暮らし・生活

マイナンバーカード(個人番号カード)について(申請・交付)

公開日:2020年06月22日

印刷する

■個人番号カードとは

マイナンバーカード画像イメージ
個人番号カード(以下、「マイナンバーカード」という。)は、表面に氏名、住所、生年月日、性別、有効期限、本人の顔写真が表示され、裏面に氏名、生年月日、12桁の個人番号(以下、「マイナンバー」という。)が記載されたプラスチック製のICカードです。

■マイナンバーカードの使用用途

・マイナンバーの証明
マイナンバーの提示が必要な場面で、マイナンバーを証明する書類として利用できます。マイナンバーカードには、氏名・住所・生年月日・性別・顔写真・マイナンバー等が記載されており、本人確認とマイナンバーの確認が可能です。
・コンビニで各種証明書の取得
本市では令和元年度にマイナンバーカードを使って全国のコンビニエンスストアで住民票の写し等の証明書を取得できるサービスを開始しました。詳細につきましては、こちら(証明書等コンビニ交付サービスについて)をご覧ください。
・e-Tax(国税電子申告・納税システム)の利用
マイナンバーカードに格納されている署名用電子証明書を使って、e-Tax(国税電子申告・納税システム)の電子申請に利用することができます。詳細につきましては「【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)」http://www.e-tax.nta.go.jp/をご覧ください。

・マイナポイントを活用した消費活性化策について

国による消費税率の引き上げに伴う消費活性化策として、マイナポイント事業が令和2年9月から令和3年3月まで実施されます。

詳細につきましては、こちら(マイナポイントを活用した消費活性化策について)をご覧ください。
*この他、健康保険証としての利用など様々な利活用が予定されています。

■マイナンバーカード交付の手順

申請から交付までの手順は以下のとおりです。
1.申請
2.交付通知(マイナンバーカードの交付準備が整った方から順次送付します。)
3.交付日時(受取日時)の予約
4.交付(受取)

■1.申請

申請先及びカードの作成は「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)」となります。
スマートフォンや自宅のパソコンでの申請のほか、郵送、まちなかの証明写真機からも申請できます。

(1)スマートフォンで申請

スマートフォンを使用し、その場で顔写真を撮影し申請できます。平成27年10月頃郵送されている「マイナンバー(個人番号)のお知らせ」に同封されている「通知カード」下にある交付申請書の二次元コード(QRコード)、申請書IDをご用意いただき、QRコードを読み取り、申請用WEBサイトにて案内に従って申請してください。申請書IDのほか、メールアドレスを登録し、登録したメールアドレス宛に通知される申請者用のWEBサイトにアクセスして申請します。

(2)パソコンで申請

デジタルカメラ等で撮影した顔写真を使って自宅のパソコンから申請できます。申請用WEBサイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-pc/)にアクセス後、「オンライン申請用サイトはこちら」をクリックして申請してください。(そのURLが真正であることを必ず確認してください。地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のホームページで申請します。)

申請手順はスマートフォンでの申請とほぼ同様です。同じメールアドレスで複数人の申請も可能です。

(3)郵送で申請

「通知カード」から申請書を切り離し、本人の顔写真(縦4.5cm、横3.5cmで6か月以内に撮影したもの)を貼り、署名押印のうえ、同封の返信用封筒で地方公共団体情報システム機構(J-LIS)宛に送付する申請方法です。同封の返信用封筒は差出有効期間が切れていますが、令和4年5月31日まで使用できます。返信用封筒をお持ちでない場合は、申請用WEBサイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-yubin/)の「郵便による申請方法 個人番号カード交付申請書について」から宛名用紙が印刷できますので、お手持ちの封筒に貼って申請してください。

(4)まちなかの証明写真機で申請

マイナンバーカードの申請が可能な自動証明写真機に申請書を持参のうえ、顔写真を撮影して申請してください。
*市内の「まちなかの証明写真機」は、飯能郵便局、ヤオコー飯能店、ベルク緑町店、ファミリーマート飯能青木店、マツモトキヨシ コピオ飯能新光店の5店舗です。

*写真の撮影は有料です。


■マイナンバーカード交付申請書の再発行について

「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」を紛失した場合や、住所・氏名などの変更により通知カードに同封された同申請書が使用できなくなった場合、飯能市在住の方は市民課で住所・氏名等が印字された「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」を交付することができます。
●申請できる方…本人または同一世帯員
●申請に必要なもの…本人確認書類(例:運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、介護保険証等のうち1点)

■2.交付通知

マイナンバーカードの交付準備が整いましたら、飯能市役所から交付のお知らせが郵送されます(申請から1か月から1か月半程度かかります)。通知書が届きましたら、電話またはインターネットで受取日を予約していただきます。通知書に受取方法や必要書類等についてご案内いたしますので必ずご確認ください。

■3.交付日時(受取日時)の予約

マイナンバーカードの受取日時を事前に予約します。
*交付のお知らせを受け取る前に予約はできません。


■受取日時について

 平日:午前9時から午後5時まで
 *休日の臨時窓口開設日はこちらをご覧ください。


■受取場所について

 飯能市役所本庁舎1階 市民課窓口


■予約方法

1 電話でのご予約

  予約専用電話番号 042-978-9951
  予約専用電話の受付時間 平日(月曜から金曜)午前8時30分~午後5時15分


2 インターネットでのご予約はこちら(外部リンク・24時間受付)

