子育て・教育

高等学校等へのバス通学費を補助します!(飯能市高等学校等通学費補助金)

公開日:2021年04月01日

印刷する

飯能市高等学校等通学費補助金

高等学校等への通学に係る高額通学費への補助制度のご案内

飯能市教育委員会では、通学費に係る保護者の負担軽減と路線バスの利用促進を図るため、路線バスで通学する高校生等の通学の補助を行っています。

対象

飯能市内在住で、高等学校等(私立中学校、学校教育法に定める専修学校及び各種学校※を含む)に通学する生徒の保護者の方

なお、補助金の支給期間は、原則として私立中学校の在籍期間及び中学校卒業後の3年間です。

※高等学校卒業後に入学した専修学校及び各種学校は対象になりません。

補助内容

飯能市内の居住地の最寄りの停留所から、高等学校等に通学するための市内の移動に係る最も経済的と認められる、10万円以上の1年間の通学特殊定期券及び定期券(1か月、3か月、6か月)に対し、一定の保護者負担額を差し引いた額を補助します。(※各バス停からの補助金額は下表のとおりです。)

なお、定期券(1か月、3か月、6か月)の場合は、通学特殊定期券の補助額をもとに月数に応じた補助になります。

停留所別補助金額(上限)
停留所名(原市場・名栗方面)補助金額
(上限額)
下赤工、原市場小学校、赤工、エコス前、上赤工、畑中13,940円
原市場中学校、原市場、石原橋、中屋敷17,260円
唐竹橋、茶内、赤沢20,580円
上赤沢、鹿戸、黒指29,100円
久通谷橋、下久林、久林、小沢、諏訪橋、市場、峯35,220円
名栗川橋、四海橋、浅海戸、河又名栗湖入口、さわらびの湯43,540円
鍛冶屋橋、連慶橋、宮の平、小殿、机、名栗車庫49,920円
小出橋、森河原、ヒツ沢、柏木橋、下ヶ坂55,840円
浜居場、人見、伊倉、中海戸61,760円
名郷、山下、湯の沢70,280円
停留所名(中藤方面)補助金額
(上限額)
堂西、野ヶ崎、種木橋、天神橋、下郷13,940円
中郷、釣場、久根花、旭橋、中内、中藤(青石橋)20,580円
戸丸26,040円
田中、中沢29,100円
停留所名(南高麗方面)補助金額
(上限額)
弁天前、下間野11,340円
間野、間野黒指17,260円

対象となる区間

居住地の最寄りのバス停から飯能駅または東飯能駅までが対象の区間になります。

※補助金の交付を受けた定期券について、住所変更等により解約する場合には、市の承認が必要となりますのでご注意ください。

申請書の受付

補助の申請は、定期券購入後に、申請書類に必要事項をご記入のうえ、「IC定期券内容控の写し」、「学生証の写し」、「請求書(市様式)」を添えて提出してください。受付は、飯能市教育委員会教育総務課(本庁舎別館2階)、名栗、原市場、南高麗、第二区、飯能中央の各地区行政センターで行っています。
なお、申請書は下記からダウンロードできます。また、上記各施設でも配布しています。

飯能市高等学校等通学費補助金交付申請書

補助の概要(ファイル名:229214656e52f.pdf サイズ:134.82KB)
制度Q&A(ファイル名:2292272561d1e.pdf サイズ:83.16KB)
申請書(ファイル名:2292389bad3b4.pdf サイズ:42.33KB)
請求書(ファイル名:22924d5f17905.pdf サイズ:55.42KB)
請求書(記入例)(ファイル名:2292518a3d244.pdf サイズ:60.8KB)

通学特殊定期券が10万円以上になる区間

飯能駅から見ると次の停留所(バス停)が補助の対象となります。 
・中藤・中沢方面は、「堂西」停留所から先

・名栗・湯の沢方面は、「下赤工」停留所から先

・間野黒指方面は、「弁天前」停留所から先

手続きの流れ

1.定期券を購入
2.市に補助金申請(「IC定期券内容控の写し」、「学生証の写し」、「請求書(市様式)」を添付

3.市で申請内容の確認

4.決定後、決定通知書を申請者に送付

5.補助金の交付(申請者の指定口座に振込み)
※振込みまでに、1か月~2か月程度要します。

この記事に関するお問い合わせ 教育委員会 学校教育部 教育総務課
電話番号:042-973-3602 ファクス番号:042-971-2393

お問い合わせ