健康・福祉・医療

難病医療費助成制度の対象について

公開日:2018年04月03日

印刷する

助成制度の対象疾病が拡大されました

平成30年4月から難病医療費助成制度の対象疾病が、331疾病に拡大されました。

対象となる疾病の一覧は添付ファイルをご覧ください。

H30.4.1指定難病一覧(ファイル名:9812.pdf サイズ:861.54KB)

制度の概要

指定難病の医療費の自己負担割合が3割から2割に引き下げられます。

※医療保険上で3割負担となっている方の負担割合が2割になります。1割負担の方は変更ありません。

※指定難病の特性に配慮し、外来・入院の区別を設定しないで、世帯の所得に応じた医療費の自己負担上限額が設定されます。

※自己負担上限額は、受診した医療機関などの自己負担を合算したうえで適用されます。

自己負担上限額(年間6月以上、指定難病の医療費総額が5万円を超える月がある場合)

区分市民税の基準自己負担上限額(月額)
一般高額難病治療継続者人工呼吸器等装着者
生活保護世帯-0円0円0円
低所得1非課税(世帯)本人収入:80万円以下2500円2500円1000円
低所得2非課税(世帯)本人収入:80万円超5000円5000円
一般所得1課税以上7.1万円未満10000円5000円
一般所得27.1万円以上25.1万円未満20000円10000円
上位所得25.1万円以上30000円20000円

制度の申請

申請先

埼玉県疾病対策課 ホームページはこちらからご覧ください。


申請に必要なもの

・診断書(臨床調査個人票)

・申請書(指定難病医療費支給認定用)

・公的医療保険の被保険者証のコピー

・市民税の課税状況の確認書類

・世帯全員の住民票の写し

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 障害者福祉課
電話番号:042-986-5072 ファクス番号:042-986-5074

お問い合わせ