暮らし・生活

緊急事態宣言解除後の市内公立幼稚園、小・中学校の対応について(令和3年9月30日)

公開日:2021年09月30日

印刷する
 現在、埼玉県内の新規陽性者数は減少傾向にあり、10月1日以降、緊急事態宣言の解除が予定されています。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染動向については、依然として予断を許さない状況です。
 つきましては、今後も、気を緩めることなく徹底した感染防止対策を講じながら学校運営を継続していくため、学校運営の基本方針及び各校の対応について以下のとおりとします。

1 学校運営の基本方針について

これまでどおり感染防止対策を徹底しながら学校運営を継続する。

2 期間

令和3年10月1日(金)から
*感染状況に応じて見直しを行う。

3 児童生徒の感染防止対策の徹底について

(1)児童生徒の健康観察について
 検温・健康観察を徹底する。併せて、児童生徒に発熱等の風邪症状が見られる場合や児童生徒の家族に体調不良者がいる場合には出席停止にするなど、ウイルスを学校に持ち込ませないようにする。登校後に体調を崩した場合には、直ちに帰宅させる。


(2)学習活動におけるマスク着用等の更なる徹底について

 手洗い及びマスクの正しい着用(鼻と口の両方を隙間がないよう覆った状態)を徹底する。


(3)換気について
 可能な限り、常時換気を徹底する。なお、換気が難しい場合には、30分に1回以上、少なくとも休み時間ごとに、窓を全開にする。また、給食の準備開始前にも、一度窓を全開にする。
 今後、換気により室温を保つことが困難な場面が予想されることから、室温低下による健康被害が生じないよう、児童生徒に温かい服装を心がけるよう指導し、防寒目的の衣服の着用について柔軟に対応する。併せて、教室の保温にも適切に対応する。


(4)給食指導について
 給食を対面で食べていた者が感染したと考えられる事例が報告されていることから、以下の点について徹底する。
 〇 食事中は会話を禁止する。
 〇 教職員を含めて全員が正面を向くなど、対面にならないように指導を徹底する。
 〇 配膳については、児童生徒が担当するものを限定したり、教職員が中心に行ったりするなど工夫をする。
 〇 配膳を行う児童生徒及び教職員は、健康面、衛生面において、給食当番活動が可能であるかを毎日点検する。
 〇 手洗い場の密集を避けつつ、石けんによる手洗い、マスクの着用を徹底する。


(5)登下校時のマスク着用について
 登下校時も原則マスクを着用する。
 なお、気温・湿度や暑さ指数(WBGT)が高い日があった場合、登下校時のマスク着用については、以下の点について指導する。
 〇 人との十分な距離を確保できる場合は、マスクを外してよい。
 ○ マスクを外した時には人と十分な距離を確保し、危険回避以外の会話は禁止する。
 ○ 登下校時等に公共交通機関を利用する場合には、原則マスクを着用する。


(6)休み時間について
 休み時間も原則マスクを着用する。
 〇 校庭で人との十分な距離を確保できる場合は、マスクを外してよい。

4 学習活動の取扱いについて

(1)学習活動について
 学習活動においては、下記の4点を確実に行いながら学習活動を展開し、特に、対話的な学びが充実するように留意する。
① マスクを正しく着用する
② 可能な限り常時換気を徹底する
③ 児童生徒が1メートル程度以上の距離を保つ
④ 大きな声を出さない
② 可能な限り常時換気を徹底する
③ 児童生徒が1メートル程度以上の距離を保つ
④ 大きな声を出さない

 理科の実験や観察、技術・家庭における調理実習、音楽の合唱等も上記の4点を確実に行いながら慎重に取り組むこととする。合唱や管楽器の演奏などを行う際には、特に窓を全開する等、常時換気を徹底するよう留意する。
 なお、管楽器を演奏する際には、演奏時のみマスクを外し、児童生徒が2m程度以上の距離を保つようにする。


