暮らし・生活

西川材とは

公開日:2021年04月01日

印刷する

西川材とは

 埼玉県の南西部、荒川支流の入間川、高麗川、越辺川流域は「西川林業地」と呼ばれています。西川林業地は、飯能市、日高市、毛呂山町、越生町に及びます。江戸時代、この地域から木材を筏で江戸へ流送していたことから、「江戸(東京)の西の川からくる木材」という意味で、この地域の木材を「西川材」、その生産地を「西川林業地」と呼ぶようになったと言われています。
 この地域の風土がスギやヒノキの生育に適しているとともに、人々が枝打ちや間伐など丁寧に手入れを重ねてきたことにより、西川材は木材の色、艶が良く、年輪が緻密で節の少ない木材として知られています。
 平成21年(2009年)には、地域ブランド「西川材」として商標登録されました。

 

 ※西川材関連展示施設
  ○飯能市立博物館 常設展示「飯能と西川材」
  ○名栗地区行政センター 「名栗くらしの展示室」

この記事に関するお問い合わせ 産業環境部 森林づくり推進課
電話番号:042-978-5061 ファクス番号:042-974-6737

お問い合わせ