暮らし・生活

【令和4・5年度適用】軽自動車税種別割のグリーン化特例(軽課)について

公開日:2022年01月28日

印刷する

軽自動車税種別割のグリーン化特例(軽課)について

 令和3年4月1日から令和5年3月31日までに最初の新車新規登録した車で、以下の基準を満たす車について、新規取得された年度の翌年度分の軽自動車税種別割に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。


(ア)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制に適合し、

   かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車両) ・・・ 概ね75%軽減

(イ)令和2年度燃費基準達成かつ令和12年度燃費基準を90%達成した車両 ・・・ 概ね50%軽減 (※)

(ウ)令和2年度燃費基準達成かつ令和12年度燃費基準を70%達成した車両 ・・・ 概ね25%軽減 (※)


(※) (イ)・(ウ)は営業用のみ適用です。また、平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50%以上窒素酸化物等の排出量を低減する車両又は平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量を低減する車両に限ります。また、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする車両に限ります。

              車種区分    税額(円)
  (ア)  (イ)  (ウ)
  軽自動車 三輪 営業用 1,000 2,000 3,000
 自家用 1,000  ―  ―
 四輪以上 乗用 営業用 1,800 3,500 5,200
 自家用 2,700  ―  ―
 貨物 営業用 1,000  ―  ―
 自家用 1,300  ―  ―

この記事に関するお問い合わせ 財務部 市民税課
電話番号:042-973-2115 ファクス番号:042-986-5084

お問い合わせ