暮らし・生活

令和元年台風19号により被災した住宅の応急修理について

公開日:2019年11月22日

印刷する
 災害救助法に基づき、令和元年台風19号による被害を受けた住宅のうち、罹災証明書により「大規模半壊」と判定された住宅、又は「半壊」「一部損壊(準半壊)」と判定された住宅で、自らの資力では修理できない世帯等を対象に、一定の金額の範囲内で応急修理を支援します。
 ご希望の方は、下記の条件等をご確認の上、担当課までご相談ください。

対象者

 次のすべての条件を満たす方
(1) 飯能市内に在住であること
(2) 応急修理をすることによって、避難所等への避難を要さなくなると見込まれること
(3) 居住していた住宅が「大規模半壊」、「半壊」、「一部損壊(準半壊)」のいずれかであり、罹災証明書で確認できること


※被害状況や修理箇所によっては、本制度の対象とならない場合があります。
※「全壊」でも応急修理することで居住が可能となる場合は、対象となる場合があります。
※「半壊」及び「一部損壊(準半壊)」については、自ら応急修理する資力がない場合が対象となります。
※「一部損壊(10%未満)」は対象となりません。被害の程度については、罹災証明書により判断します。

対象範囲・箇所

 屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に必要不可欠な部分であって、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所について、実施します。
 そのため、内装に関するもの(例えば、畳のみや壁紙のみ)は原則として対象外となります。また、電化製品は対象外です。
 詳しくは、「住宅の応急修理にかかる工事例」を参照してください。

限度額

・大規模半壊、半壊の場合:1世帯当たり 595,000円(消費税込み)以内
・一部損壊(準半壊)の場合:1世帯当たり 300,000円(消費税込み)以内


※同一住戸に2世帯以上いる場合も1世帯とみなします。
※原材料費、労務費及び修理事務費等一切の経費を含みます。
※制度の対象外となる修理箇所や限度額を超える部分の費用は自己負担となります。
※申請者への支払いは行いません。市が施工業者へ直接支払います。

その他

 応急修理には完了期限がありますので、ご相談ください。


 詳細については、下記をご覧ください。

令和元年台風19号における住宅の応急修理実施要領(ファイル名:17498a44841c3.pdf サイズ:128.42KB)住宅の応急修理対象範囲(ファイル名:17499a6849602.pdf サイズ:170.88KB)


 その他の台風19号被害に関する相談については、下記をご覧ください。

台風19号被害に関する総合相談窓口について

受付・お問い合せ

担当:建設部建築課営繕担当(市役所本庁舎2階)
時間:開庁日の8時30分から17時15分
電話:042-973-2111(内線253・254)
FAX:042-974-6770

この記事に関するお問い合わせ 建設部 建築課
電話番号:042-973-2170 ファクス番号:042-974-6770

お問い合わせ