市政情報

【下水道】社会資本総合整備計画

公開日:2019年05月16日

印刷する
 本市では、下水道事業の推進を図るために策定している社会資本総合整備計画を更新しましたので公表します。

1.社会資本整備総合交付金とは

 「社会資本整備総合交付金」は、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として、平成22年度に国が創設しました。また、「社会資本整備総合交付金」に加え、地域のインフラ再構築や生活空間の安全確保の取組を集中的に支援する「防災・安全交付金」が平成24年度に創設されました。

2.社会資本総合整備計画とは

 「社会資本整備総合交付金」及び「防災・安全交付金」を充てて交付対象事業を実施しようとする地方公共団体等は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出するとともに、公表することとなっております。

3.計画一覧

①《社会資本総合整備計画》
  飯能市公共下水道
②《社会資本総合整備計画(防災・安全)(重点計画)》
  飯能市公共下水道強靭化計画

4.各計画の概要

①飯能市公共下水道

 計画の期間:平成27年度から平成31年度まで

 計画の目標:下水道整備推進により、都市の健全な発達、公衆衛生の向上及び公共用水域の水質保全に資する

 提出年月日:平成27年3月25日(最終変更:平成30年2月5日)


・公表資料


①整備計画書
①参考図面(汚水)
①参考図面(雨水)
①参考図面(地震対策)
①参考図面(ストックマネジメント)
①チェックシート

②飯能市公共下水道強靭化計画

 計画の期間:平成29年度から平成32年度まで

 計画の目標:大規模地震の発生に備え、強靭な下水道施設を整備し、飯能市浄化センターの処理機能を確保する。

 提出年月日:平成29年3月29日(最終変更:平成30年2月2日)


・公表資料
②整備計画書

②参考図面(地震対策)
②チェックシート
※事業の進捗、予算等により、計画は変更する場合があります。

5.社会資本総合整備計画の事後評価(過去に実施した計画)

 計画期間が終了した社会総合資本整備計画については、目標の達成状況や事業費等について事後評価を実施することが義務付けられています。下記に事後評価を実施した計画について記載いたします。

③安全で快適、便利なまちづくりの実現

 計画の期間:平成25年度から平成29年度まで

 計画の目標:下水道整備推進により、都市の健全な発達、公衆衛生の向上及び公共用水域の水質保全に資する

 提出年月日:平成25年3月29日(最終変更:平成28年3月29日)


 総事業費:約995百万円

 内交付金:約537百万円


・公表資料

③事後評価書

この記事に関するお問い合わせ 上下水道部 下水道課
電話番号:042-973-3433 ファクス番号:042-973-3651

お問い合わせ