(2)体育・保健体育の授業実施上の留意点 
 〇 運動を行っていないときはマスクを着用する。また、呼気が激しくならない軽度な運動の際は、マスクを着用する。走るなど激しい運動をする際、人との十分な距離を確保できる場合は、マスクの着用は必要ない。
 〇 可能な限り屋外で実施する。屋内で実施する必要がある場合は、常時換気を徹底する。
 〇 児童生徒同士が密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする運動(ペアや2~3人でのストレッチ体操、柔道等)は行わない。
  
(3)学校行事等について
 〇 運動会や体育祭については、企画内容を工夫するとともに、感染防止対策を徹底して実施する。また、保護者や地域住民などの参加の可否については、慎重に判断する。 
 ○ 合唱祭については、感染拡大防止の観点により、今年度は実施をしない。
 〇 宿泊学習や修学旅行など泊を伴う学校行事については、目的地等の状況、児童生徒の心情等を踏まえ、保護者の十分な理解を得て、実施の可否を判断する。
 〇 児童生徒が学年を超えて一堂に集まって行う行事、授業参観や懇談会、新入生の体験入学や新入児童生徒保護者会、PTA等の会議や学校運営協議会等は、感染防止対策を徹底したうえで、極力短時間で実施する。

5 部活動について

 部活動については、子ども達の心と体の健康のために、できる限り万全の感染予防策及び熱中症対策を講じて実施する。


(1)感染予防策について
 〇 本人や同居の家族に体調不良がある者は部活動に参加させない。
 〇 活動前後に、健康観察と検温の確認をする。

 〇 飛沫感染の可能性が高い活動は必要最小限とするなど活動内容を見直す。
 〇 生徒同士が密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする運動、大きな声を出す活動は行わない。
 〇 室内で行う部活動は、常時換気を行う。
 〇 管楽器を演奏する際には、演奏時のみマスクを外し、生徒同士が2m程度以上の距離を保つようにする。特に、マウスピース練習をする際には、周囲に人がいない状況で行うようにする。
 〇 休憩時間を設け(30分に1回程度)、その都度、手洗い・手指消毒を徹底する。
 〇 活動後は、うがい、手洗い、消毒等を徹底する。
 〇 指導者(顧問教諭)は、常時マスクを着用する。


(2)部活動顧問について
 〇 活動にあたっては、部活動顧問が必ずつくことを徹底する。

 〇 顧問がその場にいない状況で、部活動は実施しない。
 
(3)活動日数・活動時間について
 10月1日(金)~10月15日(金)
 〇 平日のみ週4日以内の活動とする。
 * ただし、各種大会やコンクール等(全国大会や県内大会等)上位大会の当日の14日前からは『埼玉県の部活動の在り方に関する方針』に基づく活動(平日は週4日以内、2時間程度、土日はどちらか1日、3時間程度)を認める。
 〇 1日の活動時間は、長くとも2時間程度(朝練習を含めて)とし、できるだけ短時間に、合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。


 10月16日(土)以降 
 〇 『埼玉県の部活動の在り方に関する方針』に基づく活動(平日は週4日以内、2時間程度、土日はどちらか1日、3時間程度)とする。 
 
(4)練習試合、合同練習等の校外活動について
 〇 10月15日(金)までは、練習試合、合同練習等の校外での活動は行わない。
 但し、上位大会がある場合はこの限りではない。
 〇 10月16日(土)以降は、練習試合、合同練習等の校外での活動を可とする。
 〇 保護者が送迎する等、活動場所への直行直帰を徹底する。


〈参考〉

活動日数活動時間校外活動泊を伴う活動
10月1日から
10月15日まで
週4日以内
(平日のみ)
2時間以内禁止禁止
10月16日以降「埼玉県の部活動の在り方に
関する方針」に基づく活動
(5)その他の注意事項
 〇 コロナ禍における活動について、練習等が必要最小限の活動となるよう改めて見直し、管理職が確認するとともに、生徒や保護者等に対して、丁寧な説明や対応を行い、理解を得たうえで活動する。  
 〇 マスクを外す場面(水分補給、食事、準備・更衣時等)では、飛沫感染リスクが高まることを意識して、無言で行動させ、3密回避の徹底を図る。
 〇 県内で、昼食、休憩、下校時にマスクを外して会話をしたことで感染したと考えられる事例があることから、注意喚起の徹底を図る。
 〇 感染への不安等から活動への参加をためらう生徒に対して、参加しないことを安心して選択できる環境を整える。
 〇 参加を強制することや、練習を欠席したので試合に出さないというような不適切な対応は行わない。

