健康・福祉・医療

令和4年10月から子ども医療費が埼玉県内全域で現物給付に変わります

公開日:2022年09月28日

印刷する

現物給付とは

医療機関窓口で市が発行する受給資格証を提示することにより、医療費を支払うことなく医療サービスを受けることができる仕組みです。

変更前                          変更後



    



※医療機関等によっては現物給付に対応していない場合があります。医療機関等にお問い合わせください。

対象

保険診療による自己負担金(高額療養費等は除く)
※18歳到達後最初の3月31日までの子どもが対象

医療機関で窓口支払いが必要な場合

県外の医療機関等を受診した場合
県内の現物給付に対応していない医療機関等を受診した場合

子ども医療費の対象にならない場合

健康診断、検診、予防接種、容器代、入院時のおむつ代など、保険適用外のもの
日本スポーツ振興センターや就学援助の対象になる場合
飯能市を転出した場合
生活保護の受給開始

適正受診にご協力ください!

かかりつけ医を持ちましょう
安易な重複診療は控えましょう
できるだけ診療時間内に受診しましょう
ジェネリック医薬品を希望しましょう

この記事に関するお問い合わせ 健康推進部 保険年金課
電話番号:042-973-2117 ファクス番号:042-973-2120

お問い合わせ