健康・福祉・医療

「新しい生活様式」を取り入れた熱中症予防行動について

公開日:2020年07月10日

印刷する

「新しい生活様式」を取り入れた熱中症予防行動のポイント

今年の夏は、感染防止の3つの基本である

①身体的距離の確保

②マスクの着用

③手洗い

と3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、熱中症対策を心掛けましょう。

①暑さを避けましょう

感染予防のため、窓の開放などにより換気をしながらエアコンを使用しましょう。

暑い日や時間帯は無理をせず、涼しい服装で過ごしましょう。梅雨明けなど急に暑くなった日は特に注意が必要です。

②適宜マスクをはずしましょう

マスク着用時は激しい運動や作業を避けましょう。

また屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できるときは、なるべくマスクをはずして過ごしましょう。

気温・湿度が高い中でのマスクの着用は要注意です。

③こまめに水分補給

のどが渇く前にこまめに水分補給をしましょう。

④日頃から健康管理をしましょう

体温測定、健康チェックをし、体調が悪い時は無理せず自宅などの涼しい場所で静養しましょう。

⑤暑さに備えた体づくりをしましょう

暑くなり始めの時期から、「やや暑い環境」で、「ややきつい」と感じる運動を毎日30分程度行いましょう。

高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分注意しましょう。

密集、密接、密閉を避けつつ周囲の方々からも積極的な声かけをお願いします。

熱中症×コロナ感染防止 表 厚生労働省
熱中症×コロナ 裏 厚生労働省

環境省熱中症予防情報サイト https://www.wbgt.env.go.jp/

環境省 厚生労働省熱中症予防啓発チラシhttps://www.env.go.jp/saigai/novel_coronavirus_2020/heat_illness_prevention_2020_leaflet.pdf

厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)
電話番号:042-974-3488 ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