6 進路に伴う学校説明会について

 〇 事前に検温等の健康観察を行い、発熱等がある場合は参加を見送るよう周知する。
 〇 校内だけでなく、行き帰りの公共交通機関においても原則マスクを着用するように周知する。また、保護者が送迎する等、直行直帰を徹底する。
 〇 説明会を実施する学校の指示に従い、行動するように周知する。

7 家庭における感染防止対策について

下記の内容について保護者等に協力を依頼する。
 〇 規則正しい生活習慣を徹底する。
 〇 発熱等の風邪症状がみられる場合や、家庭内に体調不良者がいる場合は外出や登校をさせない。(健康観察)
 ○ 家庭内にPCR検査の受検者がいる場合は、学校に連絡をし外出や登校をさせない。
 〇 基本的な感染防止対策を徹底する。(3密の回避、石けんと流水による手洗い、手指消毒、マスクの着用、適切な換気)
 〇 児童生徒のみの会食等は自粛する。

8 家族ぐるみでの感染防止対策について

 これまで学校が感染拡大の場になったことはなく、児童生徒の感染は家庭内感染が殆どである。
 そこで、児童生徒向けのリーフレットを学校や市のホームページに掲載し、家庭向け配信メール等で周知することにより、家庭における感染防止について、児童生徒が主役となって取り組むことができるようにする。

9 保護者から感染が不安で休ませたいと相談があった場合について

 合理的な理由があると校長が判断する場合には、欠席とせず、出席停止とするなど柔軟な取扱いをする。その際、該当児童生徒に対し、学習用タブレット等を利活用するなどして学びを保障する。 
 感染が不安で登校しない該当児童生徒が、リモート授業に参加した場合は出席停止扱いとする。 

10 児童生徒の心のケア等について

 長期間に及ぶ新型コロナウイルス感染症に係る対応に伴い、不安やストレスが高まることが懸念される。児童生徒の心のケアに万全を期するとともに、感染者や濃厚接触者に対する差別や偏見、いじめが起こらないよう細心の注意を払う。児童虐待を含めた対応上の留意点については、「通常登校におけるガイドラインVer.3」(埼玉県教育委員会)のP31~34を参考にする。
 また、各学校で児童生徒が相談できる体制を整えたり、飯能市教育センター相談専用窓口(042-973-1400)を家庭に周知したりする等の最大限の配慮を行う。

11 教職員の感染防止対策について

 〇 検温・健康観察を徹底する。併せて、発熱等の風邪症状が見られる場合や教職員の家族に体調不良者がいる場合、本人が濃厚接触者となった場合には、特別休暇(交通遮断休暇)の取得により出勤を控えさせるなど、学校での感染リスクの軽減を図る。
 〇 出勤後に体調に不安を感じた場合には、直ちに帰宅させる。
 〇 教職員が急遽出勤できなくなる可能性も想定して、教職員間で業務の内容や進捗、学級の状況等の情報交換を図るなど、教職員が休暇を取得しやすい環境や医療機関等を受診しやすい環境を整える。
 〇 教職員の校内での食事については、場所や方法について対面にならないようにする。
 〇 外出については、混雑している場所や時間を避けて、可能な限り少人数で行動する。特に、午後9時以降の外出を自粛する。

12 児童生徒のワクチン接種について

 〇 接種への正しい理解を促進するとともに、希望する児童生徒が安心して接種を受けることができるよう適切な配慮をする。
 〇 ワクチン接種はあくまでも任意であるため、接種の有無が偏見や差別につながることがないよう留意する。
 〇 児童生徒が登校せずにワクチン接種をする場合には、出席停止扱いとする。

この記事に関するお問い合わせ 教育委員会 学校教育部 学校教育課
電話番号:042-973-3018 ファクス番号:042-971-2393

お問い合わせ

お知らせ