子育て・教育

子ども・子育て支援制度について

公開日:2021年01月22日

印刷する

子ども・子育て支援制度(教育・保育給付)について

子ども・子育て支援制度とは、幼児期の教育・保育、地域の子育て支援を総合的に推進するための制度です。

教育・保育を利用するための3つの認定区分

 幼稚園(子ども・子育て支援制度に移行した幼稚園)や保育所(園)などの教育・保育施設を利用する場合は、認定を受ける必要があります。
1号認定(教育標準時間認定) 
対象:満3歳以上で教育を希望する場合 
利用施設:幼稚園、認定こども園  

2号認定(満3歳以上・保育認定) 
対象:満3歳以上で、保育の必要な理由に該当し、保育所(園)などでの保育を希望する場合 
利用施設:保育所(園)、認定こども園

3号認定(満3歳未満・保育認定) 
対象:満3歳未満で、保育の必要な理由に該当し、保育所(園)などでの保育を希望する場合  
利用施設:保育所(園)、認定こども園、地域型保育事業(定員19人以下の小規模な施設)

教育・保育の利用イメージ

 この制度では、保護者が市に教育・保育の必要性を申請し、それに基づいて市が認定を行います。
 認定を受けた保護者が、認可や運営の基準を満たした施設や事業者を利用した場合に、市から給付が行われる仕組みです。

利用の流れ

幼稚園などで教育の利用を希望(子ども・子育て支援制度に移行している幼稚園の場合)

(1)幼稚園などに直接利用を申し込む

(2)幼稚園などから入園の内定を受ける
(3)幼稚園などを通じて教育の認定を申請する
(4)幼稚園などを通じて市から認定証が交付される
(5)幼稚園などと契約する

 保育所(園)などで保育の利用を希望
(1)市に「保育の必要性」の認定を申請する((3)も同時に可能)
(2)市から認定証が交付される
(3)保育所(園)などの利用希望を市へ申し込む
(4)申請者の希望、保育園などの状況などにより市が利用調整する
(5)保育の利用先が決定する

詳しくは内閣府のHPをご覧ください。

幼児教育・保育無償化(施設等利用給付)はこちら

幼児教育・保育の無償化について

この記事に関するお問い合わせ 健康福祉部 保育課
電話番号:042-973-2119 ファクス番号:042-973-2120

お問い合わせ