暮らし・生活

浄化センター危機対策訓練を実施しました

公開日:2019年03月14日

印刷する

危機対策訓練を実施

 下水道は、重要な都市基盤施設であり、24時間365日機能し続けなければなりません。そのため、職員や維持管理業者、工事業者など、多くの人が連携し、その機能維持に努めています。  
 下水道施設の機能維持のため、様々な危機に備えて準備をしており、定期的に訓練を実施しています。
 市民の皆様の安全で、安心な生活を守っていけるよう、今後も継続して訓練を実施していきます。  
 ※大規模地震対応訓練、大雨対応訓練、停電対応訓練、有害物質等流入事故対応訓練、火災消火訓練、機器故障訓練など様々な危機に備えて訓練を実施しています。

平成31年1月30日 停電対応訓練を実施

 平成31年1月30日、市内2か所のマンホールポンプ場で停電が発生した想定で発電機による対応訓練を実施しました。なお、今回の訓練は、停電発生まで何処のマンホールポンプ場が停電するか分からないブラインド訓練として実施しました。停電発生から発電機等の必要部材の車両への積込、現地での発電機による電力復旧まで一連の作業を維持管理業者と協同で実施しました。また、大型発電機の車両への積込、運搬、積み降ろし訓練も同時に実施しました。
  • 発電機による対応作業

  • 大型発電機の車両への積込

平成30年11月1日 大規模地震対策訓練を実施

 平成30年11月1日、埼玉県全域で震度6弱の地震が発生したことを想定した大規模地震対応訓練を埼玉県流域下水道等と連携して実施しました。
浄化センターでは、地震発生後の被害状況確認として維持管理業者と協同で各設備の巡回点検を実施し、被害状況・復旧対応状況の伝達訓練を実施しました。 また、管路施設では緊急点検としてマンホール内の状況確認し、被害状況の伝達訓練を実施したほか、管路施設の破損を想定した支援要請訓練を実施しました。
 緊急時に備えた訓練を定期的に実施し、手順の確認、職員の危機意識の醸成を図っています。
  • 管路施設の点検ルート確認

  • 施設の巡回点検

  • マンホール内の状況確認

平成29年10月26日 大規模地震対策訓練を実施

 平成29年10月26日、埼玉県全域で震度6弱の地震が発生したことを想定した、大規模地震対応訓練を埼玉県流域下水道等と連携して実施しました。  浄化センターの維持管理業者と連携した浄化センター主要設備の緊急点検訓練のほか、幹線管きょ及び緊急輸送道路の緊急点検訓練、情報伝達訓練、管路施設の破損を想定した支援要請訓練を実施しました。今後も、大規模な地震によって起こり得る緊急事態に備えていきます。


施設の点検訓練

平成29年9月28日 有害物質等流入事故対応訓練を実施

 平成29年9月28日、飯能市浄化センターに市内から大量の軽油が流入してきたことを想定し、有害物質等流入事故対応訓練を実施しました。

 浄化センターで軽油流入を確認、軽油を吸着させるためのマットを設置、水質の測定、有害物質が混入した汚水の貯留・浄化といった一連の手順を実際に維持管理業者と連携して行い、動きの確認や改善点をチェックしました。施設の機能維持、良好な水質維持のために、様々な危機に備えた取り組みを実施しています。

  • 流入状況を監視

  • オイルマットを設置

  • 水質測定

平成29年2月9日 大規模地震対応訓練を実施

 平成29年2月9日、埼玉県全域で震度6弱の地震が発生したことを想定し、埼玉県流域下水道等と連動した大規模地震対応訓練を実施しました。

 今年度2回目の大規模地震対応訓練で、浄化センターの主要設備の緊急点検訓練、情報伝達訓練、マンホールポンプ場機能復旧訓練のほか、浄化センターでの水処理設備の機能不全(今回は、水処理を行うための空気を送る配管の破損)を想定し、破損箇所の応急措置、運転方法の変更などの緊急対応、下水道の使用制限に関する情報発信訓練などを実施し、大規模な地震によって起こり得る、様々な危機に備え、維持管理業者と連携して訓練を実施しました。

  • 応急措置作業を実施

  • 機器の緊急点検を実施

平成28年11月22日 大規模地震対応訓練を実施

 平成28年11月22日、埼玉県全域で震度6弱の地震が発生したことを想定し、埼玉県流域下水道等と連動した大規模地震対応訓練を実施しました。  浄化センター及び主要管きょの緊急点検訓練、情報伝達訓練のほか、浄化センターの水処理設備の機能不全を想定した下水道の使用制限に関する情報発信訓練などを実施し、大規模な地震によって起こり得る緊急事態に備え、維持管理業者と連携して訓練を実施しました。
  • 施設の緊急点検

  • 管きょ緊急点検ルートの決定

  • マンホール内の緊急点検

平成28年10月31日 大雨対応訓練を実施

 平成28年10月31日、大雨を想定し、浄化センター内での機械設備の手動運転、マンホールポンプでの自家発電装置による復旧作業、土のうづくりなど、大雨時での危機対策訓練を実施しました。  
 浄化センターの維持管理業者と連携し、施設の機能維持や復旧作業の手順確認、土のう準備などを行いました。
  • 運転手順の確認

  • 水量確認作業

  • 土のう作成

平成28年3月10日 火災消火訓練を実施

 平成28年3月10日、浄化センター内の施設で火災が発生したことを想定し、火災消火訓練を実施しました。 
 火災時の連絡訓練、消火訓練を、浄化センターの維持管理業者が中心となり実施し、火災時の初期対応の手順確認を行いました。
実際に放水作業をした消火訓練
実際に放水作業をした消火訓練

平成28年2月15日 大規模地震対応訓練を実施

 平成28年2月15日、震度6弱の地震が発生したことを想定し、大規模地震対応訓練を実施しました。
 訓練は、浄化センターの水処理機能の維持、管きょの緊急点検、情報伝達など、職員と浄化センターの維持管理業者と連携し、実施されました。
 浄化センターでは水処理施設の緊急点検や機能維持の手順の確認を行ったほか、管きょについては、緊急時の点検ルートや資材の確認、管きょを点検するための作業手順の確認など行いました。
  • 水処理施設の緊急点検訓練

  • 管きょ緊急点検の作業手順の確認

平成27年12月10日 停電対応訓練を実施

 平成27年12月10日、停電対応訓練を実施しました。 
 訓練は、浄化センター周辺で、施設も含めて停電が発生したことを想定し、情報伝達、浄化センター内における自家発電機の稼働時及び復電時の各設備の切換え手順を確認しました。  
 また、あわせて市内に約50か所ある汚水を浄化センターに圧送するマンホールポンプのうち10か所が停電によりポンプが停止したとの想定で、マンホールポンプの点検訓練と、ポータブル発電機を使ってのポンプ稼働訓練を実施しました。
  • マンホールポンプを点検する訓練

  • マンホールポンプの復旧訓練

この記事に関するお問い合わせ 上下水道部 下水道課
電話番号:042-973-3433 ファクス番号:042-973-3651

お問い合わせ