暮らし・生活

公共施設の利用時間の制限等について(令和3年4月16日)

公開日:2021年04月16日

印刷する

公共施設の利用時間の制限等について

本市の公共施設の夜間利用については、一部の施設において利用時間を制限しておりますが、埼玉県における4月1日以降の段階的緩和措置等の実施に伴い、令和3年4月21日(水)まで継続いたします。
利用される市民のみなさまには、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大を起こさないためにも、引き続き感染予防対策の徹底をお願いいたします。
なお、イベント等の開催基準については、国・埼玉県基準を準拠いたします。

期間

令和3年4月21日(水)まで

利用時間を制限する施設

施設名利用終了時間問い合わせ先
市民会館午後9時まで
(通常午後9時30分まで)
市民会館 
電話:972-3000
地区行政センター午後9時まで
(通常午後10時まで)
各地区行政センター

イベント等の開催基準(※国、埼玉県基準を準拠)

期間

令和3年4月21日(水)まで

開催基準

【上限人数】

収容定員が設定されている場合は、「5,000人又は収容定員の50%のいずれか大きい方」又は「10,000人」のいずれか小さい方を上限とする。なお、収容定員が設定されていない場合は、10,000人以下で開催すること。


【収容率】

上限人数要件に加え、大声での歓声、声援等が無いことを前提としうる場合、収容率の上限を100%とする。なお、大声での歓声、声援等が想定される催物については、収容率の50%以内とすること。

国通知

令和3年3月19日付け事務連絡:緊急事態宣言解除後の1都3県における催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について(ファイル名:23244eb3b4021.pdf サイズ:155.8KB)
令和3年3月5日付け事務連絡:緊急事態宣言延長後の催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項について(ファイル名:23110d08323e5.pdf サイズ:672.21KB)
令和3年2月26日付け事務連絡:3月1日以降の催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項について(ファイル名:2310271449ddb.pdf サイズ:1305.48KB)
令和3年2月4日付け事務連絡:緊急事態宣言に伴う催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について(ファイル名:2310125a030cf.pdf サイズ:1839.38KB)
令和2年11月12日付け事務連絡:来年2月末までの催物の開催制限、イベント等における感染拡大防止ガイドライン遵守徹底に向けた取組強化等について(ファイル名:231008b1c8272.pdf サイズ:3685.03KB)
令和2年9月11日付け事務連絡:11月末までの催物の開催制限等について(ファイル名:230992e3faba7.pdf サイズ:2120.87KB)


(厚生労働省)新型コロナウイルス接触確認アプリ
(埼玉県)LINEコロナお知らせシステム

『新しい生活様式“HANNOスタイル”』とは

 新型コロナウイルス感染拡大の防止と社会経済活動の維持の両立を持続的に可能としていくため、国では、「三つの密」の回避や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策の継続など、「新しい生活様式」の定着を提唱しています。
 本市においても、行政、観光・レジャー産業、交通事業者、飲食業などの民間事業者、福祉事業者、医療機関、地域住民が相互に連携しながら、感染リスクの低減、予防措置の徹底を図り、生活や事業活動、余暇、楽しみを享受できる環境を整備していく必要があります。
 そこで、これらの取組を定着させるための環境を整備し、持続可能な地域社会としていくことを「新しい生活様式“HANNOスタイル”」と呼び、市内外に提唱することで、住んで良かった、住み続けたい飯能市を実現します。

【留意事項】

1 イベント主催者等に対して、屋内での十分な換気と、接触感染、飛沫感染、マイクロ飛沫感染のリスクに応じた感染防止策、感染者の来場を防ぐ対策、感染発生時に感染可能性がある者を把握する仕組みの構築等を前提とする。


【接触感染】
・こまめな手洗いの励行
・出入口、トイレ等での手指消毒
・ウイルスが付着した可能性がある場所の消毒
・人と人とが触れ合わない距離の確保
・混雑時の身体的距離を確保した誘導


【飛沫感染】
・マスクの着用(飛沫の飛散は相当程度抑制可能)
・演者が発生する場合には、舞台から観客の間隔を2m確保
・劇場・ホール内での食事は長時間マスクを外すことが想定され、隣席への飛沫感染のリスクを高めるため自粛を促す
・混雑時の身体的距離を確保した誘導


【マイクロ飛沫感染】
・大声を伴うイベントでは隣席との身体的距離の確保
・同一の観客グループ内は座席を空けず、グループ間は1席(立席の場合は1m)空ける
・微細な飛沫が密集し、感染が発生することを避けるため換気を強化


2 この基準については、今後の感染状況に応じて、適宜、見直すこととする。

この記事に関するお問い合わせ 危機管理室
電話番号:042-973-2723 ファクス番号:042-972-8455

お問い合わせ