暮らし・生活

歩行中のスマートフォン操作は、大変危険です!

公開日:2019年10月01日

印刷する

歩行中のスマートフォン操作は、大変危険です!

 「歩きスマホ」は、視野が極端に狭くなり、認知・判断のスピードが遅くなるなど、自分自身が思っている以上に危険な行為です。
 相手にけがを負わせた場合は、過失傷害罪などに問われたり、被害者から損害賠償を求められたりすることもあります。

 スマートフォンや携帯電話を使うときは、周囲を確認しながら立ち止まり、通行の妨げにならない安全な場所で操作しましょう。
 

 また、自転車を含め、車両を運転する際にスマートフォン等を操作することは、道路交通法の違反となります。
 歩行中も含め、交通ルールやマナーを守り、交通事故に遭わないよう、また起こさないようにしましょう。

この記事に関するお問い合わせ 市民生活部 生活安全課
電話番号:042-973-2126 ファクス番号:042-972-8455

お問い合わせ