健康・福祉・医療

【重要】新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

公開日:2020年06月03日

印刷する

令和2年4月24日付で厚生労働省より発出された事務連絡を受け、埼玉県では以下の通り対応することといたします。


対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に手帳の有効期限を迎え、診断書の提出が必要な方

取り扱い

申請書の提出をもって、診断書の提出を猶予し、現在の障害等級のまま有効期間の更新ができます。(申請自体は必ず行う必要があります。)


診断書の提出を猶予した場合は、現に所持している手帳の有効期限の日から1年以内に診断書の提出が必要です。


後日提出の診断書に基づき再度等級を判定します。1年以内に提出がない場合、手帳は無効となりますのでご注意ください。


新規申請・等級変更申請、年金証書の写しを用いた更新申請については従来通りとなります。



【関連通知】


精神障害者保健福祉手帳の更新手続きのために医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診する方へ(令和2年5月15日:埼玉県立精神保健福祉センター)(ファイル名:19781574b7064.docx サイズ:17.45KB)

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 障害者福祉課
電話番号:042-986-5072 ファクス番号:042-986-5074

お問い合わせ