健康・福祉・医療

民生委員・児童委員

公開日:2017年01月06日

印刷する

民生委員・児童委員とは

~住み慣れた地域で安心して暮らせるためのお手伝い~

民生委員・児童委員

 民生委員は、民生委員法に基づき、市民の皆さんが住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、皆さんの相談に応じたり、市(福祉事務所)を始め関係機関との調整を図るなど必要な支援を行っています。
 また、すべての民生委員は、児童福祉法により児童委員に充てられており、児童や妊産婦への援助も併せて行うこととなっています。

主任児童委員

 主任児童委員は、子どもや子育てに関する支援を専門に担当する民生委員・児童委員で、相談者の担当する地区の民生委員・児童委員や行政、学校等と連携して活動をしています。

あなたのお住まいの地区にも

 民生委員・児童委員は、市内で担当の区域を定めて活動しています。あなたのお住まいの地区にも民生委員・児童委員はいますので、お気軽にご相談ください。
 また、主任児童委員は、市内各地区民生委員児童委員協議会(12協議会)ごとに2名います。
※担当の民生委員・児童委員や主任児童委員がご不明の場合などは、担当まで問い合わせてください。
飯能市の委員定数(国基準により県知事が定める)
委員人数
民生委員・児童委員146名
主任児童委員24名
合計170名

民生委員・児童委員、主任児童委員の委嘱と身分

 民生委員・児童委員、主任児童委員は、厚生労働大臣から委嘱を受けています。
 身分については「非常勤特別職の地方公務員」に該当すると解されています(行政実例)。給与は支給されません。
  任期は3年で,再任も可能です。

民生委員・児童委員、主任児童委員の基本姿勢

~秘密は守られます。お気軽にご相談を~

社会奉仕の精神

 社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行います。

基本的人権の尊重

 当然のことですが、相談者に関する秘密は守られます。また、差別的、優先的な取り扱いをせずに個人の人格を尊重します。

政治的中立性

 職務上の地位を政党または政治目的のために利用しません。

民生委員・児童委員、主任児童委員の職務

~いつもあなたのそばで~

民生委員・児童委員の活動の基本(7つの働き)

社会調査活動
 担当区域内の住民の実態や福祉ニーズを日常的に把握します。

相談活動
 地域住民がかかえる問題について、相手の立場に立ち、親身になって相談にのります。

情報提供活動
 社会福祉の制度やサービスについて、その内容や情報を住民に的確に提供します。

連絡通報活動
 住民が、個々の福祉ニーズに応じた福祉サービスが受けられるよう関係行政機関、施設・団体等に連絡し、必要な対応を促すパイプの役割をつとめます。

調整活動
 住民の福祉需要に対応し、適切なサービスの提供が図られるように支援します。

生活支援活動
 住民の求める生活支援活動を自ら行い、支援体制をつくっていきます。

意見具申活動
 活動を通じて得た問題点や改善策についてとりまとめ、必要に応じて民児協をとおして関係機関などに意見を提起します。
 社会調査等により地域や皆さんの「状況を把握」し、「相談に応じ」、必要な「情報を提供」し、事業者や関係機関への「連絡調整」などを行います。

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 地域・生活福祉課
電話番号:042-986-5081 ファクス番号:042-973-2120

お問い合わせ