  新規ウィンドウで開きます 飯能市役所個人番号カード交付予約受付システム


■個人番号カード交付予約システムの障害解消のお知らせ

 令和2年7月21日午前10時現在に発生した個人番号カード交付予約受付システムの障害について、7月27日午前8時に解消しました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。


~インターネットでのご予約の注意事項~

・ご予約にはIDとパスワードが必要です。ID及びパスワードが発券されていない方は予約専用電話にご連絡ください。ID及びパスワードを郵送いたします。

・インターネットでのご予約は平日の受取の予約が可能です。(休日の臨時窓口開設日の予約はできません。)

・インターネットでの予約は2営業日前まで予約を受け付けします。当日、前日の受け取りを希望される方は予約専用電話にご連絡ください。

■4.交付

予約した日時に飯能市役所市民課窓口でカードを交付します。必要な持ち物をお持ちになり、市民課へご本人がお越しください(15歳未満の方及び成年被後見人の方がご本人の場合、法定代理人に対して交付されますが、申請者ご本人も同伴してください。また、ご本人及び代理人の本人確認書類及び法定代理人であることを証明する書類が必要です。(2)代理人の方が受け取る場合を参照してください)。本人確認及びご用意いただいた書類の確認を行い、ご本人に暗証番号の入力をしていただきます。手続き完了まで20分から30分ほど時間がかかります。

■受取りの際に必要な物

(1)本人が受け取る場合

個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書回答書、委任状、暗証番号が記入済で、暗証番号欄の上に目隠しシールが貼付されているもの
通知カード紛失された方は、交付当日に職員にお伝えください
住民基本台帳カード交付を受けている方のみ
ご本人の本人確認書類Aを1点またはBを2点
*詳細は「本人確認書類一覧」をご覧ください。
*法定代理人(成年後見人や15歳未満の本人の親権者の方)が本人と共に来庁し、受け取る場合…①~④までの書類及び⑥~⑦の書類の他、申請者本人の同行が必要です。「本籍地が飯能市の場合」または「ご本人が15歳未満の方で、代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合」については、法定代理人であることを証する書類は不要です。

(2)代理人が受け取る場合

・マイナンバーカードの受取りには、原則として申請者本人にお越しいただく必要があります。代理人受取りは回復に長時間を要する病気やけがなど、ご本人が病気・身体の障害、その他やむを得ない理由によりお越しになることが難しい場合に限られます。
・仕事や学業が多忙なため来庁できないといった理由はやむを得ない理由と認められておらず、委任を行うことができません。
・申請者本人が顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合には、代理人による受取りはできません。

A.法定代理人の方が受け取る場合(本人が来庁できない場合)

①~③までの書類
ご本人の本人確認書類Aを2点またはAとBをそれぞれ1点ずつ、またはBを3点(Bを3点の場合は顔写真つきのものを1点以上)
*詳細は次ページ「本人確認書類一覧」をご覧ください。
代理人の本人確認書類Aを1点またはBを2点
法定代理人であることを証する書類ご本人の戸籍謄本、後見人の登記事項証明書など

B.任意代理人(法定代理人以外の代理人)が受け取る場合

①~③までの書類及び⑤⑦の書類
任意代理人の本人確認書類Aを2点またはAとBをそれぞれ1点ずつ
本人が出頭困難であることを証する書類入院証明書、診断書、本人の障害者手帳、本人が施設に入所している事を証する書類など
本人確認書類一覧
A書類運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳、一時庇護許可証または仮滞在許可証、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
B書類健康保険・介護保険・後期高齢者医療の被保険者証、医療受給者証、各種年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、官公庁発行の身分証明書、民間企業の社員証(顔写真付き)、学生証(顔写真付き)等「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されているものに限ります。

■暗証番号の設定

マイナンバーカードには、4種類の暗証番号の設定が必要です。当日の交付をスムーズに行うことができますので、事前にお考えのうえご来庁ください。
暗証番号の種類利用できる文字ケタ数用途
署名用電子証明書6ケタ以上16ケタ以下英字(大文字)と数字の組み合わせインターネットにおける電子文書の作成・送信に利用
(e-Taxやオンライン取引など)
利用者証明用電子証明書数字4ケタ
すべて同じ暗証番号を設定することができます
コンビニエンスストアでの住民票の写し等の交付やマイナポータルで利用
住民基本台帳用数字4ケタ券面事項変更時に住民票コードを確認するために利用
券面事項入力補助用すべて同じ暗証番号を設定することができます券面事項変更時に個人識別情報等を確認するために利用
*申請時に希望されなかった場合には、署名用電子証明書の暗証番号の設定は不要です。

■マイナンバーカードの有効期限

マイナンバーカードの表面に印字されます。
・20歳未満の場合は、発行から5回目の誕生日まで
・20歳以上の場合は、発行から10回目の誕生日まで
*マイナンバーカードが発行された時点で20歳以上の場合は、発行か ら10回目の誕生日までの有効期限となります。


〈電子証明書の有効期間と更新〉
① 電子証明書の有効期間は、原則として発行の日後5回目の誕生日までとなります。ただし、個人番号カードの有効期間が満了した場合、電子証明書の有効期間も切れることになります。有効期間についてはカードの表面に記載されています。(署名用電子証明書については、15歳未満の方、成年被後見人の方には原則発行されません。)
② 電子証明書は、有効期間の満了の3ヶ月前より更新を行うことができます。市民課の窓口で申請して下さい。(事前予約制です)


この記事に関するお問い合わせ 市民生活部 市民課
電話番号:042-973-2112 ファクス番号:042-974-0044

お問い合わせ