを高めましょう。

※市は、様々な情報をもとに、避難情報を発令する判断を行なうことから、必ずしも防災気象情報と同レベルの避難情報が、同時に発令されるわけではありません。

※避難情報などが発令されていない場合でも、防災気象情報などを参考に、身の危険を感じた場合は避難してください。

《放送例》 ○○地区に土砂災害に関する警戒レベル3、「避難準備・高齢者等避難開始」を発令しました。

≪参考資料≫

◆警戒レベルに関するチラシ
警戒レベルに関するチラシ

警戒レベルに関するチラシ(ファイル名:15485066b7eb2.pdf サイズ:7261.01KB)

≪関連リンク≫

【内閣府】避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日)


【気象庁】防災気象情報と警戒レベルとの対応について

≪飯能市の避難情報伝達手段≫

◇防災行政無線


◇エリアメール・緊急速報メール


◇飯能市メール配信サービス


◇飯能市(防災)ツイッター


◇Yahoo!防災速報

この記事に関するお問い合わせ 危機管理室
電話番号:042-973-2723 ファクス番号:042-972-8455

お問い合わせ