健康・福祉・医療

精神障害者が使える福祉制度

公開日:2017年02月10日

印刷する

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者の自立と社会参加促進のために、ご本人の申請により、埼玉県の審査を経て交付されます。(有効期間2年)

障害の程度(1~3級)に応じて、各種福祉サービスを受けられます。

対象

精神疾患を有する方(精神保健福祉法第5条)のうち、精神障害のため日常生活や社会生活に制約がある方

※知的障害は、精神障害を合併する場合を除き、療育手帳の申請が必要です。

申請者

ご本人、または家族の方

必要書類

・所定の申請書

・診断書(初診から6か月を経過していること)

※精神障害による障害年金を受給している方は、診断書が不要です(申請書、認印、同意書、年金証書、直近の払込通知書をお持ちください)


※住所、氏名、障害等級を変更した場合は、届出が必要です。

※更新申請は、3か月前から可能です。

精神障害者保健福祉手帳によるサービス

精神障害者が使える福祉制度をご覧ください。fukusiseido.pdf(ファイル名:1245.pdf サイズ:327KB)

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 障害者福祉課
電話番号:042-986-5072 ファクス番号:042-986-5074

お問い合わせ