子育て・教育

奨学金貸与制度(入学一時金、修学金)

公開日:2020年10月19日

印刷する
飯能市奨学資金貸与制度は、経済的な理由で進学または修学が困難な方に、奨学金をお貸しする制度です。

入学一時金(入学時に必要な資金の貸与)

1.対象となる方

市内に居住する世帯の子どもなどで、次のいずれにも該当する方

1.在学学校長または最終卒業学校長が推薦した者で、学業優良、心身健全であること。

2.学校教育法に規定する大学、短期大学、専修学校(専門課程)、各種学校(高等学校卒業または同等以上の学業を入学条件とするもの)のいずれかに翌年度入学予定であること。

3. 学資の支出が困難であること。(※所得基準により審査があります。)

4.原則として市内に居住する確実な連帯保証人(2人)があること。
※1人は申請者の父・母、もしくは兄・姉またはこれに代わる方です。もう1人は、同居の親族以外の方で、市内に居住し、返済能力を有する方です。

2.貸与額

20万円以内
※ 無利息です。

3.貸与方法

貸与決定後、2~3週間程度で奨学生名義の指定口座へ振り込みます。
ただし、奨学生としての資格を失った場合などは、貸与が取り消されます。また、奨学金を必要としなくなった場合は、辞退することができます。

4.貸与までの流れ

1.仮申請及び面談
 進学先が未定でも申請可能です。また、申請時に奨学生候補者として面談を実施します。
2.仮決定
 進学先が決定した場合の貸与・不貸与について、教育委員会が決定します。
3.合格(本申請)
 合格通知の提出をもって、正式な申請となります。
4.結果通知
 貸与・不貸与についての通知をします。
5.貸与
 奨学生名義の口座へ振り込みます。

5.返還方法

貸与終了後(修学期間を終了する月の翌月以降)は、借り受けた奨学金の全額を返還していただきます。 
返還は、貸与終了後初年度から開始し、10年以内に完了していただきます。年1回の均等年賦返還です。

6.その他

貸与に当たっては、所得制限等諸条件がありますので、詳しくは担当まで問い合わせてください。

修学金(在学中に必要な学資金の貸与)

1.対象となる方

市内に居住する世帯の子どもなどで、次のいずれにも該当する方

1.在学学校長または最終卒業学校長が推薦した者で、学業優良、心身健全であること。

2.学校教育法に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部を含む。)、高等専門学校、大学、短期大学、専修学校、各種学校のいずれかに入学決定または在学中であること

3. 学資の支出が困難であること。(※所得基準により審査があります。)

4.原則として市内に居住する確実な連帯保証人(2人)があること。

※1人は申請者の父・母、もしくは兄・姉またはこれに代わる方です。もう1人は、同居の親族以外の方で、市内に居住し、返済能力を有する方です。

2.貸与額

1.高等学校、専修学校(高等課程及び一般課程)、各種学校(以下(2)の対象となる各種学校以外のもの)、高等専門学校(第1~3学年)

 →月額2万円以内
2.大学、短期大学、専修学校(専門課程)、各種学校(高等学校卒業または同等以上の学業を入学条件とするもの)、高等専門学校(第4、5学年)

→月額3万円以内
※ 無利息です。

※ 「修学金特別交付願」の提出により、12ヶ月分を限度として、数ヶ月分をまとめて交付する制度もあります。

3.貸与期間

貸与決定後は、通常の修学期間終了まで奨学金の貸与を受けることができます。ただし、奨学生としての資格を失った場合などは、貸与が取り消されます。また、奨学金を必要としなくなった場合は、いつでも辞退することができます。

4.貸与方法

毎月、奨学生名義の指定口座への振り込みとなります。

5.返還方法

貸与終了後は、借り受けた奨学金の全額を返還していただきます。 
返還は、貸与終了後初年度から開始し、10年以内に完了していただきます。年1回の均等年賦返還です。

6.申請について

奨学生の募集(1次募集)は、例年2月から3月中旬にかけて行います。募集記事は広報はんのう〔2月1日号(予定)〕、市ホームページに掲載しますので、募集内容を確認の上、担当まで申請してください。

7.その他

貸与に当たっては、所得制限等諸条件がありますので、詳しくは担当まで問い合わせてください。

この記事に関するお問い合わせ 教育委員会 学校教育部 教育総務課
電話番号:042-973-3602 ファクス番号:042-971-2393

お問い合わせ