健康・福祉・医療

未熟児養育医療給付制度

公開日:2018年03月12日

印刷する

未熟児養育医療給付制度

身体の発育が未熟なまま生まれた新生児が、指定医療機関に入院した場合、その医療費(保険適用分)の自己負担分を、市が保護者に代わって支払う制度です。(ただし、光熱費、おむつ代等、保険適用外については全額自己負担になります。) 


*指定医療機関についてご不明な場合は、健康づくり支援課(保健センター内)までお問い合わせください。

対象者

次のいずれかに当てはまり、指定養育医療機関に入院して養育を受ける必要がある飯能市在住の乳児です。
1. 出生時体重が2,000グラム以下であること。
2. 生活力が特に薄弱であって、医師が入院養育の必要があると認めたこと。


*出生時から継続している入院治療に限ります。

申請について

生後2週間以内にご申請ください。


*提出書類等について説明いたしますので、医療機関から申請についてお話がありましたら、健康づくり支援課(保健センター内)までご連絡ください。

申請窓口

健康づくり支援課(保健センター内)

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)
電話番号:042-974-3488 ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