健康・福祉・医療

2020年プランター栽培中のアレやコレや

公開日:2020年07月16日

印刷する

栽培中のポイント

栽培中にやってみたこと・気づいたこと・知ったことの記録

 

   →手軽にできるプランター栽培≪2020年夏野菜編≫


   →手軽にできるプランター栽培≪2020年夏野菜編Part2≫

ナス

長方形のプランターに2本植えた。

成長に合わせて初めに立てた支柱から、長い支柱へと差し替えた。

苗の成長が著しい期間は、花や実は早めに採る。(一番花・一番果と呼ばれるもの)

ピーマン

虫がつきやすいので防虫ネットなどをかけたほうがいいらしいので、余っていた寒さ除けの布で防虫対策。

グングン成長して空間が狭くなったので、上から覆うのをやめて、支柱を増やし巻き付けるようにして空間を広げた。

トマト

初めてGw前に植え付けができた。今までになく非常に生育がよく、植え付けの時期は重要だなぁと感じた。5月中旬までには植えるのが良さそう。

暑さに強い、水やりは少なくという情報を読むが、育ててみると猛暑や酷暑は苦手、土の量にもよるが水やりを好み、案外繊細なんだと感じる。

あまりにも豊かに成長し仕立てをどうするかとても悩んだ。せっかく育った枝を切るのがかわいそうだったりもったいなかったりで、1つは3本立てに、もう1つは4本立てにしたが、結果は3本立てまでが限度だった。(10号鉢を使用)

4本立てにしたほうは、朝水やりをしても14時くらいには萎れてしまうことがあった。茎も太くなっていてダメージが心配だったが思い切って1本切ってからは、一日持つようになった。

植え付けの時期、仕立ての時期ともにやりやすい時期にできると上手に育つようだ。

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)
電話番号:042-974-3488 ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ

お知らせ