暮らし・生活

精明地区、加治地区で新たな移動手段の検討をしています

公開日:2020年11月24日

印刷する
少子高齢化が進む現在、車を運転できない高齢者、運転免許を返納した方の移動手段の確保が問題となっています。飯能市では「飯能市地域公共交通網形成計画」(平成30年策定)に基づき、暮らしを支える地域公共交通の実現を目指して、市内の公共交通が不十分な地域において地域・事業者・行政が協働して移動手段を「つくる」取組を進めています。

各地区の公共交通の現状

各地区の移動手段(公共交通)の現状、課題について、以下のとおり整理しています。


●精明地区  … 一部地域にバス路線はあるものの運行本数は極めて少なく、日常的なおでかけに不便な地域が拡がっている。

●加治地区  … 路線バスのバス停や鉄道駅から歩いて遠い地域が存在している。

●加治東地区 … 鉄道駅(元加治駅)からは比較的近い地域であるが、商業施設や病院が少なく、また鉄道で分断されており移動が不便である。 

 

これまでの検討会のまとめ

●第2回検討会(10月中旬開催)のまとめは以下をご確認ください。

1 精明地区第2回検討会(10月12日 精明地区行政センター)

精明地区みんなで考えようおでかけの足通信(第2号)(ファイル名:2177769da391c.pdf サイズ:3126.61KB)

2 加治地区第2回検討会(10月14日 加治地区行政センター)

加治地区みんなで考えようおでかけの足通信(第2号)(ファイル名:21775f0aca528.pdf サイズ:3242.61KB)

3 加治東地区第2回検討会(10月16日 加治東地区行政センター)

加治東地区みんなで考えようおでかけの足通信(第2号)(ファイル名:21776e17ef7d3.pdf サイズ:3289.48KB)


●第1回検討会(8月中旬開催)のまとめは以下をご確認ください。

1 加治地区第1回検討会(8月17日 加治地区行政センター)

加治地区みんなで考えようおでかけの足通信(第1号)(ファイル名:20945b60c7637.pdf サイズ:3320.35KB)

2 精明地区第1回検討会(8月18日 精明地区行政センター)

精明地区みんなで考えようおでかけの足通信(第1号)(ファイル名:20944a825ae6b.pdf サイズ:3062.25KB)

3 加治東地区第1回検討会(8月21日 加治東地区行政センター)

加治東地区みんなで考えようおでかけの足通信(第1号)(ファイル名:20946d622bee6.pdf サイズ:3218.38KB)

各地区で第3回検討会を開催しました

第2回検討会でのご意見などをもとに修正した運行内容について、各地区での第3回検討会でお示ししました。実証運行開始前の最後の検討会です。
検討会写真

運行形態(最終案)

1 対象誰でも利用可能(自分で乗り降りできる方)
2 車両10人乗りワゴン車(9人乗車可能)
・満車の場合は、後続車両を手配することで対応します。
・車両にはラッピングを施します!デザインは乞うご期待!
3 運賃200円(1回の乗車で一律)
今後、割引制度を検討します。
4 運行日週3日(月・水・金)
5 系統数3系統
(1)精明西コース 約11km・約35分・1日2便
(2)精明東コース 約18km・約60分・1日2便
(3)加治コース  約13km・約45分・1日4便
6 運行時間午前9時台~午後4時台
7 運行者交通事業者
8 運行開始日令和3年3月中旬から実証運行開始予定
令和3年10月から本格運行開始予定
※車いす利用者の方のご利用は、事前連絡が必要です。

ルート・停留所(最終案)

運行ルートと時刻表の最終案について、以下のとおりお示ししました。


ルート・停留所(最終案)

・停留所の名称は変更になる可能性があります。

・今後、ルート案をもとに停留所の設置について警察等との協議を進めます。協議の中で、停留所の設置ができないことがありますので、あらかじめご了承ください。

・岩沢地区内の道の狭あいな地域への運行については、検討会などを通して多くのご意見をいただきましたが、区画整理事業による道路の開通状況を見ながら、今後検討していくものとします。

時刻表案

第3回検討会のまとめ

第3回検討会のまとめは以下をご確認ください。

精明地区・加治地区・加治東地区みんなで考えようおでかけの足通信(第3号)(ファイル名:2177814f39ed8.pdf サイズ:3619.92KB)

今後のスケジュール

ルートや運賃などの運行形態について、来年3月中旬の実証運行開始に向けて、これから具体的な手続きを進めていきます。いよいよ実証運行に向けての最終段階になりますが、運行開始がゴールではありません。大切なことは、このワゴンの運行が長く続くように「まもって、育てていく」ことです。そのためには、地域の皆さんでのこれからの取組や利用が欠かせません。引き続きご協力よろしくお願いします。


●今後の予定(令和2年12月以降)

・警察などとのルート、停留所の協議、決定

・割引制度の継続検討

・運行事業者の決定

・運行内容についての諮問、届出、各種手続き

・実証運行確定内容の周知、ワゴンの愛称募集


この記事に関するお問い合わせ 市民生活部 生活安全課 交通政策室
電話番号:042-973-2126 ファクス番号:042-972-8455

お問い合わせ