健康・福祉・医療

予防接種は遅らせずに予定どおり受けましょう!

公開日:2020年06月09日

印刷する

新型コロナウイルス感染症が気になる保護者の方へ

 予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢をもとに決められています。

 生後2か月から予防接種を受けることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るために、とても大切です。

 また予防接種を遅らせることで、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になる可能性が高まりますので、予防接種は早めに受けましょう。


 医療機関では換気や消毒、接種を行う時間や場所に配慮するなど新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に努めています。

 また予約が必要な場合がありますので、事前に医療機関に連絡をしてから行きましょう。


 詳しい内容は厚生労働省ホームページをご参照ください。

 

 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診 【厚生労働省ホームページ】

 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11592.html



夢馬 (注射)

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)
電話番号:042-974-3488 ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