暮らし・生活

公共下水道の役割は?

公開日:2017年01月13日

印刷する
公共下水道の役割は?
家庭などから出た汚水と雨水を合わせて下水といいます。これらを流下処理する公共下水道の主な役割は次のようなものです。

1.まちをきれいにする(汚水の処理)

 私たちが日ごろの生活で使う台所や風呂の排水、トイレのし尿などを「汚水」といいます。汚水は下水道管を流れ、浄化センターに集められてきれいになります。
 このように汚水を集めてきれいにすることにより、汚れた水が溜まらず、蚊やハエなどの害虫や悪臭の発生を防ぎます。そして、まちが清潔に保たれ、快適で衛生的な生活を営むことができます。

2.人命や財産を守る(雨水の排除)

 降った雨を下水道管に流し、道路や宅地内の浸水を防ぎます。

3.きれいな水辺環境を作る

 川、湖、海などをきれいにして、生態系を守ります。各家庭などの「汚水」を下水道管により浄化センターに集め、きれいにしてふたたび川に戻すことで、入間川や成木川の河川の水質を保全し、水環境をよみがえらせる働きをしています。公共下水道の整備とともに汚れた川がきれいになり、本来の生態系が復活します。
きれいな水辺環境を作る

この記事に関するお問い合わせ 上下水道部 下水道課
電話番号:042-973-3433 ファクス番号:042-973-3651

お問い合わせ