暮らし・生活

固定資産税に係る審査申出と審査請求

公開日:2022年04月01日

印刷する

固定資産税に係る審査申出と審査請求

●審査申出制度

 固定資産課税台帳に登録された価格について不服がある納税者が、固定資産課税台帳に価格等を登録した旨を公示した日以降、納税通知書の交付を受けた日の翌日から起算して3か月以内に、固定資産評価審査委員会に対して、審査の申出をすることができる制度です。


※令和3年度分の固定資産税に係る価格に関する審査申出の特例

 価格が上昇した土地であっても、税額を据え置く特別な措置が令和3年度に講じられました。それに伴い、当該特別な措置の適用対象となった土地に係る令和3年度の価格について、令和4年4月1日から令和3年度の納税通知書の交付を受けた日の翌日から起算して15か月以内であれば、審査の申出をすることができます。

●審査請求制度

 固定資産課税台帳に登録された価格以外の事項(課税客体、納税義務者、課税標準の特例等)について不服がある納税者が、納税通知書の交付を受けた日の翌日から起算して3か月以内に、市長に対して、審査請求をすることができる制度です。

●固定資産の価格や課税内容に疑問がございましたら、まずは資産税課までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ 財務部 資産税課
電話番号:042-973-2113 ファクス番号:042-986-5084

お問い合わせ