暮らし・生活

新型コロナウイルスワクチンの接種誤りについて

公開日:2022年07月27日

印刷する

新型コロナウイルスワクチンの接種誤りについて

 令和4年7月16日(土)、市内の医療機関において、17歳の方1名に対し3回目接種に使用できないモデルナ社のワクチンを誤って接種した事案が発生しました。
 当該医療機関において、市の予約システムを使用せず直接予約を受け付け、接種の際に年齢確認が不十分なまま接種をし、7月25日(月)、市が接種記録を確認し接種誤りが判明しました。

 当該医療機関は、保護者に対して誤って接種を行ったこと及び今後の経過観察を行うことを説明し謝罪しました。なお、被接種者に健康被害がないことを確認しました。

今後の対応

 当該医療機関に対し、使用するワクチンの対象年齢等に関して職員に周知徹底すること、予診・接種の際は、複数の職員で年齢等の接種要件を確認する体制の徹底を指導しました。

 また、市内個別接種医療機関に対し、年齢等の接種要件の確認の徹底を行い、誤接種の防止策を講じるよう要請します。

この記事に関するお問い合わせ 健康推進部 健康づくり支援課(保健センター) 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話番号:0570-019-456(コールセンター) ファクス番号:042-974-6558

お問い合わせ