健康・福祉・医療

医療費を大切に使いましょう

公開日:2017年02月09日

印刷する
 飯能市の国民健康保険が負担する医療費(保険給付費)は、年々増加しており、今や1週間に1億円以上かかっている状況です。
 加入者1人ひとりが、日頃から健康に気を付けて生活していただくことが、医療費の適正化につながっていきます。
 国民健康保険に加入されている皆さんが、安心して医療を受けられる制度を維持していくため、ご理解とご協力をお願いします。

健康づくりの輪を広げましょう!

* 運動や食事のバランスに気を付け、日頃から健康への意識を持ちましょう。

特定健康診査を活用しましょう!

* 1年度に1回、特定健康診査を受けましょう。費用は無料です。

  対象者……国民健康保険に加入している40歳から74歳までの方

  費用………無料(1年度に1回)

  検査内容…血圧測定、血液検査、尿検査、問診など

  申込方法…対象者には、年度初めに受診券をお送りしています。市指定の医療機関の中から、希望の医療機関に予約してください。ただし、同じ年度に人間ドックを受ける方は受診できません。(特定健康診査の検査項目がすべて人間ドックに含まれているため。)

ジェネリック医薬品を活用しましょう!

*ジェネリック医薬品とは、低価格なのに、安全性や効き目は新薬と同等と厚生労働省が認めているお薬です。
費用は、平均で3割以上、中には5割以上安くなる場合もあります。
治療上、ジェネリック医薬品が適さない場合もありますので、まずは医師や薬剤師に相談してください。

【厚生労働省のジェネリック医薬品に関するサイト】

重複受診は控えましょう!

*自己判断で、複数の医療機関を掛け持ちすると、同じような検査を繰り返し、薬も二重、三重にもらうことになってしまいます。

   これは、医療費がかかるばかりでなく、体に負担もかかります。
   まずは、かかりつけ医に相談しましょう。 

医療費通知を確認しましょう!

*皆さんが医療を受けた場合、医療機関の窓口で支払っているのは、かかった費用の一部(1割~3割)で、残り(9割~7割)は、保険者である飯能市が負担しています。

 医療費に関心を持ち、どのくらいかかっているか確かめましょう。

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 保険年金課
電話番号:042-973-2117 ファクス番号:042-973-2120

お問い合わせ

国民健康保険