市政情報

在外選挙制度

公開日:2020年03月04日

印刷する

在外選挙制度とは

外国に居住している日本国籍をお持ちの方で、一定の要件を満たし、所定の手続きを行えば、在外公館や郵送等で投票できる制度です。

対象となる選挙

衆議院議員及び参議院議員の選挙で、地方選挙は対象となっていません。

在外投票ができる方

年齢満18歳以上の日本国籍をお持ちの方で、在外選挙人名簿に登録されている方が対象となります。

ただし、公民権が停止されている方は、対象となりません。

在外選挙人名簿の登録手続

在外投票を行うには、在外選挙人名簿に登録されていることが必要です。
在外選挙人名簿への登録申請は、「出国時申請」、「在外公館申請」の2通りの方法があります。

(1)出国時申請

国外へ転出する際に、市区町村の選挙管理委員会で申請する方法

(2)在外公館申請

国外へ転出した後に、その国外の住所を管轄する日本大使館・総領事館(出張駐在官事務所を含む。)で申請する方法

登録申請の詳細については、下記のPDFファイルをご覧ください。

総務省「在外選挙制度 リーフレット 登録申請」(ファイル名:18677123aacfb.pdf サイズ:668.85KB)

在外選挙人証の受領

在外選挙人名簿に登録されると、在外選挙人証が登録地の選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。在外選挙人証は在留地における住所地での受領のほか、登録申請時に希望した場合には、在留届の「在留地の緊急連絡先」欄に記載されている場所でも受領することが可能です。
※在外選挙人証は、投票する都度提示していただくものです。大切に保管してください。

投票の方法

在外選挙の投票方法には、「在外公館投票」、「郵便等による在外投票」、「日本国内における投票」の3通りあります。

(1)在外公館投票

直接日本大使館・総領事館(出張駐在官事務所を含む。)に出向いて、「在外選挙人証」と「旅券」等の身分証明書を提示して投票を行うことができます。
※最寄りの日本大使館、総領事館が在外公館投票を実施するか否かは直接問い合わせるか、外務省のホームページでご確認ください。

(2)郵便等による在外投票

登録先の選挙管理委員会に対して、「在外選挙人証」と「投票用紙等請求書」を送付の上、投票用紙等の交付請求を行い、入手後に同用紙に記入の上、再び登録先の選挙管理委員会へ郵送することで投票を行うことができます。

(3)日本国内における投票

一時帰国した場合や、帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間、在外選挙人証を提示し、国内の投票方法(当日投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票を行うことができます。

投票方法の詳細については、下記のPDFファイルをご覧ください。

総務省「在外選挙制度 リーフレット 投票方法」(ファイル名:186784b3196c7.pdf サイズ:664.48KB)

在外選挙人名簿の登録の抹消

在外選挙人名簿に登録されたのち、日本国籍を失ったり、国内の市区町村で新たに住所を定めて4か月を経過したりすると、在外選挙人名簿から抹消されます。

このとき、お手元の在外選挙人証は、登録地の選挙管理委員会に返却する必要があります。

この記事に関するお問い合わせ 選挙管理委員会
電話番号:042-973-2111(代表) ファクス番号:042-974-0044

お問い合わせ