暮らし・生活

在宅医療廃棄物の出し方について

公開日:2021年12月13日

印刷する

在宅医療廃棄物について

 近年、医療技術の進歩により、在宅医療を受ける方が増えています。

 それに伴い、家庭から出る医療廃棄物やその種類も飛躍的に増加しています。

 在宅医療廃棄物は誤った出し方をしますと、ごみの収集や処理作業の際に針刺しなどの事故の

恐れがあり危険です。

 正しい分別方法をご確認いただき、在宅医療廃棄物の適正な出し方にご理解ご協力をいただき

ますようお願いいたします。

病院や薬局などの医療機関へ返却するもの

注射針画像

●医療用注射針

●ペン型自己注射針

●針を外せない自己注射器

●点滴用針

●翼状針(針先あたりにハネがついているタイプ)

●エピペン(針の取り外しができないもの) など

※未使用品含む


 これらは、支給されたかかりつけの病院や薬局などの医療機関へ

返却してください。

ごみや資源として出せるもの

●「可燃ごみ」として出せるもの

 初めて集積所に出す場合は、事前にクリーンセンター(973-1010)までご連絡ください。

 (ご利用の集積所などを確認させていただきます。)

1.自己注射器などの針を本体から外したもの、針がないもの

 ・注射筒

 ・薬剤などの注入器 など

 ※未使用品含む

   ※針を取り外したエピペンも可

2.バッグ・チューブ類

 ・CAPDバッグ

 ・栄養剤バッグ

 ・針のないチューブ類

 ・カテーテル など

《1,2の出し方について》

 ●初めて出す場合には、事前にクリーンセンター(973-1010)へ連絡してください。

 ●栄養剤バッグなどは中身を出しきって空にしてください。

 ●必要に応じ、一度小さなビニール袋に入れた後、透明のビニール袋に入れてひとまと

  めにして集積所へ出してください。

 ●ビニール袋の口は、空気を出してしっかり封じ、液漏れのないようにしてください。

 ●ひとまとめにしたビニール袋にサインペンなどで「医」を丸で囲んだ印を記入し、他のごみと分けて

  「可燃ごみ」の日に出してください。

 ●プラスチック製でもプラスチックごみの日に出さないでください。

  

3.その他

・ストーマ(内容物は適切に処理してください)

・紙おむつ(内容物は適切に処理してください)

・脱脂綿・ガーゼ類

・ゴム製品(ビニール手袋等)

・吸入器(金属部分が多く分解できなければ、「不燃ごみ」で出してください) など

※3は、透明のビニール袋に入れて、「可燃ごみ」の日に出してください。

 他の家庭ごみと分ける必要はありません。


●資源ごみとして出せるもの

1.びん

 ・栄養剤など飲料用の空きびん

 ・飲み薬の空きびん

 ※透明のビニール袋に入れ、「びん」の日に出してください。

  他のびんと分ける必要はありません。

 ※フタは、金属なら「不燃ごみ」など素材によって分けてください。


2.かん

 ・経管栄養剤など飲料用の空き缶 

 ※「飲料缶」の日に出してください。

  他の飲料缶と分ける必要はありません。


3.紙

 ・市販薬の箱 

 ・栄養剤などの梱包箱 など

 ※ひもでしばるか紙袋にまとめ、「紙・布」の日に出してください。

  他の紙ごみと分ける必要はありません。


4.プラスチック 

 ・精製水など薬剤が入っていたプラスチック製のボトル など

 ※透明のビニール袋に入れて「プラスチック」の日に出してください。

  他のプラごみと分ける必要はありません。


●不燃ごみとして出せるもの

 ・薬が入っていた薬缶

 ・エタノールなど薬剤が入っていた空きびん(中身は使い切ってください)

 ・注射筒(ガラス製)(針は必ず取り外してください)

 ・血糖値測定器(使用した穿刺針は、かかりつけの医療機関などへ返却してください)

 ・デジタル式体温計(電池は外して「有害ごみ」として出してください。)(※注意)

 ・血圧計(※注意) など

 ※他の不燃ごみと一緒に透明のビニール袋に入れて「不燃ごみ」の日に出してください。

 「水銀」が使用されている体温計や血圧計は、必ず「有害ごみ」として出してください。

  他のごみと分け、割れないよう専用ケースなどに収納したうえ、透明のビニール袋に

  入れて出してください。

この記事に関するお問い合わせ 産業環境部 資源循環推進課
電話番号:042-973-1010 ファクス番号:042-973-1002

お問い合わせ